Category Archives: 海遊び

海の危険な生物。

雨と風の日が多く、ポークランチョンニートの旗も下ろしっぱなしです。この旗がなびいていないとなんだか寂しいです。早く穏やかな日が来てほしいです。

(この文章を書いた直後に快晴になりました!!)

さて、今年にいらしたお客様から美味しいリンゴが届きました。毒リンゴではないそうです。

なので、かねてから食べたかったアップルパイを夫に作ってもらうことにしました。早速・・・・・。

更に今年はアレンジを利かせて、クリームチーズ&ブラックチェリーソースでデコレーション。

この後、カスタードを加えたり・・・と何回か作っては周りの皆さんに試食してもらいました。私は何度食べたかわかりません。なので、アップルパイウイークは体重計に乗らないようにしていました。冬はスイーツづくりに適しているので楽しみです。

全然関係ないですが、かわいいグラスを見つけたので静佳キッチンに・・・どうぞご利用ください。

それではポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

朝のウオーキングで摘んできたお花を飾って・・・・そこら中に花が咲き誇っている宮古では花の調達が楽しみです。まあ、雑草ですが・・。

皆さんも、是非朝食前にお散歩してください。気持ちがいいですよ。

料理担当は夫です。試食品も順調に作っています。

『高級食パン』なるものが宮古でも売っていたので早速試食してみます。耳までおいしかったです。

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししております。

サンセットが綺麗に見える日は夕日のパワーを思い切り吸い込んでからお召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

我が家では「鯛めし」作りました。勿論減塩醤油でっ!!!!(笑)

静佳日記 *************

前々から行きたかった海がある。それは1~2年前に見つけていたところ。そこまでの道が見つけられず後回しになっていた。よし!!今年は行くぞ!!と覚悟を決め、下見をすること2度3度。そしてついにその日が来た。普段は一人で泳ぐのだが、今回は友達と一緒に。夏のオンシーズンが終わりかけたころから「静佳さん!!海に行きましょうよ~~~!!」と声をかけてくれていた彼女と。

初めての場所だから毎度のことながらワクワクドキドキキする。前を歩いていた夫が先にそのビーチに到達をして「すっげ~~~~~いい!!」と叫んでいた。

その声を聴いてもうなんだか心臓が飛び出そうなくらいドキドキした。(本当に飛び出したら主治医の先生は治してくれるだろうか)嗚呼、どんな景色が待っているの??

次の瞬間、目に飛び込んできたのはまるでディズニー映画の中に出てくるおとぎの国のようなビーチだった。

「きゃーーーーーー!!」友人と二人ではしゃぎまくる。人は興奮すると大きな声を出してしまうのは何故だろう。早速リビングを設営すると海へ入ることにした。見えている陰影が岩場なのか珊瑚なのかによって生き物の有無が変わる。こればっかりは覗いてみないとわからないので未だに陸からでは判断できない。凶と出るか吉と出るかは賭けのようなもの。だからこそ面白い。最初から結果がわかっているってワクワクしないもの。

興奮を抑えながら浸水。血圧が上がっちゃうから。

案の定、はじめは岩ばかりの何もいないところから始まり、

少し進むと珊瑚の森だった。

楽しくてしょうがない。そして無人島のようなビーチへと上陸する。崖の下のため陸地からは行けないビーチだ。だからこそ行ってみたかった。洞穴がありなんだか本当に無人島へ漂流してしまったかのような感覚。近くには長い年月で浸食された岩がところどころにあった。

再度、海に入る。ビーチからすぐそばのところにイソギンチャクを発見。当然彼らも住んでいた。

他にも魚たちはたくさん住んでいて、

大群に出会うとそれを追いかけまわすので、あっという間に時間が過ぎてしまった。水温は暖かいものの、そろそろ体が冷えてしまう。

海から上がってお次のお楽しみはビーチランチ。今回は珍しく私が握ったおにぎりを持ってきていた。夫が作った豚汁と共に・・・。

食後にビーチコーミングをしていると何やら不思議なものを発見。水風船のようだ。しかも水が入って膨らんでいる。水風船がこんなに長い時間しぼまないはずがないだろう。不思議な物体に「なにこれ~~~~!!!」二人で叫んで夫に見せに行くと、「カツオノエボシじゃないのか??」というもんだから大騒ぎ。だとしたら猛毒だ。思い込むと人は毒にやられる。カツオノエボシではないのにもかかわらず、手がしびれてきたから不思議だ。

