Category Archives: 海遊び

周辺案内

ポークランチョンミートの周りにはないものがない。と、私は思っています。実際、住んでいて困ることは殆どないほど非常に便利ですし、それ以上に心を癒してくれるものに囲まれています。全部を一度に紹介できないので、このブログにて少しづつ、また、しつこく、しつこく、お伝えしていきたいと思っています。宜しくお付き合いくださいませ~~~!!

ポークランチョンミートには、共用スペースに洗濯機と洗濯干し場(屋根付き)を備えておりますが、乾燥機はありません。晴れの日は洗濯干し場で充分ですが、雨の日が続いたり、どうしても帰る前の日にバッチリ乾燥させたい!!という方は、近隣に数軒コインランドリーがあります。

一番近くで徒歩2分のここ!!

そして、反対方面にはやはり徒歩2分程でコンビニがあります。ちょうどパイナガマビーチのど真ん中の真ん前です。

そのコンビニの先のサザンコーストホテルの駐車場にも一軒。

そのまた数十秒先にももう一軒。

そして、先程のコンビニの手前の坂を上るところにももう一軒あります。

先日前を通ったらリニューアルして広く綺麗になっていました。

まだまだ他にも何軒かありますが

徒歩3、4分以内のコインランドリーはそれくらいかな?

これだけとってみても、ポークランチョンミートの立地がいかに便利か、お分かりいただけるかと思います。周りにないものはない!!シリーズは、これからもちょくちょく登場しますので、初めていらっしゃる方は参考になさってくださいね。

無いものはないと言えば、ダントツ1位は景色ですね。ポークランチョンから眺める景色のバリエーションは計り知れず、いまだに新しい驚きが多発な毎日です。

こちらも合わせて常にご紹介していきますのでどうぞ宜しく!

さて、ランチタイムの大通りに見える看板を新しくしました。この看板を見かけたら海へと向かって降りて来てください。そこにポークランチョンミートがあります。

そして建物の前端っこにはこの看板が・・・。

ランチタイムは11時半から14時ラストオーダー。鶏白湯宮古そばが定番で期間限定の色々そばやミニ丼各種のセットを提供しています。

宿と同様、鶏白湯宮古そばもどうぞ宜しくお願い致します。

静佳日記 ************

宿の隣りはパイナガマビーチ。

このビーチが隣りにあることがこの土地に決めた決定的な条件だった。毎日、このビーチで朝風呂を楽しめるなんて・・・夢のような生活を妄想した。そして、その妄想は妄想を大きく飛躍し、期待を上回る夢のような日々が続いている。どんなことにも必ずついて廻る『デメリット』は勿論あるが、それはこの『夢のような』の下では、ミクロの世界の塵ほどでしかない。アウトドア、特に海が大好きな私にとって、日々の生活、しかも生活の大半を占める「仕事」を、このキャンプ場のようなシュツエーションの中で送れることは、人生で最大の歓びである。

目と鼻の先のビーチは家の玄関から徒歩数十秒。きっと人生の幕を下ろすその瞬間までこのビーチは私の友達でいてくれる。いくつになってもここでの遊びは無限大。その年齢でできることが後を絶たないだろう。

15分ほどでもチャンスがあればこのお風呂へ入って遊ぶ。それは健康の為の時もあるし、気持ちをリフレッシュするための時もある。何しろ水の中に入っているのが大好きなので、ただただ、海の中にいるだけでも十分癒される。それにプラスしてこの空!!雲!!これ以上の巨大風呂を所有している人は世界広しといえどもそうそういないだろう(私のものではないという認識が薄い)。

シュノーケルとフィンをつけてドボンと潜れば、もうそこは別の世界。

いつも必ず会うのはクマノミちゃんの親子。

そして、先日、それは突然私の目の前に現れた。びっくりし過ぎて一瞬何がいるのかわからなかった。ここに住んでいることは知っていたが、パイナガマの海の中で遭遇したのは初めてだったから。

ゆっくりと私を誘うように大きく弧を描きながら泳ぐ彼は、クマノミと並んでみんなの人気者。

予期せぬ出来事に、憑りつかれた様に後を追った。

私は安全よ~~何もしないから安心してね~~お願いだから逃げないで~~~!!

