Category Archives: 釣り

宮古島ケンちゃん

宮古まもる君は有名ですが、宮古島ケンちゃんって知っていますか?

宮古島ケンちゃんはとてもいい男です。頭がいいし、優しいし、ジョーダンは通じるし、お酒も飲める。しかもイケメンです。宮古島ケンちゃんは宮古中どこにでも出没します。

池間島のハート岩にも出かけるし、

パイナガマの朝の散歩もします。

お酒を飲みにも出かけます。

先日の奄美のお店にも勿論宮古島ケンちゃんはお邪魔しました。

お父さんとお母さんの大好きなスヌーピーのお店にも出かけます。

ポークランチョンミートのテラスでの朝ごはんも召し上がります。

クリスマスリース作りにも顔を出しました。

スーパーの野菜売り場にも登場します。

宮古島ケンちゃんは以前、ポークランチョンミートに飾ってある「柳沢慎吾」に成りすました男です。そのまま彼は宮古島ケンちゃんとして宮古に残ることになりました。彼を見かけたら是非声をかけてあげてくださいね。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です

朝食の一例です。

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししています。

美しく移り変わる空を特等席でご覧ください。

料理担当は夫です。宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ***********

何かでチラシを見つけ、ずっと行ってみたかったカヤックツアー。そのショップ名から絶対に地元の人がやっている・・そう思っていた。同じく、カヤックに行きたい!!と言っていた友人と共に、朝10時に予約を入れた。ショップの場所は朝のウオーキングで下見済み。到着後、「乗ったことはありますか?」「二人だけで行きますか?」の問いに、両方「はい」と答える。目と鼻の先にある無人島へ行くツアーだったため、二人だけでも不安はなかった。早速カヤックに乗り込んで出発進行~~!!久しぶりだったが難なくこなせた。

あっという間に無人島へ到着。

なんときれいな浜だろう。海水は透き通っていた。

休憩所も作られている。勿論座ってみた。

取り合えず、島を一周してみよう。

ポッカリ空いた穴から向こう側に海が見える。

先に進んだ私をこの穴から友人のカメラが捉えていたようだ。

回り込むと延々尖った岩場だったため足場が悪く、海へ入って一周することにした。

膝までも浸からない浅瀬だった。回り込んでいくと、岸からは見えないもう一つの島が見えてきた。ワクワクする。

近くまで行くと、砂地が現れ、地続きになっている。

本当に小さな島なので、ここから初めの場所まではすぐ。途中は様々な地形で面白かった。

海水の入った穴場を見つけては、温泉だ~~!トイレだ~~!と大騒ぎし、底なし砂(蟻地獄??)の場所では足がズブズブと沈んでいき、またまた大騒ぎ。そして小魚の超大群が飛び跳ねる度に私達は大きな大きな歓声を上げた。ここではどんなに大きな声を出しても誰にも聞こえない。私は釣竿を持ってくればよかったと後悔し、友人は車にコーヒーのポットを置いてきたことを残念がった。

小さな島だが、夢が膨らむ。トムソーヤになった気分は、千葉のキャンプを想い出させた。あの頃と違うのは、海が素晴らしくきれいなこと。

1時間の所要時間を満喫し、とても真面目な私達は時間通りに、いや、それよりやや早くゴールの出発地点を目指した。

「幸せだね~~~~」と合言葉を唱えながら。

すると突然友人が叫んだ。「〇▽だ~~~~~!!」滑舌が悪いのか興奮しているからなのか、最初は聞き取れずに何度も聞き直した。聞き取れた瞬間に彼女が指さす方に「ウミガメ」を発見!!プカプカと水面に浮いているではないか。写真を撮ろうとバシャバシャッ、シャッターを切ったが捉えることはできず。

そのうち声に気が付いたのか、ウミガメがゆっくりとまっすぐこちらを見た。

確かに何秒間か目が合った。

カメも私も固まった。

そして次の瞬間、彼は沈んでいった。きっとやばい奴らがいたと思ったに違いない。慌ててオールを漕いだがもう追いつくことはできなかった。

予期しなかったサプライズもあり、とても楽しい時間を過ごすことができた。

岸へ着くと、暫く店主とおしゃべりをした。お互いに自己紹介。城辺出身の彼は、「もう二十何年内地にいて、最近帰ってきたばかり。すっかりナイチャーになっているよ~」と言ったが、いやいやいや・・・すっかりなまっているよ~~~。どこから見ても宮古だね。と、心の中でツッコミを入れた。

まだまだこの事業は始めたばかりらしいが、これからの野望を聞き、自分のことのようにワクワクした。この出会いはとても有意義だったと思う。私は私でこの先この無人島での遊びに夢が膨らんでいる。次回はシュノーケルも持っていこう。

困ったことにカヤックが欲しくなってしまった。

宮古の遊びに限界はない。

好きなことしましょう。

東京の石井さんから紹介していただきました。

そうおっしゃってご予約をしてくださったお客様。たまたま宮古でダイビングをした際に、たまたま私たちの東京時代のお客様の石井さんとおしゃべりをしたそうです。ポークランチョンミートのことは以前から知っていたといいます。すごいご縁ですね。今回もダイビングでの来島です。