カツオノエボシでないとしたらこれは何?生きているの?なんで中に水が入っているの?なんでぷよぷよしているの?なぜ透明で中が見えるの?もう不思議感でいっぱいになった。

「地球外生命体?」

そんな馬鹿な話を友達と二人ででっちあげた。よく見ると、そこら中に落ちているではないか。私たちは「地球外生命体」集めに没頭した。

後で調べてみたところ、マガタマモという植物で、南の海特有のものだった。なんでも初めて見るものには特別の好奇心を持つものだ。この「地球外生命体」のお陰で随分と笑った。笑いすぎて翌日筋肉痛になるほどだった。この宝探しがあまりにも楽しかったので、次にこのビーチへ行く時、私はこういうだろう。「地球外生命体を探しに行こう!!」と

今年もあと少し。

もう12月。あっという間にまたまた一年が終わってしまいます。強烈に長生き願望が強いわたくしは、夫と共に健康診断の結果を聞きに、また、生活指導を真剣に聞きに行ってきました。夏に手術をしてから、恐ろしいほどに健康オタクになっています。勧められた緑黄色野菜を帰りに購入。調味料も全て体にいいものに変えました。上白糖はもう使いません!!塩も精製塩なんて捨てちまえ!!ミネラルたっぷりのものを使います。体にいいと言われたらなんでもやります。やばいくらいに素直です。やらないよりはやった方がいいですから。何でもね。

買い物先でいつもこれを見ると「エイリアンの舌」に見えてしまうのは私だけでしょうか?

スーパーに寄ったとき、買い物担当の夫が言いました。「こんな【かねひで】見たことない!!」いつもは駐車場がいっぱいらしいのですが、ガラガラでした。何が起きているのでしょうか?

夫の好きな謎の緑のお菓子。なんだか懐かしいようでこれを見るといつも「食べたいなあ」と言います。でも、何故かこれは単品で売っていません。6個はいらないよねえ~~。なのでまだ買ったことがなく、私はまだ食べたことがありません。

クリーンセンターでは新たに喫煙所ができていました。必要かなあ??

なんだか飲食店の外の喫煙所のようです。

最近のお気に入りのお店でランチ。いつも混んでいるので少し時間をずらして・・・。日替わりがあるのと、家庭的な料理が魅力です。しかも宮古のよくある食堂のメニューとちょっと違うところがいいですね。

コーヒーもつきます。

宿ではクリスマスの飾り付けを11月から始めています。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

試作品もたくさん作っています。暇ですから・・・・笑

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししています。

スープカレーの日。

料理担当は夫です。宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。な、な、なんと!!連泊の方は毎日メニューが変わります。朝食もですよ~~~!!

宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ***********

宮古島での夕日はいつも宿からか、目の前の桟橋で眺める。でも、たま~~~~には違う場所に行ってみようかとなる時がある。そう思ったら行ってみよう。

一つ先のビーチへ。車で3分とかからない。

夫は「きょうつけ」をして真面目に構えた。

ちょうど沈む瞬間。

どこで見たって宮古の空は美しい。ここのいいところは橋に沈むところが見られることかな?

海を覗くと「ウミヘビ」が悠々と泳いでいるのが見えた。

ビーチにはちらほらと人の姿。反対側の空も綺麗。

たまには出かけてみるのもいいね。

そして、家に戻る。

2階へ登ってテラスからパイナガマの空を眺めた。まだ美しさの余韻が残っていたから・・・。

やっぱり・・・なんでだろう。ここからの眺めが一番落ち着く。

ビーチ横の階段では若者たちがサンセットタイムを楽しんでいるのが見えた。酒盛りかな?

この景色・・・・ホッとする。

夜はカクテルといきましょうかね~~。

おつまみはピーナッツ。沖縄限定?のものをいろいろ買ってみたけれど・・・・

やっぱりこれが一番おいしい。もう何本も買っている。

隣の公園では、何が面白いのか、子供たちが暗い中滑り台でず~~~~~~っと遊んでいた。掛け声が聞こえる。

「全員が上まで昇れるまで帰らないぞ~~!!」

こういう時必ずいる、どんくさい子。その子のお陰でかなり遅くまでみんなで遊べたようだ。

子供にとって暗くなってからの遊びって、なんだかとっても楽しい・・・ハズ。それを眺める私たちも平和を感じていた。

また、一日が終わる。

雨の宮古島

曇りの日が多く、お天気がいまいちよくならない宮古島です。

朝のパイナガマビーチもこんなに荒れ荒れ。今朝も小雨の中、ウオーキングに行きました。

パイナガマビーチの先に出来た大きな公園は宿から3~4分で行けてしまうので、ウオーキングには少し近すぎるのですが、ジョギングコースもあるので小雨の日に運動するにはちょうど良いです。

