宮古島の隠れた魅力

宮古凧をリサイクルショップで見つけた夫は懐かしい~~と大喜び。竹を割いて骨組みを作ります。綺麗に和紙を張り替えたら、飛ばそうと楽しみにしています。宮古コマと共に、受け継がれなくなっている職人技だそうです。消えそうだからこそ大事に思うのでしょうか?勿論、宮古コマも一つだけ我が家で大事に保管してあります。

先日、もいう一つ売られているものを見つけました。

「タンク売ります」

車よりデカいタンク。誰が買うのかな?

ある曇りの日に、お弁当を買って伊良部大橋を眺めに行きました。と言っても家の近くですが・・・。家の近くに沢山の観光名所があるって幸せです。休日でなくても休日が味わえるから・・・。

サンセットの空が家から眺められるのも幸せの一つです。皆さんんもこの景色を眺めにいらっしゃいませんか?宿からの眺めです。

サンセットタイムに釣りや海水浴やSUPを楽しみに人々が集まってきます。パイナガマビーチってそんな場所です。ここも我が家から0分。本当にいい場所に宿が建てられたと思います。

そんな景色を眺めながらのディナータイムなんていかがですか?宿泊以外の方もコース料理にてご予約を承っております。(前日までのご予約で2名様より)

コース料理の一例です。

お泊りの方の夕食の一例です。

ご宿泊の方の朝食の一例です。

全て完全お任せメニュー、完全予約制です。好き嫌いやアレルギーには対応しておりません。ご了承くださいませ。

ご予約は09079450844まで。

静佳日記 **********

前回の続き・・・・

次に目指したのは、夏によくお客さんが行くところ。私達はまだ行ったことがなかった。場所を知らなかったので、ずいぶんと迷子になりながらもそれらしきところに到着。

だけれどこの時まだ開花の時期ではなかったため、どの樹がサガリバナなのかがわからない。どの道が花道なの??

花の咲く樹木はわからないが、テレビは落ちていた。

花の解説も読んだ。

だが、花道はわからない。分岐点に来た。迷ったときは直感に従おう。

人生と同じで道を誤る時もある。

そういう時はまた戻って別の道を選べばいい。間違えたってな~~~んてことはない。若い時にこれに気が付いていたら、私はもっともっと色々なことにチャレンジしていたかもしれない。今は年の功で大抵のことには動じなくなっている。年を取るって本当に素晴らしい。良いことも悪いことも、人生の沢山の経験が今の自分への自信に繋がっている。若さの勢いの怖いもの知らずとはまた違う「怖いもの知らず」が自分の中で芽生えた。

芸術的な壁を通り抜ける時、花道はやはり一番初めに通った道だったのだということが分かった。

さて、時間がかかったが、元のサイクリングコースへと戻ることにしよう。そして、スタート地点へと帰る前に、行きに見つけた「宮崎駿の世界」への入り口を物欲しそうに眺める。

「行くか?」

見かねた夫から声をかけてきた。

「いい?」

「どうせ行くと言ったら聞かないんだから、また来なきゃいけないなら今日行っておくよ」

賢い選択だ。よくわかっていらっしゃる。今までとは違う静寂の道なき道を進んでいった。

物凄い空気感。「夜間ハイクコース」と書いてあったが、夜間にここに入る勇気はない。野鳥など自然の生き物を観察できるようだが、私はそれよりもこの不思議な世界観にドンドン吸い込まれて行った。宮崎駿が描いたものよりも、もっと独創的な「何か」を私の想像力が創り上げていた。歩く先には常にま~~~るい窓が見えており、異次元への入り口のようにも見えたが、そこへ行くとまた普通の同じ景色が続く。その繰り返しだった。

突然、森の学校が現れたりもした。

迷路のような道は、あちらこちらへと続き、ところどころに設置してある看板を頼りにしなければ、この世界から一生出られなくなるようなそんな気がした。その広大さが、また、探検心をのめり込ませた。

