All posts by miyako-shizuka

朝日を浴びて

私は子供の頃から「観察」が好きでした。一歩外へ出るともう、キョロキョロキョロキョロ。何にでも興味を示す子供でした。お家やインテリアなど、好きなものは特に夢中になりました。それは大人になってからも変わりません。「見る」ことが大好きです。だからこの変化の多いポークランチョンミートの場所は私に合っています。日々、同じところを見ていても変化があって面白いですから。「見る」には絶好の場所です。

どこかで順番待ちをする時もキョロキョロしています。病院など、長い「待ち」の時は本を持って行くと何時間でも楽しく過ごせます。だから、意外と早く順番が来るとガッカリする時もあります。

郵便局の順番待ちの時にもキョロキョロしていたので面白いことに気が付きました。「ダイビング機材等で荷物に濡れがある場合は・・・」の注意書き。これは宮古ならではの注意書きですよね。内地の郵便局ではまず見ない。

スーパーの商品名にも目がいきます。謎めいたネーミングの「JAZZりんご」は思わず美味しそうで買ってしまいました。

シークワーサーの親玉のようなこれは「カーブチー」と書いてありました。沖縄のミカンのようです。(沖縄本島の名前かな?)

方言と言えば皆さんはこれ、なんて言っているかわかりますか?

「酒は、ナマビュウで、ビュウ フサリはダメよ!」

では、これはどうでしょう。「でーびる」も「ソーローバシ」もわかりませんよね。

「タンナファクルー」なる代物。おそらくお菓子・・・かな?パン?

全てに興味を持つと、毎日が楽しくなります。

さて、話が変わりますが、我がポークランチョンミートの孤高の料理長が作る自家製パン。皆様の朝食やディナーで活躍させていただいております。試作品のほんの一部をご紹介します。

マンゴーソースも登場です。

朝食にカレースープ。朝食のスープも手間暇かけて作ります。基本、彼は簡単にできるものより、手間がかかる料理の方が好きなようです。作ることが好きな人ですから。毎日違うものをお出ししています。

テラス席でどうぞ景色と風を楽しみながらお召し上がりください。

静佳日記 **********

「静佳さんがいつも行く朝日の所に行きたい」

そうお客さんに言われ、そういえば最近行っていなかったと思い出す。行きたいところが山ほどあるから一日が何時間あっても足りやしない。取り合えず、思い立ったが吉日を忠実に守る私は、すぐに向かうことにした。天気予報は基本見ない。朝起きた時の空で判断。日の出の時刻すら調べなかったが、神様がおまけしてくれたのか、ピッタリちょうどの時間にそこへ着いた。カメラを構えるとまさに太陽がその頭のてっぺんを覗かし始める。一人でその動きをじっと眺めた。いつも殆ど誰もいないその特等席での日の出観賞は、この空を、この太陽を、独り占めしているようで、とても贅沢な気分になる。

太陽のオレンジの光がどこまで届いているかと、後ろを振り向いた。

本当に見晴らしがいい。

展望台から降りるとその後は、太陽のおこぼれを愉しむ。とにかくシルエットが美しい。

公園に必ずある、子供の靴の忘れ物。ちゃんと帰る時に裸足かどうかを確認してね。

帰り道、私の好きな花が咲く沿道が丸裸にされていた。

どんなに刈られても野草は強い。もう、次の世代が生えてきていた。

そして『静佳ビーチ』は必須項目。

必ずと言っていいほど、朝に降り立つビーチ。ビーチを歩くのは朝だけ。昼間は泳ぐだけになる。家はビーチの端っこにあるから、ビーチを歩くことなく海へ入り、海からあがると再びビーチを歩くことなく家に帰る。

ライフセーバーの救助の練習は早朝によく見かける。

それにしても、よく忘れる子供の履物。ビーチにも散乱していた。

自転車もきっと忘れ物。数か月間置きっぱなしのような気がする。乗ってきたことを忘れるのは、もう、立派な認知症だ。

だけど、この景色・・・・嫌いじゃない。絵になっている。

一日の幸せは朝から始まった。

久し振りに来てくれてありがとう。

4年ほど前でしたでしょうか。宮古から帰ったその日の夜に「天下一品」を食べに行き、そのラーメンを直送してくれたお客様。おそらく一緒に呑んでいる時に「天下一品が食べたい!」と夫が話をしていたからでしょうね。

そんな優しい彼女が久し振りに来てくれました。女性って変わるもんですねぇ。すっかりお姉さんになっていました。またまた楽しいおしゃべりができて良かったです。今回は弾丸旅行でしたが、またゆっくり遊びに来てくださいね!!