そんなセリフを頭の中で何度も繰り返しながら優しく近寄り、長いことついて廻った。ストーカーのように。

そしてその日以来、彼はよく私の前に現れるようになった。

観光業を営んでいるので仕事でいうと彼の出没のタイミングを勉強するが、個人的な楽しみとしては知らない方がサプライズ感があって毎回嬉しい。なんでもそうだが、全部がわかって「当たり前」になると楽しみが半減してしまう。

今までの私なら仕事の方を間違いなくとっていた。でも今回は後者をとろう。

当たり前では得られない「ワクワク」が欲しいから・・・・・・。

可愛いね。

凄い勢いで宮古へ来ているお客様。

「一人旅が苦手!!」という彼女は色々なお友達を連れて来て下さいます。

今回も同伴は素敵な女子!!私の大好きなタイプの子です。お酒を一緒に呑めばもうすぐに意気投合!!

地元ではSUPをやっている彼女たち。宮古では宮古でしかできないことをするそうです。そうですよね~~。せっかくこんなに遠くまで来たのですから。

また、絶対に来て下さいね~~。楽しく呑みましょう~!!

いつもの彼女はもう次の宮古旅行が決まっているとのこと。その前にまた来たくなったらいつでもウエルカムですよっ。お待ちしています!!

お知らせです。只今、ランチ以外のお食事はお休みさせていただいております。

この機会に次の新たなる挑戦に向けて色々と試作を繰り返しております。

ポークランチョンミートの料理は全て夫が一人で孤独にのんびりやっております。意外と仕事に関しては真面目な彼ですが、たまにこんなキャラにもなります。

最後はポークランチョンミートから眺める景色です。

静佳日記 *****************

少し前の話。

「もう、海に行かないと死んじゃうよっ!!」

そんな、脅しにならない脅し文句を呟くと、「そしたら海に行かないでおこう」と言う口の悪い夫は、言葉とは裏腹に海に行く準備を進めてくれた。

いつも通りの青空にぽっかり浮かんだかわいい雲。もうこれだけでもお腹がいっぱいになりそうなドライブをすること数十分。

何もない草原にいきなり建物を発見した。

「え~~?なんだろう?」

探検心モリモリの私は気になって仕方がないが、大抵夫は気にせず通り過ぎる。

「電気が通っているから人が住んでいるのかな??」

これには少し夫も興味を持ったようだったが、先を急いだ。

まるで偵察機のように低空飛行する飛行機に相変らず無意味な手を振り、

目的のビーチへ着いた。この、海がチラッと見える瞬間が一番のワクワクタイムだ。

まずは日陰を探す。

定位置を決めたら椅子に座ってただただのんびりを決め込む夫。

それにしてもなんという綺麗な海。何万回見ても毎回感動が薄れないのが宮古の海の特徴。

アダンの実もこの海に映える。

そしてすぐに私は海へドボンと飛びこんだ。

ここは宮古のビーチの中でも珊瑚や魚のポイントに辿り着くのに少し時間がかかるビーチ。だからこそ、まだ体力があるうちに沢山行っておこう・・・・そう思っている。おばぁになるとちょっとしんどいから。

初めの方の海の砂漠地帯はひたすら泳ぎに徹し、少しづつ珊瑚が現れてきたらパラダイスはもう近い。

珊瑚に伴って魚の数も増えてくる。

海に入っていると時間を忘れる。そして、顔をあげると、自分がどこにいるのかもわからなくなりそうな景色。ここは遥か遠くの、流れ着いた無人島?日本にいるとは思えないこの浮世離れした景色を人々は求めて遠くからやってくるのだろう。

頭上を、その『期待』をたくさん詰め込んだ飛行機が通り過ぎてゆく。

この島を知って本当に良かった。いつも心の中で繰り返している。

お久しぶりです。

※相変らずなんやかやと忙しく・・・・・ブログに向かう時間が作れません。タイムリーな出来事を発信できずすみません。※

夏はやはりご家族連れのお客様が多くなります。皆さんとても楽しそうで、こちらまで嬉しくなります。

しっかり者のお姉ちゃんと、かわいい妹さんの姉妹を連れていらしたご夫婦。チェックアウトの後にウミガメのツアーに行くとおっしゃっておられましたが、無事に会うことができたでしょうか。

お子さんがついてきてくれているうちに、また、是非宮古へいらして下さいね~~!!お待ちしています!!