すっかり子供に返っている夫は、カメラを向けると無邪気にはしゃぐ。

本人曰く、昭和のアイドル。

仕方がないので「一本でもニンジン」を歌ってあげた。

かなりの時間を費やして、汗ばむくらいのいい運動になり、一大イベントとなった探検ウオーキングはこの辺りで終了。

スタートした東屋が見えてきた。最後はこのコースを見つけるきっかけとなった広場を眺めて深呼吸。

海だけではない宮古の魅力をまた、見つけた気がした。

お土産は三つ葉のクローバーとオレンジの実。

これからも「宮古島」を楽しもう。

夕陽を眺める宿

私の宿はロケーションが自慢です。

パイナガマビーチへ0分で泳ぎに行けることがこの土地を選んだ私の最大の決め手でしたが、住んでみてからの嬉しい誤算はサンセットの美しさです。私が夕焼け空を作っているわけではないのですが、もう、本当に自慢したくなります。

この美しい空ったら・・・・。

雲が厚い日は雲に沈み、

雲がない日はそのまん丸い姿を出来るだけ大きく見せつける太陽。

この場所に住み始めてから6年ほど経ちますが、毎日が新鮮です。

そうですね。すっかり自然の虜になってしまっています。

ここにいると、車の窓に映る夕日にも心奪われ、

人工的に自分で作った灯にさえもうっとりしてしまう、感受性豊かな人間になったような気がしています。

この空は多くの人を魅了し続け、連日多くの人がこの空を求めてやって来ます。

もし、美しい空を見ることがお好きでしたら、是非、ポークランチョンミートに泊まりにいらして下さいね。

それでは、朝食の一例をご紹介します。

夕食のメニューの中の一つ。

宿泊の方以外でも、コース料理にてご予約を承っております。是非、サンセットディナーをご堪能下さい。

静佳日記 **********

いつだったか忘れてしまったがとにかく冬だった。ゆっくりした時間を満喫している頃、ずっと気になっていたサイクリングコースへ向かった。得体の知れないコースを偶然見つけてから、早く探検したくて仕方がなかった私は、気乗りしない夫を焚きつけて、いざ実行に移した。何故、夫が必要だったのか。答えは簡単。

怖かったから。

人里離れた得体の知れない道のりを一人で歩く勇気が私にはなかった。

さて、未知との遭遇。この瞬間がたまらなくワクワクする。想像できないコースに期待と不安が入り混じった。まずは東屋からスタートする。補給する水分はバッチリ持参した。どれだけの距離なのかわからなかったので。

いきなりの開けた土地に、田舎ののどかな雰囲気を味わった。

一つも見逃さまいと、いつものようにキョロキョロしながら歩く私を、いつものように一度も振り返らずに進む夫。

歩き始めて5分と経たないうちに、その不思議なワールドに心は吸い込まれていった。

ところどころにコースのナンバーが表示されているが、初めからNO「7」の意味は分からない。

「ブレーキをかけよう」の看板から初めての緩やかな坂道。

常に木々に囲まれた道はマイナスイオンをビンビン感じる。

おっと。左ね。

取り合えず初めての場所は指示に従うべし。畑の中の仕切りに植えられた樹木が可愛い。

あららららら。そそられるなあ。宮崎駿の世界への道がある・・・。帰りにいってみようかなあ~~~。怖いけど。

どこまでも続いていそうなサイクリングコースは、全容を知らないからこその楽しみ方があった。ちょっとしたアトラクションよりワクワクした。

だから、いつかこのコースへ行ってみたいという人はこの先は読まない方がいいだろう。

道外れの広場の先を覗いてみると、小さく開いた樹々の窓から向こうに畑らしきものが見えた。どこまでも冒険心をくすぐられる場所だ。

道中、植物も観察。珍しく夫も興味を持ったようだった。

田舎の方でしか見かけないこの花は私の大好きな花。

もしかしたらその時が初めて摘んだ日かもしれない。そして知った。

この花、摘んだその日はいいが、

翌日にはうなだれた犬の耳になってしまう。

もう、摘むのはやめよう。

そして、物凄く楽しくなってきたところで、いきなり終りがやってきた。

あからさまにほっとする夫を、意地悪したくなったわけではないが、歩き足りない私は、すぐ近くにあると思われるある名所を探してみたくなった。私のご機嫌を損ねると後が怖いと思ったのか、すんなりと提案を受け入れてくれる夫。

ここから全く方向もわからない旅が始まった。

次回へと続く。

宮古島 一人旅

朝のウオーキングで摘んでくる植物は水で育てて「しずかだん」に植えるのが日課なのですが、殆どが失敗に終わります。その中でも最近成功したのがこの2種です。

そして、先日とってもかわいいカボチャが売られていたので、ディスプレイに購入しました。

時期が来たら食べないとね・・・・・と思いながら、なかなか食べる気になれません。だって可愛いんだも~~~~~ん!!

