Category Archives: お散歩

朝日を浴びて

私は子供の頃から「観察」が好きでした。一歩外へ出るともう、キョロキョロキョロキョロ。何にでも興味を示す子供でした。お家やインテリアなど、好きなものは特に夢中になりました。それは大人になってからも変わりません。「見る」ことが大好きです。だからこの変化の多いポークランチョンミートの場所は私に合っています。日々、同じところを見ていても変化があって面白いですから。「見る」には絶好の場所です。

どこかで順番待ちをする時もキョロキョロしています。病院など、長い「待ち」の時は本を持って行くと何時間でも楽しく過ごせます。だから、意外と早く順番が来るとガッカリする時もあります。

郵便局の順番待ちの時にもキョロキョロしていたので面白いことに気が付きました。「ダイビング機材等で荷物に濡れがある場合は・・・」の注意書き。これは宮古ならではの注意書きですよね。内地の郵便局ではまず見ない。

スーパーの商品名にも目がいきます。謎めいたネーミングの「JAZZりんご」は思わず美味しそうで買ってしまいました。

シークワーサーの親玉のようなこれは「カーブチー」と書いてありました。沖縄のミカンのようです。(沖縄本島の名前かな?)

方言と言えば皆さんはこれ、なんて言っているかわかりますか?

「酒は、ナマビュウで、ビュウ フサリはダメよ!」

では、これはどうでしょう。「でーびる」も「ソーローバシ」もわかりませんよね。

「タンナファクルー」なる代物。おそらくお菓子・・・かな?パン?

全てに興味を持つと、毎日が楽しくなります。

さて、話が変わりますが、我がポークランチョンミートの孤高の料理長が作る自家製パン。皆様の朝食やディナーで活躍させていただいております。試作品のほんの一部をご紹介します。

マンゴーソースも登場です。

朝食にカレースープ。朝食のスープも手間暇かけて作ります。基本、彼は簡単にできるものより、手間がかかる料理の方が好きなようです。作ることが好きな人ですから。毎日違うものをお出ししています。

テラス席でどうぞ景色と風を楽しみながらお召し上がりください。

静佳日記 **********

「静佳さんがいつも行く朝日の所に行きたい」

そうお客さんに言われ、そういえば最近行っていなかったと思い出す。行きたいところが山ほどあるから一日が何時間あっても足りやしない。取り合えず、思い立ったが吉日を忠実に守る私は、すぐに向かうことにした。天気予報は基本見ない。朝起きた時の空で判断。日の出の時刻すら調べなかったが、神様がおまけしてくれたのか、ピッタリちょうどの時間にそこへ着いた。カメラを構えるとまさに太陽がその頭のてっぺんを覗かし始める。一人でその動きをじっと眺めた。いつも殆ど誰もいないその特等席での日の出観賞は、この空を、この太陽を、独り占めしているようで、とても贅沢な気分になる。

太陽のオレンジの光がどこまで届いているかと、後ろを振り向いた。

本当に見晴らしがいい。

展望台から降りるとその後は、太陽のおこぼれを愉しむ。とにかくシルエットが美しい。

公園に必ずある、子供の靴の忘れ物。ちゃんと帰る時に裸足かどうかを確認してね。

帰り道、私の好きな花が咲く沿道が丸裸にされていた。

どんなに刈られても野草は強い。もう、次の世代が生えてきていた。

そして『静佳ビーチ』は必須項目。

必ずと言っていいほど、朝に降り立つビーチ。ビーチを歩くのは朝だけ。昼間は泳ぐだけになる。家はビーチの端っこにあるから、ビーチを歩くことなく海へ入り、海からあがると再びビーチを歩くことなく家に帰る。

ライフセーバーの救助の練習は早朝によく見かける。

それにしても、よく忘れる子供の履物。ビーチにも散乱していた。

自転車もきっと忘れ物。数か月間置きっぱなしのような気がする。乗ってきたことを忘れるのは、もう、立派な認知症だ。

だけど、この景色・・・・嫌いじゃない。絵になっている。

一日の幸せは朝から始まった。

久し振りに来てくれてありがとう。

4年ほど前でしたでしょうか。宮古から帰ったその日の夜に「天下一品」を食べに行き、そのラーメンを直送してくれたお客様。おそらく一緒に呑んでいる時に「天下一品が食べたい!」と夫が話をしていたからでしょうね。

そんな優しい彼女が久し振りに来てくれました。女性って変わるもんですねぇ。すっかりお姉さんになっていました。またまた楽しいおしゃべりができて良かったです。今回は弾丸旅行でしたが、またゆっくり遊びに来てくださいね!!