さて、今年はもう台風の心配がかなりなくなってきました。今年は2回ほど台風準備をしましたが(どちらもほとんど我が家に影響はなかったですが)、久し振りだったため、物凄く大変でした。

なので、いろいろまた工夫をしました。

まずは、植木は沢山増やさないこと!!小さなものだけにすること!!もう、この移動が大変だったんです!!室内に入れて置ける鉢を新調。バジルは大切なので・・・。

ランチの看板も外したりが大変!!台風の時の営業はこんなところに看板を置いていました。

台風前後は船が入らず、物資は取り合いになります。(笑)

我が家は平良港の中に建っているため、船の入港がすぐにチェックできます。(写真の右の大きな船が恵みの船!!)

話しは変わりますが、気になっていた「大谷」さんへ行ってきました。(偶然ですが知り合いのお店でした)

豆腐チャンプルーが美味しかった!!

PLMのランチも試作を繰り返しています。ワンタン麺は私の大好きなメニューなので個人的にリクエスト!!我が家のシェフさん頑張ってくれています。まずはそれに合うスープを完成させてから・・・。

醤油や塩などのスープは簡単過ぎて「作っているぞーーー」という気にならないからあまり身が入らないんだそうです。(今作っている鶏白湯やとんこつが手間がかかり過ぎるので)なんという贅沢な悩み!!まあ、彼が作りたいと思った時に完成するのでしょう。

セットメニューのミニローストビーフ丼の試作。もう、美味しいに決まっていますが、諸々解決しなくてはいけない問題があるのでメニュー入りは保留。

明日からはまたミニラフティー丼が再開します。

試食ばかりしている私はデブ加減が止まりません。

静佳日記 **********************

この時期からの特権は朝の『しぃ散歩』で星が見れること。我が家は海の前という立地ゆえ灯りが少ない。その為、家(宿)を一歩出ると群青の空にドット柄を確認することができる。

「うわ~~~~!!!」

その日の朝は予期していなかったため、思わず声が出た。

そしてそのまま歩き続ける。島の開けた空は見上げなくともいつでも目に飛び込んでくる。

この時間帯にしか味わえない特有の景色と空気感。五感が研ぎ澄まされる感覚を覚える。いつもの道が別世界へと生まれ変わっていた。

見慣れた樹々でさえ、物語の主役を張れる存在感。

人どころか車も通らない。静寂の中に聞こえるのは小さな生き物たちの息吹。そして、耳を澄まさないと聞こえないほどのかすかな風の音。

いったいどんな世界に飛び込んでしまったのだろうか・・・。

と思わせられるこの時空では、道の真ん中を歩いてみたくなった。不思議な感覚の中で広い道路は私だけの優先道路となった。

道の先はどこに繋がっているのだろう・・・。

実際はわかっているのにそんなワクワク感を覚える。想像力とは、そんなものだろう。妄想というべきか。

朝焼けの空が家々を模型に変える。

そこだけ浮いて見える大きなビルディング。宮古島はドンドン様変わりを繰り返す。でも変わらない鏡のような朝の海。

あまりにも五感が鍛えられたせいか、こんな樹のトンネルをくぐることでさえ楽しくなってきた。

家の隣りのビーチへ戻ると、レスキューの練習をしている人の姿が淡い海の上に浮かんでいた。

そろそろ人が出始めてきたようだ。

それと同時に現実の世界へと引き戻される。

今までの朝のウオーキングの中でも上位に入る素敵な朝だった。

HEY!!ドクター!!