お待ちしています!!

全く話は変わりますが、テレビで見たベトナムのコーヒーの飲み方。コンデンスミルクたっぷりのそのコーヒーを飲んでみたい!!と思っていた矢先に、偶然にも売っていたので買ってみました。(インスタントですがコンデンスも砂糖も全部入っています)

すご~~~~く美味しい!!すでにリピートしています。特にお酒が飲めない夜に丁度良い。

というのも、肝臓の数値が悪く、飲酒がドクターストップに!!

先生曰く「急にやめるといろいろと障害が出るので少しづつ減らしてください」

ん?障害が出る?

「例えば、手が震えるとか・・・」

おっと~~~~!!私はアル中と診断されたようです。

いつでも辞められる!!と意地になって2週間ほど禁酒しました。お客さんと吞む機会が多いのでしんどいですが、ノンアルコールを沢山買い込み、頑張りました。ノンアルでも雰囲気を味わえます。

そしていよいよ検査の日。今度はコレストロールがアウト~~~~~!!!

もう、いやっっ!!

我慢ばかりもつらいので、甘い物にハマる毎日。このアイス、お勧めです。

エンダーのオレンジジュースの味がする!!

更に、ナイスなもの発見。

万歳三唱。

いや、バンザイ山椒。

それでは、ポークランチョンミートのお食事のご紹介です。

朝食がパンの日は自家製パンが登場します。

料理担当は夫。スイーツも作ります。

朝食、夕食のご予約は事前にお願いします。宿泊予約時か、遅くても1週間前までに。全てが予約制ですので、急なご予約はお受けできません。ご了承ください。テラス席にてお召し上がりいただくお食事は格別な景色を堪能できます。

静佳日記 ***********

最近、お昼ごはんを外食で済ませることが多い。もう何年も行っていなかったお店を巡るのは意外と楽しい。宮古そばしかなかった「そば」も最近では「沖縄そば」のお店も増えてきている。

そばの食べ比べ。

牛汁そばには驚いた。

やっぱり私達は普通の宮古そばが好みだ。

一番好きな食堂の一番食べたいメニュー。

カレー屋さんにも久し振りに入った。

食事のついでに古い家の跡地を散策。

見事に壊してある。かなり広いお家だったに違いない。

お花畑になるほど月日が経っているのか。

よく見ると、壁に水道がついたままだった。

近くにはヤギ小屋。

のどかな時間を味わうには、もってこいの季節が到来したようだ。

宮古愛

一体、どれだけ宮古好きなのか・・・。

そんな人はざらにいます。だけど、こんなにも宮古へ頻繁に飛んでくる人たちはきっと珍しい。

まるで親戚の家に来たかのように寛ぎ、(夫が親戚のおじさん)

一人娘も初めましては1年生でした。もう4年のお付き合いですかね。

漫才コンビの様にノリツッコミも息がぴったり。

広いお庭では貝殻拾いに精を出します。

日が暮れ始めるとスパークリングの栓を抜き、

楽しかった一日の報告会。

そして、親戚の家でのホームパーティーが始まります。

結婚記念日のお祝いをした夜もありました。

線香花火は泡盛のグラスを傾けながら目の前の『庭』で・・・。

何度バイバイしても、出稼ぎに出た彼らはすぐにまた里帰りしてきます。

ママさんが「お腹が空いた!お菓子を食べたい」と言った時に「ごはんが食べられなくなるから我慢しなさい」と私が諭したのをきっかけに、私は「お母さん」と呼ばれるようになりました。そんなママさんのことを私達は「たかこさん」と呼んでいます。勿論、本当の名前は違います。何故だかわかりませんが「たかこさん」っぽかったので夫がそう呼び始めました。先日のドライブ中に、こののぼり旗を見つけた時は夫と二人でバカウケでした。「たかこさんだ~~~~~~!!」

またすぐに「たかこさん」に会えることと思います。

さて、PLM料理番長の夫は、相変らずパン作りの研究も続行中です。最近はあんこ食パンにハマっています。生食でもトーストでも美味しい!!やっぱりこれは牛乳と合いますね~~。彼の研究意欲には終わりはないようです。身体が動かなくなるまで、私達はきっと働いていることでしょう。

静佳日記 **********

娘が休みを利用して帰って来たのは少し前のことになる。

宿を始めてからというもの、私を「お母さん」と呼ぶかわいい子達は沢山いるが、「ママ」と呼ぶのは彼女だけ。(違う意味のママと呼ぶ人はいるけれど)