お待ちしています!!

全く話は変わりますが、テレビで見たベトナムのコーヒーの飲み方。コンデンスミルクたっぷりのそのコーヒーを飲んでみたい!!と思っていた矢先に、偶然にも売っていたので買ってみました。(インスタントですがコンデンスも砂糖も全部入っています)

すご~~~~く美味しい!!すでにリピートしています。特にお酒が飲めない夜に丁度良い。

というのも、肝臓の数値が悪く、飲酒がドクターストップに!!

先生曰く「急にやめるといろいろと障害が出るので少しづつ減らしてください」

ん?障害が出る?

「例えば、手が震えるとか・・・」

おっと~~~~!!私はアル中と診断されたようです。

いつでも辞められる!!と意地になって2週間ほど禁酒しました。お客さんと吞む機会が多いのでしんどいですが、ノンアルコールを沢山買い込み、頑張りました。ノンアルでも雰囲気を味わえます。

そしていよいよ検査の日。今度はコレストロールがアウト~~~~~!!!

もう、いやっっ!!

我慢ばかりもつらいので、甘い物にハマる毎日。このアイス、お勧めです。

エンダーのオレンジジュースの味がする!!

更に、ナイスなもの発見。

万歳三唱。

いや、バンザイ山椒。

それでは、ポークランチョンミートのお食事のご紹介です。

朝食がパンの日は自家製パンが登場します。

料理担当は夫。スイーツも作ります。

朝食、夕食のご予約は事前にお願いします。宿泊予約時か、遅くても1週間前までに。全てが予約制ですので、急なご予約はお受けできません。ご了承ください。テラス席にてお召し上がりいただくお食事は格別な景色を堪能できます。

静佳日記 ***********

最近、お昼ごはんを外食で済ませることが多い。もう何年も行っていなかったお店を巡るのは意外と楽しい。宮古そばしかなかった「そば」も最近では「沖縄そば」のお店も増えてきている。

そばの食べ比べ。

牛汁そばには驚いた。

やっぱり私達は普通の宮古そばが好みだ。

一番好きな食堂の一番食べたいメニュー。

カレー屋さんにも久し振りに入った。

食事のついでに古い家の跡地を散策。

見事に壊してある。かなり広いお家だったに違いない。

お花畑になるほど月日が経っているのか。

よく見ると、壁に水道がついたままだった。

近くにはヤギ小屋。

のどかな時間を味わうには、もってこいの季節が到来したようだ。

宮古愛

一体、どれだけ宮古好きなのか・・・。

そんな人はざらにいます。だけど、こんなにも宮古へ頻繁に飛んでくる人たちはきっと珍しい。

まるで親戚の家に来たかのように寛ぎ、(夫が親戚のおじさん)

一人娘も初めましては1年生でした。もう4年のお付き合いですかね。

漫才コンビの様にノリツッコミも息がぴったり。

広いお庭では貝殻拾いに精を出します。

日が暮れ始めるとスパークリングの栓を抜き、

楽しかった一日の報告会。

そして、親戚の家でのホームパーティーが始まります。

結婚記念日のお祝いをした夜もありました。

線香花火は泡盛のグラスを傾けながら目の前の『庭』で・・・。

何度バイバイしても、出稼ぎに出た彼らはすぐにまた里帰りしてきます。

ママさんが「お腹が空いた!お菓子を食べたい」と言った時に「ごはんが食べられなくなるから我慢しなさい」と私が諭したのをきっかけに、私は「お母さん」と呼ばれるようになりました。そんなママさんのことを私達は「たかこさん」と呼んでいます。勿論、本当の名前は違います。何故だかわかりませんが「たかこさん」っぽかったので夫がそう呼び始めました。先日のドライブ中に、こののぼり旗を見つけた時は夫と二人でバカウケでした。「たかこさんだ~~~~~~!!」

またすぐに「たかこさん」に会えることと思います。

さて、PLM料理番長の夫は、相変らずパン作りの研究も続行中です。最近はあんこ食パンにハマっています。生食でもトーストでも美味しい!!やっぱりこれは牛乳と合いますね~~。彼の研究意欲には終わりはないようです。身体が動かなくなるまで、私達はきっと働いていることでしょう。