同じく、こちらも同じお店で発見。握り寿司が2巻づつで売られていました。これってちょっと食べたいときにいいですよね~~。私は3種類だけ買いました。

さらにスーパーで発見したのは「てんぷら缶」!!以前にもブログに載せたことがある不思議な缶詰です。また別のお店で発見しました。中身は一体何??????????????

天ぷらって本当はこういうやつですよね~~。

この天丼をお昼に出してくれるお店は、宿の近所にあります。とっても安いんです!!この天丼の値段は忘れちゃいましたが、カツ丼が今どき450円!!!!!いつも賑わっています。特に近くの高校生が「大盛!!」でみんな食べに来ています。あと職人さんが多いですね。何しろ安いうえに量も多い。店主さんの生活が心配になるくらい安いです。

お昼といえば、伊良部大橋を渡ったところに新名所誕生です。お土産屋さんと、お食事処が入っています。先日夫と食べに行ってきました。お昼のバイキング。最初だったので50分も待ってしまいました~~~~~~。今はすいているのかな?

それでは、我が宿のお食事もご紹介しましょうか。

朝食の一例です。

夕食のメニューの中の一品です。

朝は爽やかな海風を感じて、夜はサンセットを眺めながら・・・・。

空と海に向けて造ったテラスでの食事は本当に気持ちがいいですよ~~~。是非、一度は体験していただきたいです。今年からは宿泊者以外の方にも夜のコース料理をご提供しております。ご予約、お待ちしております!!

ポークランチョンミートから眺める空は一年間で365通り!!

最後に『勘違い』ネタを一つ。

お隣のパイナガマビーチで「ウエディングの撮影をやっているよ~~~」と叫んだが、よく見ると、高校生の寸劇だった。

静佳日記 ********************

先日、皮膚科に出掛けた。島には一軒しかない。(厳密には県立医院内にもう2ヵ所あるけれど)。

なので、いつもかなり待つ。私は待つことが嫌にならないように本を持参することにしている。普段、なかなか読書の時間を取れないので、いいチャンスでもあるわけだ。できるだけ待たされたいとさえ思う。

その日は受付をすますと、「○○時にまた来てください」と言われた。診療時間の目安を教えてくれるなかなかいいシステムだ。その時間まで海を眺めながら読書をすることにした。コンビニで朝食のサンドイッチとコーヒーを購入。目指したのはマングルーブ林。

わ~~~~~~久し振りだなあ~~~~~~。気持ちい~~~~~い!!

木陰になるところに陣取った。

読書のつもりが、サンドイッチをパクパク食べながら海を見ていたら、一ページも本を開かずに時間が経ってしまった。

皮膚科のお陰でいい時間を持てた。こんな場所が沢山あるのも島の魅力だろう。

ふと、思う。

一人旅が多いわけだ・・・・。

食べるの大好き!!

40年近く飲食店の仕事しかしてこなかった夫は、お笑いのレパートリーこそ少ないですが、料理のレパートリーだけは豊富に持ち合わせております。そして、宮古に帰ってきてから、その幅がグググっとまた増えてきています。何故かって?殆ど毎日厨房にしか立っていないからです。(笑)

近くで見ていても、新しい料理に出会うととっても楽しそう。新作を試食できる私たち家族もとっても嬉しそう(?)

