ゴーヤ。

食堂のマンネリ注文を打破するべく、最近取り組んでいるのが「いつもと違うメニューの注文」。まずはゴーヤチャンプルーです。昔から自分でも家でよく作っていたし、夫が作るゴーヤチャンプルーの味が大好きなので、外で食べたことがあまりありません。おおげさですが、「世の中のゴーヤチャンプルーの味」を試してみたくなりました。

ちょっとづつランチに試食をしていこうと思います。お店によっても家庭によっても作り方や味は変わります。

全くの偶然なのですが、ゴーヤの苗も植えました。もう「しずかだん」は満員なので、駐車場のほんの少しのスペースを利用することにしました。

ちっちゃな苗が、数日で驚くほど大きくなりました。

恐るべし宮古の日差し。ここへ来て、植物を育てる楽しさを味わっています。東京にいたころのマンションのベランダとは桁違いの太陽の力を借りて、植物たちの生命力を感じています。どんなに台風で枯れてしまっても必ず子孫を残す「日々草」の大親分がいます。その子分の赤ちゃんたちが今、土からたくさんの芽を出しています。もちろん、大親分も大復活を遂げ、今たくさんの花を咲かせて、赤ちゃんたちに生き方を示しています。

でも、そろそろ台風の時期ですよねえ~~~。がんばれ!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

テラスのカウンター席にて、海風にあたりながら、空の移り変わりを眺めてお召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ************

全然痩せない、朝のウオーキング。

宿の隣のパイナガマビーチを過ぎてほどなくするとヨットハーバーがある湾になる。ここの海も来る時間によって七変化する「彩」がいつも楽しませてくれる。朝のそれが一番好き。

空き地には大きな株と化したかわいいお花が咲いている。

ちょっと大回りをしてから、工事現場の鳩小屋を通り過ぎ、集落へと向かう。

子供たちが取り付けたのか、樹にくくられた虫かごの口が開いていた。中の住民は逃げてしまったのか、はたまた、何かを中に誘い込もうという作戦なのか・・・。

集落にはつきもののワンちゃん。振り返り、振り返り、よそ者に警戒していた。

ねこちゃん屋敷にも遭遇。

シーサーの代わりにしてはかなりかわいらしい一休さん???入口に吊るされた「やかん」にはどんな意味があるのだろう?

カラカラカラ~~~とまわるのをしばらく眺めたくなるこれは発電機なのかしらん?

そういえば、住宅に設置してあるバスケットゴールを宮古中探し回った時期もあったな。ここのは初めて見る。

庭先にいきなり現れた果実。なんだろう。

この地域に多く残る馬小屋は、今は倉庫としての活用が多いが、よく見ると、造った職人さんの名前と竣工日が彫られている。

この地区は又吉組の仕事が多かった。私が生まれる前の日付だ。

おやおや??倉庫のはずだけれど、なぜ大砲が敵に向かって向けられている??まるでディズニーのカリブの海賊のよう。

この大砲の謎は、行ってみればすぐに解決するはずだ。実際、私はその謎を解いたとき、一人で笑ってしまった。

お日様の登場を確認したら、そろそろ帰り道。

家では美味しい朝食が待っていた。

次はいつ行けるかな?全然痩せない朝のウオーキングに・・・・。

子供返り。

ここのところのイカ釣りフィーバーで、宿の前の桟橋では「仕事そっちのけ隊」の出没をよく見かけます。地元のおじさんたちは目を輝かせて海を睨みつけています。宮古の男は「イカ」と「タコ」が大好きですよねえ。

イカを狙ったら逃がさない有名なおじさんも浮足立っています。仕事場にいるよりも、桟橋にいる時間のほうが長いのでは??といううわさも・・・・。

そんな中、かっこいい「ダンディー釣り師」はいつもキメキメでの登場です。

ボ~~ギ~!ボォ~~ギィ~♪あんたの時代はよかった~~♪

そして、そんな彼らに触発された九州男児もついにやりました!!初イカ!!