娘が帰ってくるときは宿の予約は受けないことにしている。私達は何事でも両立ができない。夫は娘のために沢山の肉を用意した。

私は海を見せようとドライブに連れだす。

途中で沢山のヤギに遭遇。

娘は興味がないようだ。

私もどちらかというとヤギ小屋の隣に落ちていた「茶碗」の方に魅かれた。

なぜ、こんなところに茶碗が・・・・。

だが、娘が本当にしたいことは別にある。

彼女は宿の2階テラスにあるハンモックがお気に入りの場所。どこにも行かず、ずっとハンモックに乗っていてもいいくらいのようだった。暇さえあればずっとそこにいた。夕焼け空を眺める以外は・・・。

ポークランチョンミートの一番のファンは実は彼女なのかもしれない。いや、二番目にしておこう。一番の座は譲れない。

ただ、仕事で疲れた心を癒すのは、この海でも、空でも、ハンモックでもない。きっとパパとママ。

酔っぱらってどうしようもなくなる時もあるけれど(特にママ)、誰よりも娘を想い、誰よりも娘を叱ってくれる、そして、誰よりも強い信念を見せつけてくる、そんな存在が彼女を奮い立たせていることに間違いはないだろう。

海へ行こうよ!!

初めていらした日のことを今でもよく覚えているお客様。毎年来ていただいております。宮古島で入籍をするほどの宮古好き。よくわかります、わかります、その気持ち。いつかはきっと宮古島の住民になる日が来るのでしょうかね?

今年はゴルフも楽しみました。そして、パイナガマビーチで初のSUP体験も!!

2人乗りでの遠征はまるでカヤック。カヤックに乗った方が良かったんじゃないの~~~???(笑)

遊びが尽きることのない宮古島で、次は何をするのでしょうか?

また、お待ちしておりま~~す!!

さて、ポークランチョンミートでは、コロナ禍が始まって以来、お弁当、ディナー、テイクアウト、ランチにモーニングと、試行を凝らして飲食に力を注いでまいりました。が、緊急事態宣言も解除になった今、ランチ以外は宿泊の方専門でお食事を提供させていただいております。夕食と朝食は全てお任せメニュー。宿泊予約時に事前のお申し込みが必要になります。

料理担当は夫です。様々なジャンルの料理を手掛けてきましたが、その中でも特に作るのが好きな料理は中華だそうです。

普通のかつ丼も作りますが、

中華カツ丼を考案しました。新作です。

中華の定番、シュウマイもオーソドックスなものから

変わり種まで

今まで様々な「しゅうまい」を作ってきました。

料理のレパートリーの広さは、仕事に携わっていた年数の長さに比例しています。そして、彼の探求心の強さにも比例していると思います。

宿泊される方は是非、朝食と夕食をご一緒にご予約下さいませ。テラス席にて眺める空と海はとても素晴らしいです。何よりも海風が頬を撫でる感触がこの上ない気もちよさを感じさせくれること間違いなし!!

静佳日記 **************

宮古には数えきれないほどのビーチがある。観光名所として有名になるところはやはりそうなるべくの美しさがある。だが、宮古をあなどることなかれ。名もないビーチも負けず劣らずだ。これが宮古のすごいところ。このことに気が付いた者はもうすでに宮古の海の虜になっているにちがいない。

その、海に捕らえられた者の一人の私は、「海に行こう」と思い立った日はいつも迷ってしまう。沢山の中から1カ所に決めるのは至難の業だから。

その日は、久し振りの海を選んだ。

水温はまだまだ暖かい。入水してまもなく珊瑚がお出迎えしてくれる。初めて見た6年前、ここはクリスマスパーティーのようで、カラフルな珊瑚が息をのむ美しさだった。その感動は忘れられない。今でも色こそ少なくなってしまったが、その珊瑚の多さは圧巻だ。

そして抜群の透明さに、水中を泳いでいるのか、宙を浮いているのかわからなくなるカラフルな魚達。

しばし時間を忘れる。

海から上がると、待っていた夫とお弁当タイム。彼は宮古で育ったためか海には入らない。多くの宮古人がそうであるように・・。ただ、海に来るのは好きなようだ。のんびりビーチにいるだけでリフレッシュできるらしい。

その日はお弁当は作らずに買っていった。宮古で色々なお弁当を試したが、あまり失敗しない「のり弁」を私達はよく買う。

貝殻を拾ってつけ爪にして遊ぶ。

帰り道、前を走るゴミ収集車に見とれた。一般的に青い色のボディーだが、その車は真っ白に塗られ「Pick up Service」とお洒落な看板。

いいね~~~~。無駄にこういうことにこだわる人が好き。

ゴミ収集車が青じゃなきゃいけないって誰が決めた?固定観念を持たないところも更に好み。

気持ちのいい昼下がりだった。

チャーリー!!!!