宿のハンモックに揺られる時も、ひざ掛け併用が丁度良いくらいになりました。(ウトウトするとちょっと寒く感じるので)ひざ掛けは常に用意してあるので自由に使ってくださいね。

でも、その悪天候のお陰で先日、いいものが見れました。

曇りプラス濃霧の日。いつも通りの道順で買い物に出かけた時のことです。まばゆい光を発見!!濃霧のために点けられた飛行機の誘導灯!!昼間に点いているのを初めて見ました。すごくきれい!!!!!しかも道路からすぐそこ!目の前です!!これが見られたのはかなりラッキーでした!!本当に、冴えない空のおかげですね。

それでは、ポークランチョンミートの「海が見えるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

試作品のホットドッグ三兄弟。どれもいいなあ~~。

夕食の一例です。その日のテーマによって何品かお出ししています。

目の前に広がるサンセットを眺めてからどうぞ。

背の高いほうの防波堤には階段がなく、登るのがちょっと大変です。誰かが梯子をかけてくれました。ありがとう。

宿の料理担当は夫です。宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

我が家の朝食です。大好物のサラダタコス。

お昼ごはんはイカ墨焼きそば(宮古麺)を食べに行ってきました。美味しかったです。写真を撮るのを忘れました。夫はトンカツ定食とそば。

そして私はノンアルビール♪

友人がプロデュースしたお店がオープンしたようです。是非♪

静佳日記 **********

ウミガメが見たくなって何年振りかに入る場所へ行ってきた。

まあ、海に行くときは食べもの、飲み物、椅子、etc・・・と何かと荷物が多くなるのだが、今、密かに移動の荷物の攻略法を考え中。冬はお出かけが多くなるからね。

人が少なくなっていた。そうだろうそうだろう。それにしても、何年か前に見た時よりも魚の数が増えているような・・・。ところどころの珊瑚の周りを泳ぎ倒す。

おっと!!このお魚・・・・産卵・子育ての時に気性が荒くなるらしく、嫌われているようだ。私は攻撃されたことはないけれど。すごくきれいな体をしている。顔がまるでアニメみたい。

水面下に悠々と泳ぐのは

ダツだった。

こいつも夜に電灯潜りをする際は要注意。光を向けると驚いて突進してくるらしい。口の先がとがっていて刺されると危険。そういえば夫の同級生だったか先輩に「ダツ」というあだ名の人がいた。人を刺したから???らしい。

随分と泳いだが、まるでカメに出会えなかった。こんなことは初めてだ。仕方がないのであきらめてプカプカ浮いていた。気持ちがいいこと10000%!!!

海から上がっておにぎりを食べながら海を眺める。すると、一人で海に入る若い男の子。「あいつ、大丈夫か?」夫の言葉に同調した。フィンを付けているのだがシュノーケル初心者なのか、なっちゃいない。足を海面から出して思い切りバタバタさせている。水しぶきがすごい。私たちは彼を「一人大騒ぎ君」と名付けて暫く様子を見ることにした。だって、潮に流されっぱなしだったから・・。

「一人大騒ぎ君」は、かなり遠くの方まで流されて行った。それでも戻ろうとしないのは、流されていることに気が付いていないのか、楽し過ぎるからだろう。まあ、私達が見ている限り危険はないだろうと思われた。海が荒れているわけでもないし・・・。「一人大騒ぎ君」がこちらまで戻ってきた頃に私たちは店じまいをして車へ戻った。その途中で知り合いのショップの人と何人かに出会う。

「カメがいなくなってたよ~~」と言うと、「あの~住処が変わったんです」だそう。

ウミガメもお引越しするんだね。この次は別の場所で会おう!!