多趣味な彼は自転車も持参でいらっしいました。山登りもされるそうです。私たちと同年代ですが、かなりアクティブでスポーツ万能。良い刺激を受けました。年を言い訳に、病気を言い訳に、時間がないを言い訳に・・・チャレンジしなくなるのは人生、損しちゃいますよね。

トライアスロンの応援など、これからも宮古へは来る予定がいっぱいの彼。回を重ねるごとに宮古の新たな魅力に気が付いてほしいと思います。

この次はご家族もご一緒に是非お待ちしております。

さて、広島の皆様、朗報です。国内線初!!広島⇔宮古間のチャーター便が就航です。これからどんどん飛んでほしいですね。広島のあゆみちゃん、見ていますか?

そして地元の新聞ネタをもう一丁!!

今は環境衛生週間なのだそうです。ごみに対する意識は一人一人が持たなければ意味がありません。私は私なりの私にできる活動を普段から心がけています。

ただ、気になったのは、10月1日が「浄化槽の日」ということです。浄化槽の日って何するの??

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

新たな食パンを見つけたのでサンドイッチで試食です。う~~~ん!!美味しい!!

付け合わせのサラダのドレッシングはピーナツ入り。こちらも新レシピです。GOOD!!

そしてデザートのヨーグルトの組み合わせがVerry Goodでした。

朝食前にお隣のパイナガマビーチへ散歩に出るのもいいでしょう。波の音と、さわやかな景色が一日のスタートを最上級のものにしてくれるはずです。ビーチへは隣の公園を横切って数十秒で降りられます。この恵まれた環境がポークランチョンミートの自慢です。

朝からビーチで釣りをしている人もいます。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *********

宿の前の桟橋は最高。

もうこのフレーズはポークランチョンミートを建ててから何百回も使っているが、本当の本当に最高だと思っているから仕方がない。

毎日毎日、ここでの光景を朝から晩まで私は眺めている。ある時は塀の上に寝転ぶ人を見つけ、「羨まし~~~~~~~~~~~~~い!!」

世界中の「自由」を手に入れたかのような解放感は、ここで過ごしたことがある人にしかわからない。私はこの「自由」の虜になっている一人だ。

そして、ある時は海へと飛び込む子供達。1年のうち半分以上はこの光景を見続けている。休憩している子供たちがアスファルトに寝そべっているのは熱くなっている地面で冷えた身体を温めているから。太陽が与えてくれた天然の岩盤浴だ。私の大好きな光景。思わず顔がほころんでしまう。

そしてここにも岩盤浴を満喫している男の子。何故か子供達は仰向けになる子がいない。お腹を温めるためなのか・・・本能が自然の摂理を理解しているように思える。これほどまでに絶景の岩盤浴って、ある?

いつもは宿のテラスから眺めているだけの私も、どうしても我慢が出来なくなる時がある。そういう時は、時間が許す限り飛び出していく。

その日、桟橋から見た空は、天地創造だった。(イメージだけど)

横を見ると、釣りを楽しむ子供達。

この桟橋へやってくる人は、みんないい顔をしている。幸せな時間を与えてくれる場所。みんなが笑顔になれる場所。

いつの間にか私は、日々を穏やかに過ごすためにこの桟橋がなくてはならないものになっている。


楽しさ♡最強!!

去年、衝撃的な登場をされたご家族。

今年は来ないのかねえ~~?と夫と話していると・・・・・・

キタぁ~~~~~~~ッ!!!!!

ご予約メールがっ!!今回も印象的なメール内容でした。今年は同僚のご夫婦もお誘いしての団体戦です。お引越しの如く、大量の荷物と共に帰ってきたウルトラマン。どれだけ遊びの道具を持参してきたのか・・・・・。

末っ子ちゃんもお友達を沢山連れてきてくれました。

お友達はみんなが海に行っている間、お部屋でお留守番。3匹で楽しく遊んでいたようです。

新鮮な空気と共に朝ご飯を召し上がり、

朝食の後は作戦会議。何故、みんなで海を背にして横並び?な大人たち。

宮古の海を泳ぎ倒し、夜は乾杯からの、

花火です。

泊まっているお姉さん達に誘われました。アンパンマンが見える花火の眼鏡に大人たちが大はしゃぎ!!

大人の時間は魔法の水で盛り上がり、

夫が別人になったかと思ったら

帰ってきたウルトラマンこと「まじめさん」はもっと別の人になってしまいました!!70年代のフォーク歌手??

変身した彼を直視できない同僚の奥さん。

そして毎回ポークランチョンミートからある光景を見せつけられていた「まじめさん」は、その魔力(魅力?)に取りつかれてしまったようです。

そうです!!あの、夏の風物詩!!桟橋からの子供達の飛び込みです!!

同僚さんを誘って、今度こそ!!!と勢いよく飛び込みました!!ちょうどその時、私はチェックインのご案内をしており、その一部始終を2階のテラスから目撃しておりました。

もう思い残すことはない・・・・そうです。

誰だって、あれを見ていたら飛び込みたくなっちゃいますよね~~~!!