普通に通勤するように宮古へ来るお客さん。歯医者さんの彼は、「差し歯が取れちゃったよ~~~」と事前に連絡をしたら道具を持参で遊びに来てくれました。期間限定の青空歯科医院の開業で~~~す。

彼とのお付き合いももう4,5年??忘れましたが、他の人よりも来島回数が多いのは絶対です。宮古にいる友人よりも会う頻度が多いのでは?・・・・・とにかく仲良しであることに間違いはありません。

彼の娘は前々から念願だった、宿の横の公園の滑り台の『てっぺん』についに登ることができました。

おめでとう~~~!為せば成る!!!!

もうすぐまた会うことになると思います。そしてきっといつの日か宮古の島民になるのでしょうね。私達の将来は楽しみがいっぱいです。

さて、ポークランチョンミートは、海が大好きな私の永遠のキャンプ場にしようと思って建てました。宿というより、飲食店というより、キャンプ場のような『おうち』です。毎日の日常がアウトドアな生活だったらどんなに楽しいか・・・・。そんな夢を描いて宮古へ移住を決め、ポークランチョンミートを建てました。ほぼ夢は叶いましたが、何しろ東京にいた頃よりも忙しい。過酷な仕事です。それでも嫌にならないのは、夢に描いた生活が、いやそれ以上の日々がここにはあるからだと思います。今日は店はおやすみ。海へと遠出をしたいところですが、夫は仕込みと通院で忙しい。ならば私は、大好きなポークランチョンミートを満喫しよう!!と昨日から決めていました。午前中にメンテナンスなどの仕事は済ませ、お昼前からテラスのカウンターを独り占めしています。

この場所では毎日癒しをもらっています。大抵ランチの後に夫と二人で海を眺めてまったり休憩をするのですが、海上保安庁の日本一の巡視船からヘリコプターが飛び立とうとするのを眺めたり、

目の前の船着き場での海中作業をぼーーーっと眺めたり、

とにかく毎日ここに座るのが楽しみで仕方がありません。

今日はもう、「一日中ポークランチョンミートにいることを味わうよっ!!!!」そう夫に宣言しています。このブログをテラスのカウンターで書こうと決めていたのですが、「コーヒーにしようかな?酒にしようかな?」と聞こえるように呟くと、すかさず夫が「酒だろっ!!絶対!!」と甘くささやいたのでお言葉に甘えてビールを・・・・。

あああああああああ!!もう!!最高!!

ポークランチョンミート万歳!!!

パソコンに向かってブログを書いていると、す~~~~~っとおつまみが出てきました。仕込みの合間に夫が作ってくれたんです。

あまりの気持ち良さにビールが進み、そろそろサワーにしようかと思っているところにもういっちょおつまみが・・・・

あ~~~この瞬間が人生の終わりでも構わない。そんな幸せなひと時です。自分で流したBGMから聞こえるユーミンに合わせて大きく口ずさんでも誰にも聞こえない。いや、聞こえないことにする。そんな感じが心地よい今日この頃です。そういえば彼女は68歳で文化功労章を受章したらしいですね。彼女のように10年後も20年後もも輝いていたいです。

そろそろ酔っ払いになってきました。ハンモックでお昼寝でもしましょうか。今日は徹底的に贅沢な日を決め込みます!!!!

静佳日記 *************

娘の帰省(前回の続き 最終章)

朝から飛ばし過ぎたため、家に帰ってからダラダラと過ごす娘。せっかくだからと最高の宮古を案内したいと思う母。もう何十回も宮古に来ているのだからもう見てないところはなのだけれど、それは大きな間違い。移住する前も何度も来島し、移住してからも8年経つ私でも、生まれ育った夫でさえも、まだまだ知らない宮古がある。宮古の魅力は尽きることがない。

無計画だったため何となく夕日を目指してドライブしようということになった。本当のことを言えば、少し悩みを抱えた娘が、私に話しをしやすいように・・・というのが一番の目的だった。悩みがある時は吐き出すことが一番だということはよくわかっている。たとえ解決にならなくとも、話せる相手がいることは大きい。彼女にとって世界中で一番の味方である私は、話しを聞く相手としても一番だろう。何も自分の悩みを話せなかった厳しい家庭で育った私は、自分が親になったらどんなことでも話せる環境を子供に作ってあげようと決めていた。