12月されどまだまだ12月。

なんだか、季節感を出すわけではないけれど、ウオーターサーバーにやかんを乗せてみました。かわいいでしょう?だからと言ってお湯が沸くわけではごじゃりません。お湯はサーバーのお湯を使ってください。

もう、12月ですね。2階テラスの「海が見える 露店シャワー室」もあとどれくらいまで使えることやら・・・。

私はまだまだ海に入っていますし、宿の前の桟橋では12月に入ったというのに子供たちが夕方になると海に飛び込みにやって来ます。

皆さんの地域からはきっと想像できないでしょうね。世間はもうクリスマスですから・・。

パニパニ(元気)な子供たちは日が暮れるのが早くなった今でも暗くなるまで遊んでいます。お隣の公園ではいつものように滑り台のてっぺんに登って、夕焼け空に手が届きそう。

すぐ上を飛ぶ飛行機にも飛び乗れそうな勢いです。

先日久し振りにリサイクルショップへ行ってみたら「飲み屋の椅子」が売っていました。飲み屋の椅子って・・・・。

でも、確かに「飲み屋の椅子」ですね。そしてこんなものまで売っていました!!リサイクルショップにあるってことは売った人がいるってことですよね。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。その日のテーマによって何品かお出ししています。

ディナーの前には、夕焼け空を見に、そしてパニパニな島の子供たちの笑い声を聞きに桟橋まで出てみてくださいね。とてものんびりした、ゆったりとした気分に浸れることでしょう。心の深呼吸です。

料理担当は夫です。宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *************

少し空が明るくなってからのウオーキングはお隣の静佳ビーチがお勧め。最近は天気が目まぐるしく変わり、昨日ベタなぎだった海が今朝は大荒れ・・・なんてこともしょっちゅうで、例年とはちょっと違ってきているような気がする。

朝の海はいいものだ。

起きて間もない身体がさらに目覚めるような気がする。五感が研ぎ澄まされてゆくのがわかる。どうしても家を海のすぐそばに建てたかった訳は、この恩恵を一日中受けることができるから。少しでも離れていたなら、これほどまでに頻繁に海と付き合うことはなかっただろう。

すぐそこに海がある幸せをかみしめる。

月がまだ高く昇っている朝もある。

あまりにも空が開けているので、太陽が昇っていくにつれての空の移り変わりが毎日違うことも実感できる。

あの子達もビーチに遊びに来ていた。会うのは久しぶりだ。必ずいつも一緒にいる「4人衆」いや、「4犬衆」。どれだけ仲がいいのか、いつでも4匹で行動している。遠出だってへっちゃらさ。

猫は警戒しながらこちらを盗み見していた。

鳩の恋人達も寄り添って朝の海を眺めている。あ、恋鳩達??

子供用のマリンシューズが綺麗に並んで忘れられていた。

朝の海は本当にいいものだ。

ローラースルーゴーゴーは学校が終わるまで出番を待ち、

包丁だらけの軽トラは魚屋の証。

一つ先の公園ではクリスマスのイルミネーション用のほこらが建ち、

昼間に見たらそれは子供たちの格好の餌食になっていた。(よじ登られていた)

そして私は高校生の書いた外国人向けの看板を写真に撮り、

そっくりそのままの言語を使わせてもらった。宿の入り口に看板を作成。

高校生たちが調べた文字が間違っていたらきっとこれも間違い。一か八かだけれど、高校生達を信じよう。

家に帰ったら、いつものように朝食はテラスにて・・・・・。

宮古の海は裏切らない。

ポークランチョンミートファミリーにもうずいぶんと前から入っている元子ちゃん。彼女は宮古の海が大好きです。口癖は「宮古の海は裏切らない」。

自他ともに「元子」を名乗っていますが、本名ではないです。初めてポークランチョンミートに来た時に夫がつけたあだ名です。彼女の親友も彼女の話をするときには「元子ちゃんがね・・」と言います。だからもう、うちでは元子ちゃんでいいと思います。そんな彼女が今年に宮古へ来たのは、おそらく初めての11月。台風を避けてのチョイスだったのですが、なんと十数年ぶりの11月の台風。大した影響はなかったし、ダイビングもできたけれど、やはり空は元気な「青」を見せてくれませんでした。海の中は視界30メートルと、抜群の透明度で大満足だったそうですが、朝からもやもやの空を見上げての朝食タイムでした。

そして、今回はシュノーケリングにも挑戦。宮古はダイビングだけが海ではないですよ~~~~!!浅瀬にだって竜宮城はたくさんあるんです!!