なんと1日目での成功です。うちの旦那様の立場はますますなくなりました。

それにしても、この笑顔。イカさんは、男どもを子供に返らせます。はしゃぎながら飛んで帰ってきました。そりゃ~もう大騒ぎさっ。

もう、彼はこの桟橋の虜ですねっ。

「今回は大満足でしたね」

私がそう言うと、「いや、今回一番の満足は夜に見たコウモリです!!」

だそう。私たちは夜にいつもテラスで飲んでいるときに見ているので当たり前になっていますが、彼はこんなにでっかいコウモリを初めて見たと言って興奮していました。やはり子供返りの症状が出てしまいました。

さて、2か月間待ちに待った「ラッキーテューズデイ」。6,7月は「ジャークチキンサンドを買うとチキンバーガーがついてくる」


初めてのメニューはとってもおいしかったです。ここの食パンが、わりと好みなので・・。

ところが、そこでまたまた宣伝を見つけてしまい、翌日も通うことになりました。

「ルートビア&バーガー×2セットでオリジナルコラボスッテーカーが2枚付いてくる」

こんな企業戦略なら、喜んで乗っかろうじゃぁありませんか!!

だがしかし・・・私はこのルートビアセットのルートビアが飲めません。ステッカー欲しさに飲まないジュースを買うなんて・・・子供の頃にカード欲しさに買い続けた「仮面ライダースナック」以来です。スナックは食べないくせに買うあのお菓子。確か30円くらいだったかな?

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

目の前の景色をご一緒にご堪能ください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *******

随分と時間が経ってしまったが、ビーチ巡りの旅の続き。

車を走らせればものの20分ほどで行ける島がある。まずは宮古島の先端まで寄り道。

ここから眺める海のきれいなことと言ったら・・・・。

突き出た岩から飛び込んで遊びたい衝動を抑え、(だって、登れないから・・)

目が覚めるようなブルーに架けられた橋を渡る。

つがいのマンタが泳いでいた。

橋を渡ってすぐにビーチへ降りて、白と青の世界に目を細める。

少し進むとジブリの世界が広がり、そのまま自分が何かの動物に変身してしまいそうで途中で引き返した。

道路を挟んで反対側にも不思議な空気感の小道がおいでおいでをしていた。

そして、ビーチの入り口。

誰もいなかった。

そこから、ハート岩のあるビーチへと足を延ばした。

泳がずにビーチを眺める旅の最後は宮古そばで〆る。

どこへ行っても満足しない日はない宮古島は、この世の「宝島」といえるだろう。

おかえりなさい。

以前女性お二人でお泊りいただいたお客様。ご結婚が決まり、ウエディングフォトを撮るために再びいらしてくださいました。旦那様とは初対面でしたが、そんな気がしないほど打ち解けてしまいました。

24時を過ぎたところで一緒に夫の誕生日も祝っていただきました。私からの誕生日プレゼントはスニーカーです。「プレゼントは現金が良かった」を語っている夫の顔。いつでも口が悪いのが彼の特徴です。


カメラを向ける前の待機の状態。テンションの差が笑えます。

翌日来島されたこれまた初対面の新婦のご両親もお誘いして、翌日はお祝いへと繰り出しました。なんだか親戚の集まりのような呑み会です。

お隣りの席では地元の「模合」の集まりをやっていました。知り合いが何名かいたので「結婚のお祝いは??」と無茶ぶりをする夫。

すると・・・・・・本当にコンビニでケーキを買ってきてくれました!!こんなところが島のいいところです。

店主からもテキーラのお祝いが・・・。

もうみんな仲良しこよしです。

すっかり楽しくなってしまった面々で2次会へ移動です。

病気を克服してから一年ぶりにお酒を召し上がったお父さん。妊娠5か月で生ビールをくいっといっちゃった花嫁さん。それを笑顔で見守るおおらかなお母さん。マイペースで優しい花婿さん。いつの間にか仲間に入っている地元の男子達。

素敵なご家族と、素敵な時間を共有させていただき、本当に私たちは幸せ者です。また、親戚が増えたように感じます。

いつまでも仲良しの家族でいてくださいね。

そして、偶然にも私たちが以前暮らしていた土地に最近引っ越しをしていた若夫婦。東京に帰るや否や、速攻その足で私たちが伝授した「おすすめ」の店を廻ってくれたようです。写真が送られてきて、なんだかとっても嬉しい~~~~~~~!!