どちらが聞き役なのかわからないのが玉に瑕(たまにきず)で、会話の優位を母が保ちながら目的地へと着いた。ビーチを散策してから夕日ポイントを目指す。なんとなくいい感じの空だ。

そのまま車を走らせていると、レンタカーが数台停車している場所があった。何もない所だ。きっと何かあるんだろうな。ネットで調べまくる観光客の方が地元よりも色々と詳しい。取り合えず車を停めて見に行くことにした。するとやはりそこには隠れ名所があった。(みんな来ているから隠れてはいないが)樹々の間をすり抜けるとそこには夕日スポットが・・・。

なんというタイミングなのか。雲もなくまん丸い夕日。彼女の癒されたいという欲求に空が応えてくれたようだった。

写真を撮ってくれるという娘に甘え、ぶりっ子のポーズを決めてみた。

なんだよそれは~~~!!と爆笑する娘も、カメラを向けると周りをチラチラと伺いながら(まだまだだな)ポーズをとった。

後ろに、はじめ人間ギャートルズを連想する岩が。なんとなく可愛い顔。

車へ戻る時に再び振り返ると、そこには素敵な絵葉書が。

帰る途中、もう一ヵ所で車を停め、

まん丸い夕日を眺めると、いつもの我が家から眺めているのと同じようにのどかな風景が広がっていた。いやさらにもっと田舎くさい風景だった。地元の人がおしゃべりや釣りに来ているのは同じ。こののどかさがとてつもなくいい。

夜はいつものお店へ家族4人で出かけると、長男の誕生日を店主が祝ってくれた。

あっという間の3日間。娘にとって『何か』が変わってくれたら嬉しい。また次に会える日までの彼女の成長を願う。

仲良しさん。

もう何回来ているのかわからない彼女は、初めの頃は一人旅でした。それほどポークランチョンミートを気に入ってくれているようには感じなかった、オープンして間もない頃のお客さん。でも、なんとなくいつも来てくれていたんです。少しづつ、本当に少しづつ、いらっしゃる度に距離が縮まっていったように思います。考えてみたらもう8年ほどのお付き合い。こんな関係はどこか強い絆を感じます。途中から加わったお友達は、真逆なタイプで、割と初めの頃からとんでもないあだ名を私達に名付けられ、短距離走でゴールまで辿り着いた感じです。

人と人との縁は不思議なものです。同じものをいいと思う感覚が合う人とは自然と永く続きます。あ、うんの呼吸というものでしょうか。一緒にいて楽な人がいいですね。良い意味で。ポークランチョンミートにリピートして下さる方は殆どがそんな感じです。

なので、私達は今、とっても幸せです。好きな物、好きな人に囲まれているのですから・・・。

また、近いうちにお会いしましょう~~~~~!!(ブログをサボっているせいで、掲載が追い付いていませ~~~ん💦タイムリーな話題が載せられなくてごめんなさい!!)

これまた少し前の話になりますが・・・・いきなりのサプライズ花火が上がり、ポークランチョンミートのテラスからバッチリ眺めることができました。皆さんラッキーでしたね!!

静佳日記 *****************

娘の帰省(前回の続き・PART3)

朝からハイテンションになった私が、次に向かったお気に入りの場所。それは意外と知られていない場所。少し怖いくらいの階段を登るとそれは現れる。

太陽の光が葉っぱを透かしてくれるのが美しい。

急に視界が開けるとこんなに可愛い展望台が出現する。

宮古には宝の持ち腐れが沢山ある。でもそれもいいのかもしれない。とっておきの場所はあまり知られない方がいいから。

ここからの景色は最高。

なんだか自分がすごく大きくなった気がする。ただ高い所にいるだけなのに・・・。

要所要所にテーブルと椅子があるが、使われたことはあるのだろうか。

調子に乗って散歩コースを案内していると、「これはいつまで続くのか」と娘からチャチャが入り、やむなく引き返す。

次回へと続く。