ランチのメニューも色々と試行錯誤してきましたが

コロナの状況もコロコロと変わってくるので、一気に方向転換、再び朝食のレパートリーを増やすべく試行錯誤の一日です。

なかでも私の最近のヒットは2種類の食感のゆで卵を合わせた玉子サンド。贅沢な一品でした。

そんななか先日海ぶどうを頂いたので、贅沢などんぶりを作ってもらいました。どんぶりだけれど、白ワインが合う~~~~~~~~!!!!!追い海ぶどうも付いちゃってました。

痩せたいけれど、食べたい。女性にとっては永遠のテーマですよね~~~~。

夜のダイニングはおまかせのコース料理で一般の方にもご予約を承っておりますが、宿泊の方の夕食も再開します。(お一人様2000円税別)です。3皿ほどの献立です。

こんな景色を眺めながら優雅に如何でしょうか?同じくおまかせ料理でご予約制です。

買い物帰りにコンビニでアイスコーヒーを買って、夫と海を眺めるのが最近の優雅なひとときです。この景色は宿から0分。私はここを自分の庭だと勘違いしています。初めから・・・。

皆様も、贅沢な時間を味わいにいらっしゃいませんか?

静佳日記 *********

朝のウオーキング。

昼間の空もいいけれど、朝の空もついつい見上げたくなる。

そして、島の植物観察も欠かせない。

夏の花火が大空で開いたかのような、見ごたえのある葉っぱ。パッと開いている。

低くて広がる樹木。シルエットがかわいい。

アンブレラを開いてひっくり返したような樹。枝が骨組みのよう。

初めて見る植物。何者???

花はこれかな?同じところにいたけれど。

みんながパイナップルと間違える。

長老ヤギが若者を威嚇している場に出くわした。

若者は私を見つけると、「あの人怖いのよ~」と告げ口。

朝は看板だけが頼りなので、いつも同じところを昼間に通ってその看板が事実なのかを確かめたい。

え?エヌエチケイ?

年季が入って色褪せても、黒い字だけは薄れない。

手造りかしら?

トラックのカバーにどれだけのごみ??

ハイジがスキップしそうな草原を超えると、

港を見渡す展望台の復刻版。

解説もきちんと読もう。

港の地図にはポークランチョンミートも含まれていた。勿論名前は載っていないけれど・・・。

お家に帰ったら、たまには朝定食なんてどう?

もう、モリモリ食べちゃおう~~~~~~~!!

相変らずの平和。

仕込み中に厨房の窓から海を眺めていた夫が「学校中の生徒が集まっているよ」と私に呼び掛けました。最近、隣の公園&目の前の桟橋&パイナガマビーチはいつもにも増して小中高の子供達であふれかえっているんです。物凄い数です。毎日海へアクロバットダイブをする子供達。その日は、特に一カ所に集まって何やらを海からくみ上げていました。もう大騒ぎです。

何を捕っているのか気になってしょうがない私はすぐに走ってゆきます。

何かと思えば「クラゲ」

網でクラゲをすくっては、触って面白がっています。「手がしびれる~」「足がしびれる~~」と叫びながら・・・・。アホだろう。この子達。そうかと思えば、学校帰りの高校生が隣の公園で夜遅くまで土の中の虫を探し回って遊んでいました。微笑ましい限りです。

大人な私達は、先日夜遊びに行ってきました。去年できた浜松料理のお店です。浜松おでんを初めて食べました。その後の数軒は覚えていません。

さて、ポークランチョンミートは「ランチをやるよ詐欺」です。やるよやるよと言いながら足踏み状態。このシュツエーションでのランチは本当に最高なので、やりたいのはやまやまなのですが・・・・・

宿泊の方の朝食の予約もそろそろ増え始め・・・・・スタートしていいものなのか、思い悩んでいます。朝昼晩と夫を働かせるのはちょっと・・・ね。仕方がないので、自分たちでここでランチしながら「最高だよね~最高だよね~」と、日々、自画自賛を楽しんでいます。自作自演??

ランチのメニューもすでに数えきれないほど作っています。出番が来る日はいつのことやら・・・・。

それでは、ポークランチョンミートの朝食の一例をご紹介。

夕食の一例(一部)です。韓国風肉じゃが。

ダイニングのコース料理の一例です。今年から、前日までのご予約で宿泊者様以外の方もお召し上がりいただけます。その場合、コース料理でお一人様2500円(税抜き)です。ご予約は2名様より。ドリンクも幅広くご用意しております。

宜しくお願い致します~~~~!!