小さい頃から泊まりに来てくれていた「チャーリーちゃん」。

本当の名前ではありませんが、「チャーリーブラウンが大好きな女の子」なので私達は「チャーリーちゃん」と呼んでいます。今回はお母さんのお友達家族と一緒でした。コロナの影響で久し振りになってしまいましたが、急に大きくなったような気がして、ちょっと寂しいような・・・。子供たちの成長が見れるのも、宿のお陰です。1年に一度って、成長が明確にわかりますもんね!!

彼女たちが大人になる頃まで宿を続けていたいです。そして、「ただいま~~」って帰ってきて欲しいなぁ。

さて、静佳の花壇「しずかだん」。今年は台風の影響もさほど受けず、元気過ぎるくらいに育っています。その中で、長い茎に小さくてかわいい紫の花を咲かす植物がいます。もともとの母体は空き地から摘んできたもの。そこから株分けを繰り返し、今ではその子供たちがわんさかと増えています。まるで人間と一緒ですね。空き地に生えていた母体はさながら『ひいおばぁ』。孫やひ孫が成長していってさぞかし幸せでしょう。その紫の花は朝に咲きます。一つの茎に一つだけ。そして、日が暮れる頃には全員いなくなります。しかも花びらが落ちているのを見たことがありません。これを目の前で観察しながら夫と朝食を頂くのですが、毎朝二人で論議が広がります。夫は言います。「きっと花は茎の中に入っちゃうんだよ。そしてまた朝になると出てくるんだ。」

突拍子もない発想に「え~~そうなのかな~~?」と半信半疑の私は、なぜなに?の探求心が強すぎるあまり、ある実験を試みました。長い茎の、花が咲いているところに紐を縛って印をつけます。翌朝、同じところに花が咲いていたら夫の仮説が正解。

翌朝は見事に同じところに咲き、更にその翌日も、また翌日も・・・。「やっぱりそうだったんだ!!」と、朝食の度に納得していた私達。ところが・・・どんどん成長していくその花は、いつの間にか収拾がつかないくらい大きく育ちました。

そうなるともう辺りは散った花びらでいっぱい。花は散るんだということが判明しました。(当たり前だろっ)でも、花が茎の中に入るのかどうかの答えはわからぬまま。まあ、毎朝、食事の時にワクワクできたからそれはそれでよし!!

最後は宿からの眺めです。

静佳日記 *****************

一度入って「何もないな、つまらない」と思った海へはその後行くことがあまりない。その海もその中の一つだった。もう何年も前に泳いだっきり。でも最近は宮古の海の奥深さがわかってきた。一度だけではわからないということが多々ある。そこで、その日は忘れ去られていたその海を選んだ。

陸から眺める海の青さは宮古中さほど変わらない。

肝心なのは海の中。これを覗かぬしては語れない。さあ、いざ出陣。

やっぱり何もいない。

そう思いながらもグングン進む。初めの頃はここで諦めるのが常だったが、今の私は違う。どこまでもどこまでも諦めない。

するとどうだろう。チラホラと珊瑚が見えだした。それに伴って魚たちも。

クマノミちゃんはやっぱりお家に隠れているけれど、カメラを向けるとすぐに出てきて威嚇する。

海底のこういう穴は興味をそそられる。

あ、やっぱり!!貝が隠れている!!

そこから先はもう、貝だらけ、まるでシェルミュージアムのようだった。

お、お、面白い。楽しい。やっぱり諦めないで良かった。

泳ぎ疲れて砂浜へ上がると、出発地点は遥かかなた。ビーチを散策しながら戻る。

偶然できた(?)ハンモックや、

水の流れが川を作っている所。

川の水は砂をどかしながら海へと流れる。

ふと見ると、ビーチへの別の入り口があった。次はここから来よう。

たった2時間泳いでも、まだここの海を知ったことにはならない。あと何回来ればわかるのだろう。きっと何回来ても極めることはできない。

宮古の他の海と同様、無人島に来たのだと錯覚してしまうこの素晴らしい景色を眺めながら、次回の探検に思いを寄せた。