静佳日記 **********

娘が休みを利用して帰って来たのは少し前のことになる。

宿を始めてからというもの、私を「お母さん」と呼ぶかわいい子達は沢山いるが、「ママ」と呼ぶのは彼女だけ。(違う意味のママと呼ぶ人はいるけれど)

娘が帰ってくるときは宿の予約は受けないことにしている。私達は何事でも両立ができない。夫は娘のために沢山の肉を用意した。

私は海を見せようとドライブに連れだす。

途中で沢山のヤギに遭遇。

娘は興味がないようだ。

私もどちらかというとヤギ小屋の隣に落ちていた「茶碗」の方に魅かれた。

なぜ、こんなところに茶碗が・・・・。

だが、娘が本当にしたいことは別にある。

彼女は宿の2階テラスにあるハンモックがお気に入りの場所。どこにも行かず、ずっとハンモックに乗っていてもいいくらいのようだった。暇さえあればずっとそこにいた。夕焼け空を眺める以外は・・・。

ポークランチョンミートの一番のファンは実は彼女なのかもしれない。いや、二番目にしておこう。一番の座は譲れない。

ただ、仕事で疲れた心を癒すのは、この海でも、空でも、ハンモックでもない。きっとパパとママ。

酔っぱらってどうしようもなくなる時もあるけれど(特にママ)、誰よりも娘を想い、誰よりも娘を叱ってくれる、そして、誰よりも強い信念を見せつけてくる、そんな存在が彼女を奮い立たせていることに間違いはないだろう。

お久しぶりです。

宮古島は今、初夏の気候です。このブログも今、宿のテラスで書いていますが、なんという風の気持ち良さ・・・。もう、一日中ここに座っていたいです。(あ、もうすぐランチ営業だ!!)

台風もなんとか逃れ、前回の台風では被害は蚊取り線香だけでした。うっかり仕舞い忘れた蚊取り線香は雨に濡れ、乾かしたら素敵なオブジェになりました!!これはこれでいいかも!?

さて、毎年いらして下さるご家族は、帰る時にまた次の夏の予約をして下さいます。ポークランチョンミートで一番予約が早いお客様。かなりのアウトドア派で、バイクからマリンスポーツ、DIYと多彩な趣味を持っていらっしゃいます。勿論、宮古へはダイビング目的で。息子さんはどうやら私の夫が好きらしい♡。

彼らを見ていると、本当に人生は楽しんだもの勝ち!!って、そう思えます。

この世でみんなに平等に与えられているものは「時間」です。そして一番大切なことはその「時間」をどう活用するか。どうせ同じ時間を過ごすのであれば、楽しい方がいいに決まっている!!つべこべ言わずに楽しむべし!!!

きっと来年もこの笑顔を見せに来てくださいますね。お待ちしております!!

話は変わりますが、近所の漁師さんが捕ってきた伊勢海老を見せてもらいました。何と大きい!!夫の顔のゆうに倍はあります。すごいですね~~。

そして、ようやくプロジェクターの大画面が設置されました。ライブを見るのも、映画を見るのも、申し分ない大迫力!!だって横幅は約3メートルもあるんです。数々のスピーカーを駆使し、コンクリートの壁&天井の効果でまるで映画館の中のような音響。念願叶って夫も嬉しそうです。

静佳日記 **********

朝のウオーキング。

朝日を背に受け、最高に美味しい空気を身体に吸い込みながら歩く。

その日に目指したのは、宿から20分ほどの、これまた近所ではお気に入りの場所の一つ。目的地に着くと、遊歩道の先端を目指した。オレンジ色の東屋はいつも宿から眺めている場所。

そこからの眺めは、海と陸地。陸地はまるで香港?行ったことはないけれど・・・。

その後は迷路のような坂道を登って、

登って、

展望台へ。

ここに登ったのには訳があった。いつもは素晴らしい眺めが目的だったが、

その日はここに建つ予定のセレブリティーなホテルの現場監督になったつもりで進行状況をチェック。

これは随分前の撮影。今はもっと進んでいる。眺望は360度ぐるりと・・・。ミルキーウエイも見られる。

そしてお気に入りの階段から降りる。

階段から続く南国並木道は、いつも不思議な感じがしてならない。ある位置まで歩くと、必ず風が吹き出す。ざわざわざわ・・・。この風に揺れる葉の音が、何かがささやきかけているように思えて仕方がない。まるで異次元の道を通っているような感覚。けっして怖いものではなく、例えるなら、宮崎駿ワールドに登場する「子供」になっちゃった感じ。