最後に、先日のスーパーにて。¥156のむね肉が、特価になると¥192に値上がっていたことに目が点。おあとがよろしいようでっ。

静佳日記************

何かを忘れている。

そう思ったのはつい先日のこと。

あれだけ宮古島探検隊を楽しんでいた私が、どこの海にも出かけていない。勿論、My風呂であるパイナガマビーチの海には相変らず浸かっているが、遠出をしていないことに気が付いてしまった。私の中で物足りなさが膨らんできている。早く満たしてあげなくちゃいけない。思ったら即実行!!がいつものパターンなのだが、今回だけは違っていた。言い出したのは夫の方。

「今日は海に行こうかなぁ~~~~~」

朝食を食べながら新聞を読んでいた彼は、ふと顔を上げた瞬間に目に飛び込んでくるこの青い青い青い海を見て、きっと私と同じ欲求を覚えたに違いない。

いつも私達夫婦は似ている。いや長く一緒にいるので似てしまったのだろう。

早速、お弁当を作っている夫の様子を横目で見ながら、いそいそと家事を済ませる私。手は動かしているが、頭の中ではどこの海に行こうかと思い悩んでいた。走馬灯のように今まで訪れたことのあるそれぞれの海が廻っては消え、廻っては消え・・・・。久し振りすぎてまとまらない。

そうだ!!!あそこにしよう!!

そう思った時、夫のお弁当が出来上がったようだった。あまり量が食べられなくなった私達は(年のせい?)二人で半分この時が多くなった。今回のお弁当も半分こ弁当。

出来立てのうちに保温性のバッグに詰め込んだ。クーラーボックスにはビール!と言いたいところだけれど、体調がすぐれないので屈辱のノンアルコールビール。

楽しいお出かけの時には必ず発車時に出る合言葉を大きな声で合唱した。「出発!しんこ~~~~~~う!!」

ワクワクした。

何度も来ているので知ってはいるが、そこは本当に初めてきたかのような感動をいつも与えてくれる。

着いたらすぐに海の中。ちょうど干潮の海は浅すぎてなかなか潜れない。

この海は、端と端は2,3回泳いだことがある。あまり面白くなかったのでそのまま月日が流れていた。だが、一度や二度で決めつけてはいけないのが宮古の海。ということを学習した私は、再びこの海を探索することにしたのだ。

暫くはずーーーーーと草しかない。以前はここでもうつまらないと決めつけていた。だが今回は懲りずに探索しようと決めていた。そのまま突き進む。すると、おっとっと!!(言っておくが洒落ではない)お魚の登場だ。

そして、珊瑚もチラホラと・・・。

珊瑚の中の小魚がイキイキと優雅に泳いでいた。

ズームするとこんな感じ。

やはり思った通りだった。決めつけずに再チャレンジしてよかった。

さらに魚の群れにも遭遇。

魚影の濃い場所は顔を上げて位置確認。夫の次回の釣りの為の下調べだ。潜る人と釣る人がタッグを組むと最強!

そしてさらに進むと白い砂地が空の上のようだった。この砂地がここの海を美しく彩り、人々の心を魅了してやまない源。

波打つ水面を下から覗くと、まるで白いベールがゆらゆらと風になびいているようだった。白いテーブルクロスを青空の下で大きく翻しているようにも見えた。写真ではこの感覚はおよそ表現できないが一応載せておこう。

簡単に登れそうな場所まで目指していたら、かなりの距離を泳ぐ結果となった。心地よい疲労感は、テトラポットを登る時、自分の身体をいつもの3倍の重さにしていた。登りきるとこのご褒美。

強い日差しの中、テクテクと陸地を歩いて出発地点へと戻った。

暑い。

「おかえり~~~」と、夫が差し出したノンアルコールビールを思い切り流し込んだ。くふぁ~~~~~~~!!!!たまらないのど越し。

そして、その日のもう一つの幸せを味わった。

宮古の海は天国だ。