てなわけで、待望の100%ゾッコンLOVEな夕日は見ることができませんでしたが、最後の最後まで空を眺めてから帰って行かれました。

翌日、一日遅れで意地悪な太陽が空中をまっかっかにしちゃいました。ああああ~~あ。見せたかったな~~。まあ、次回のお楽しみで!!

私のブログを読んでくれている彼女は「サンダルが道端に落ちているネタ」がお好きのよう。そんな話をしていたからか、その日、目の前の桟橋へ夕日を眺めに行った際に目についてしまいました。片方の子供用サンダル。この光景を見る度に彼女を想い出してしまいそうです。

また、裏切らない宮古で待っています。ライガーちゃんも一緒にね!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事をご紹介しましょう。

朝食の一例です。

夫の自信作。中身そば(宮古そば)。

夕食の一例です。その日のテーマによって何品かお出ししております。

中華の日。

料理担当は夫です。宿泊者限定・完全予約制・完全お任せmenuになります。宿泊予約時にお申し込みください。

我が家の朝は、たま~~~にマックに行きます。なんだか外食って楽しいから。

でも、やっぱり海を見ながらテラスで頂く、我が家のハンバーガーが一番おいしいです。

この景色とこの空気感、頬をなでる潮風・・・・。是非味わっていただきたいです。

先日、友人が作ってくれたポークランチョンミートのTシャツのお下がりを頂いたので使わせてもらっています。(友人の娘ちゃんが大きくなってサイズが合わなくなったらしいです)かっこよいでしょう~~?

静佳日記 ***********

前日に義姉からの電話。

「明日、クリスマスリースを作る教室をやるからおいでよ。」

大好きな「未来創造センター」が会場だと聞いて、友人を誘って参加することにした。丁度、複数のイベントが重なり、ものすごい人だかりだった。本当にいい場所を造ったもんだと感心する。ここへ来ると何故かワクワクしてしまう。

早速、先生(義姉)の指導のもと、リース造りが始まった。彼女は現在、「ミナト食堂」を拠点に、お惣菜造りやオードブル、ケータリングなど料理の仕事を本業としているが、たまにこういった物造りや薬草などのワークショップも手掛けている。何しろ持って生まれた天性の「センス」が素晴らしい。先ほど『拠点に』と言ったのは、食堂なのだが開いていないことが多いからだ。予約をしないとスカを食らう。天は二物を与えない。彼女が仕事をまじめにやる性格を持ち合わせていたら今頃大成していたであろうに。

そんな先生の作品(お手本)がこれだ。

やりだすと意外にものめり込み、はじめはお喋りもしていたのだが次第に真剣になっていく。すると、友人が言った。

「カメラが来ている~~~!!」

普段からヘンテコリンな発言をする子なので、また何を言っているのかと視線を向けると、そこにはNHKのカメラマンさんが立っていた。日本語に間違いはなかったようだ。

カメラを向けられ、リハーサルもなしにインタビューをされた。(メイクさんを呼んでくれればよかったのに・・)その後、義姉が物凄い至近距離での撮影で質問に答えていた。そんなにアップでカメラは壊れないのか。

「この花はなんというんですか?」

全て材料は宮古の自然から採ってきたものを使用する。その中の一つにカメラマンさんが興味を持ったようだ。ローカルなせいか、インタビュアーも照明さんも全てカメラマンさんが兼任している。

「え?名前?何だろう?静佳!!これなんて言うんだっけ?」

義姉が私に振ってきた。なんで私????

「う~~ん、私もよく摘んでくるけれど、名前は知らないなあ~~」

そう答えてから、友人にそっと伝えた。

「これね、うちの旦那は犬のチ〇ポ草って呼んでいるんだ。」

へんてこりんな発言をする友人は、その名がいたく気に入ったようで、連呼しながら大笑いしていた。おいおい!!NHKのカメラが回っているんだぞ!!

生放送でなくて良かった。

そんなこんなで、あっという間に2時間が過ぎ、生まれて初めての手作りリースが完成した。生徒同士褒めあって、写真を撮り合う。

私の作品はこれ。

夜は打ち上げと称しての宴を用意。ヘンテコリンな発言をする彼女の爆笑トークをさかなにおおいに笑った。

夫が作ってくれた麻婆焼きそばも美味しかったし、

次に出てきた料理を見て、「わ~い!たこ焼き~~!!」とヘンテコリン発言さんが大声を上げたが、どうやら本気で言っているようだった。

冬の宮古でのんびりリース造りをしたい方は「ミナト食堂」まで。(予約必須)