だからいつもここで「クスクス」と笑ってしまう。それを見る人がいたらきっと慌てて逃げるだろうな。

そして再び遊歩道を進むと、

今度はケビンコスナーが歩いた「フィールドオブドリームス」のコーン畑のような道を通る。何故、それを連想したかというと、先が見えないから。

最後は、宇宙と交信できるBBQ場(きっと初めはそうだった)に辿り着いてそのテーマパークは終わる。

お土産はいつも野花や野草。うまくいけば「しずかだん」に移植できるから楽しい。

楽しみとは人に与えられるものではなく、自分で見つけるもの。私はそう思っている。

とんこつ醤油が宮古そばに恋をした。

私の夫は人生の大半を飲食の職に捧げてきました。普通のサラリーマンならもう定年の年数です。

そんなに働いてきたのに、彼はいつも言います。「自分は料理人ではない」と。その理由はただ一つ。「すごい料理人が世の中にはたくさんいる」「だから自分のことを料理人と呼ぶのはおこがましい」と。

それでも彼はいつの時代も料理に関しては徹底的でした。一つのものにハマるとのめり込み方が半端ないんです。

ラーメンはその中のほんの一部です。今まで様々なラーメンを作ってきました。シンプルな志那そばから、韓国、台湾ラーメンに至るまで。

東京で営んでいた居酒屋ではたまにお勧めで提供するカレーラーメンとオロチョンラーメンが人気でした。

そして、今、彼は豚骨スープにのめりこんでいます。

何がどうしてそうなったのか、もう記憶にないですが、気が付いたらそうなっていました。

数々の試作を繰り返し、自分の味を見つけたようです。宮古そばとの相性も抜群!!その名も、

「とんこつ醤油が宮古そばに恋をした」

限定ランチにてお披露目いたします。3枚肉を使ったトロトロチャーシューもどうぞご賞味あれ。

と言うわけで、夜のお任せコースは暫くお休みしております。皆様にはご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。彼の熱意がまたそちらに向かったらきっと再開すると思います。今はそっと彼のとんこつへの愛を暖かく見守っていてください、ませ。

静佳日記 **********

暫くの間、朝のウオーキングができていない。

あの朝日を見に行ったのはいつのことだったろう。写真を見返しながらその時のことを思い出そうとしている。

その日は時間に余裕があった。いつものようにてっぺんを目指し、宿から10分ほど歩く。坂道がきつく感じられるようになったのは、年のせいだとは思いたくない。

ちょうどいいタイミングでお日様が昇ろうとしていた。

何度来てもこの景色はいい。いつも誰もいないので独り占めの空。太陽が頭を見せ始めた。赤ちゃんの誕生を連想させる瞬間。私は自分の出産を見たことはないが、夫は第一子の誕生の一部始終を目に焼きつけている。意外と男ってやつは気が弱いらしく、二人目の時は立ち合いを辞退した。

赤ちゃんがこの世界に頭を覗かせた時よりもはるかにゆっくりだが、その真ん丸なオレンジ色の憎い奴は、瞬く間に全貌をお披露目する。

そして、電波塔の上にちょこんと乗っかった。

静かにその様子を眺めていると、なぜだかパワーがみなぎってくるように思えるから不思議だ。よし、今日も一日を大切に過ごそう。

振り返って、宿の廻りの海を見下ろす。私のお城は小さすぎて見えない。

そこからの歩きは、どこもかしこもまるで絵画の様な景色を楽しむことができる。

幹の形が魅力的な樹を眺め(あ、この樹、あれだね)、

カンガルーの赤ちゃん!?に、ほっこりし、

静佳ビーチを眺めて帰る。

ただそれだけの繰り返しなのに、また行きたくなるのは何故だろう。この朝の儀式があるのとないのとでは一日がまるで違ってくる。

お土産に積んだ花を飾って、

夫の作ったパンを試食。

もう、十分じゃないの?

と思うけれど、もっともっと!!!が止まらない彼は、もっと美味しいパンを目指して毎日、粉と戦っている。お日様のパワーをもらっていない日陰人間が、どうしてこんなにもバイタリティーがあるのだろう?

よ~~~~し!!私も頑張るぞ!!!!