この次は、かわいいベイビーを見せに来てくださいね。楽しみにしていま~~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお召し上がりください。

静佳日記 ***********

先日、宿の隣のパイナガマビーチにて、海神祭が開催された。海の安全と豊漁を祈願するお祭り。ハーリーのレースも同時に開催される。今年は私も女子のチームに初参戦。去年、初参加でまさかの優勝を果たしたチームだ。去年は全く練習なしでの優勝だったらしいが、今年は2度目の優勝に欲が出て、1回だけ練習した。

当日はすこぶるいいお天気に恵まれる。

開会式に続き、高校生の書道パフォーマンスから始まった。

くじ引きで対戦相手が決まると、いよいよ燃え出すチーム「笑笑(わらわら)」。いつも笑っているから「笑笑」。居酒屋の名前が由来ではない。

優勝を目指しているため、ドキドキしながら競技がスタート。

一回戦はきれいに勝ち進み、運よく準決勝も生き残った。再び高校生のパフォーマンスの後、いよいよ決勝戦が始まる。

ドキドキが最高潮に達した決勝戦は惨敗。それでも3位の表彰台に立てて良かった良かった。

打ち上げの2次会はポークランチョンミートにて。今回の反省点と、来年への意気込みで盛り上がる。どちらかというと、酒の席のほうがメインなのか、翌日休みを取っている強者も。

とにかく、久しぶりに燃えたレースだった。奥底に眠っていた闘争心とやらがむき出しになるのもたまにはいいものだ。

娘の帰省。最終章。

買い物に行く途中で空を飛ぶ飛行機によく遭遇します。飛行機オタクではないのですが、いまだに飛行機の低空飛行には反応してしまいます。常にカメラを向ける癖がついています。

買い物先で「とろけるケンちゃんプレミアム」を見つけました。

お豆腐のネーミングです。ものすごく美味しそうな名前ですね。

その後、宮古そばがおいしい久しぶりの食堂へ寄ると、時間が遅かったため「味噌汁」(定食)しか残っていなく、初めてそのメニューを食べました。ここではいつも宮古そばとカレーしか注文しないので、これをきっかけに全メニューを制覇したくなりました。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ***********

娘の帰省   最終章

短い時間でおおいに遊んだ私たちは、最後にこれまた初めての場所へと向かう。一度歩いてみたかった遊歩道。夕日がきれいに見えるのではないかと、日が暮れる前に行ってみようと思いついた。

宮古の中では「あまり海がきれいでないところ」として有名だが、それでも十分ブルーだ。宮古のブルーの基準が高すぎる。

ちょうど到着したとき、夕日がきれいなオレンジ色に変わる時だった。その日一日、無計画で無鉄砲だったのにもかかわらず、なんだか丸々楽しめたのには自分たちでも驚いた。

ちょっと見学してから、本来の目的である「お腹すかせる作戦」のウオーキングを始める。

夕日に向かって進もう。自分たちがいる場所が移動するにつけ、空の具合も変わっていくのが楽しくて、ずっと空を追いかけた。私は相変わらず空飛ぶ飛行機に大騒ぎをして、娘にあきれられていた。

遊歩道の終点まで到達したころ、夕日が沈みきろうとしているところだった。

ばいばい。また明日ね~~~。

同じ路を逆にもどる。

いつも元気いっぱいのヒマワリが全員下を向いてうなだれていた。

そんななか、凛と上を向いているヒマワリを見つける。

どこにでもいるんだな。パニパニさんは。いつでも彼女のようでいたいと思った。

終点近くで見つけた3人樹。ステージの上でダンスをしているようにも見える。

少し歩いたおかげでちょっとだけお腹がすいてきた。急いで家に帰るともつ鍋の用意ができている。買い物に出かけたときに娘が食べたいと言い出したので、急遽飛び入りのメニュー。

翌朝はゆっくりと目覚める。行きの飛行機ですったもんだあったので、帰りの飛行機は最終の直行便からお昼の乗継便に変更した。「2食分損した~~~~!!」と残念がる娘に、朝ご飯とお昼ご飯をくっつけて豪華なメニューを用意する夫。エビフライにハンバーグに、オニオングラタンスープ。

デザートはパンナコッタ!!なんてこった!!

食休みもそこそこに空港へと直行する。今回は一度も海に行かなかった。たった一瞬だけ眺めに行ったビーチはすこぶるブルー。

何か月分笑って、何か月分食べて、おおいに仕事の話しを語り合った娘は充電完了・・・・・だったかな?次に来るときはいい話を引っさげてくるからね~~とすでに前向きな娘。楽しみに待っているよ~~~~!!

サニー・サイド・アップ

この数か月、ハマっている曲があります。

成底ゆうこという歌手が歌う、ダイナミック琉球。初めてこの曲を聞いた時、夫はサムイボ(鳥肌)が立ったと言います。それから毎日、毎日・・・1日に何回かは聞いています。何度聞いてもいい曲です。他の人も沢山歌っていますが、彼女が唄うこの曲がずば抜けていいんです。最近ポークランチョンミートへお泊りの方はきっと一度は耳にしているはずです。私達の朝食の時には必ずと言っていいほど聞いていますから。そんな朝食タイムでまたまたハマっているのが、目玉焼きをナイフとフォークで食べること。なんか知らないけど美味しく感じます。

そして、夕食を抜いている夫のお酒のつまみはほぼ毎日目玉焼き。数か月続いています。私のたまご好きが乗り移ってしまったようです。

たまごって、こんなに食べても大丈夫なのかしら??

私事ですが、少し前、眼鏡をかけずに顔そりをしてしまった私は、おでこの生え際を剃り過ぎてしまい、眼鏡をかけて鏡をのぞき、愕然。コマーシャルで見る「細川たかし」になっていました。(おでこが禿げ上がっている!!)自分の頭の中で「一休さん」がこだまする毎日。それを隠そうと、前髪を短く切りました。自分で言うのもおこがましいですが、イメージは「オードリーヘップバーン」。何も言わずに暖かく見守ってください。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

目の前のダイナミックな空と海を眺めながらテラスのカウンターでお召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。料理担当は夫です。

静佳日記 **********

娘の帰省 第4章

時間がないのに懲りなかった私達は、今度は18時に閉園する植物園へと進んで行った。奥深くまで入ったことがなく、ここもまた興味津々な場所だった。

入った途端に異次元空間。

すぐに池を見つける。

その池の先は段々に流れる川のように続いていた。

素敵な空間。「始まり」の場所まで探検したくなる。ぐるっと回って登り詰め、辿り着いた。

「始まりの場所」は、落ちかけているお日様の光で、水面が神秘的だった。

くどうようだが時間がないっちゅうのにわかっていない私達は、ここでなりきり白雪姫の撮影にかなりの時間を費やした。本当に白雪姫の世界観だったから・・・。

気取っていても、おちゃらけるのを決して忘れない娘の性格は父親譲り。

そこからさらに進んで並木道を過ぎると、

展望デッキへの矢印が。

高台からの眺めは最高だった。眼下には森・・・というか谷??

空が近く、雲に手が届きそうだった。

そこからまた歩いて行くと、様々な特有の植物たち。

小さなメロンに

ヤギの角。

自分が小人になれる葉っぱたち。

最大に悩んだのは、ここから降りる階段。興味津々だったが、次回のお楽しみにとっておき、先へと進んだ。

下りでまたお日様の恩恵にあやかることに。

どこへ行っても大きな植物たち。

私は松田聖子の「密林少女」という曲を歌いだしたくなり、娘はジャングル少女になっていた。

もうすでに撮影していても、娘がどこにいるのかさえわからない。見つけられるかな?

かまども見つけたが、ほぼ使われていないようだ。もったいない。私にくれればいいのにな。

娘が「ディズニーの銅像」を見つけたところで時間終了~~~~!!

漁港へ寄り道をして、ワンちゃんと戯れた。

この子達、首輪はないけど野良???

素敵な東屋が彼らの遊び場のようだった。

そして、日が長いことをいいことに、私たちの遊びもまだまだ終わらずにいた。

次回へと続く・・・。