かくいうわたくしめも、ここに住んで最初の年に飛び込みを済ませております。嫌がるお客さんを無理やり誘って・・・。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、私たちのもとへ新たな「ポークランチョンミートファミリー」を連れてきてくれた彼らはまた都会のジャングルへと戻っていきました。一日中笑顔が絶えない愉快な仲良し夫婦をご紹介いただきありがとうございました。とっても忘れられない出会いになりました。初対面の奥さんには夫の印象がインプットされたようです。

「真実は一つ!!」ではなく、「真実は1割!!」

・・・残りの9割は「エロ」だそうです。(小さな声でっっっ!!)

お別れの記念撮影の時間です。・・って違うでしょう~~~!!お客さんが中心ですよ!!

だから~~お客さんがメインですってば~~!!

いやいや。負けじとお客さんもカメラに入り込む入り込む。

最後にはちゃんと撮りましょうね。

また、絶対、絶対、来てくださいね~~!!お待ちしていま~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

海と空を眺めるダイニングの名にふさわしい空の日が続いております。是非、この素晴らしい空を眺めにいらしてくださいね。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *********

ながらくお休みしていた宮古島探検隊。

少しづつ、また、島を巡りに繰り出すことにした。

南へ向かうといつのまにか整備された場所に出くわす。工事をしていることすら知らなかった。キツネにつままれたよう。

階段は見晴らしのいい東屋へと続いていたが、今回は疲れちゃうのでパス。また次回のお楽しみにとっておこう。

下りの階段もやめておいた。降りたら登らなければならないので。

平坦な道を進むと、絶景ポイントにたどり着く。なんとも素晴らしい眺め。これが船ならさながらタイタニック号だろう。両手を広げたくなる大海原。

真下をのぞき込むとちょっと怖いが、クリスタルブルーの波が見ていて飽きない。

「魚が釣れそうだな」

そっちの方が気になる夫は釣り場を探しに歩き出していた。獣道が釣り場へと誘導してくれる。

「冬になったらここにゆっくり釣りをしに来ようね」

そんな約束ごとが山ほどあり、いつも全部を叶えられずに冬が終わってしまう。今年の冬も忙しくなりそうだ。

島ではもう慣れっこになっているハズだが、さすがにこの場所でこれを見るのは・・・・・ね。脱いだら持って帰りましょうよ~~~!!

おかえりなさい。

前回職場の後輩と一緒に来てくれた彼は、今回は大学の同期のお友達を連れてきてくれました。宮古の日差しは体験済のハズなのに、前浜ビーチでオイルを塗っての昼寝。そんな無謀なことをする人がいるなんて私たちには信じられませんが、目の前にいたんです。案の定、日焼けではなくやけどに近い状態で、熱を出さなかっただけでも不幸中の幸い。夜は氷で冷やしながら一緒に呑みました。

スニーカーが趣味の彼。そのコアぶりに「スニーカー好き」を自称していた夫もたじたじ。いろいろと教わりました。そして、将来は宮古へ移住してきて「開業」の夢も語らいました。宮古のお年寄りにとってのスーパースターになるべく、是非移住してきてくださいね。楽しみにしています。

さて、最近は海でいろいろな石を拾うのが楽しみです。様々な色の岩を波が削ってできた芸術品。まん丸のものを見つけると波のパワーを感じます。オイル付けにしてみたり・・・と、宿のあちらこちらに飾っています。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

ポークランチョンミートは夕日に向かって建っていますので朝日は後ろ側です。是非、少しだけ早起きをして宿の前の桟橋まで足を延ばしてください。(徒歩でほんの数秒です)そこから眺める朝日もなかなかいいものです

夕食の一例です。

夕日を眺めながらテラスのカウンター席でお召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

料理担当は夫です。夫が作るソーセージエッグマフィン。なかなかの食べ応えです。

先日、宿の外壁にアニメのような虫を発見。ナナフシと言います。すごく面白くてずっと見入ってしまいました。ファーブル静佳になった瞬間です。

静佳日記 **********

海に行くときは必ずしも泳ぐときばかりではない。たまに、ドライブがてらよそのビーチへと繰り出すことがある。

夏はお天気がいいので海も絶好調。

釣りをする時間はないけれど、魚を探す夫。これってうちの前の桟橋でよく見る光景だな。いつも誰かが海をのぞき込んでいる。

帰り道に少し遠回りをすると、「君の家」という民宿を見つけた。私がイメージする民宿はこんなだな。普通のお家。

そして、思わず二度見の光景。団地の入り口に駐車されていたのは・・・・

トラクターだった。ちょうどのサイズが何故かしっくりとくる。

ただ海を見に行く。

そんなドライブができるのも宮古ならではの楽しみ方ではないだろうか。

   のんびりいこうね。

2代目キャッツアイ。

2代目キャッツアイの3姉妹。

いつも3姉妹で遊びに来てくれます。今回は二女のかわいこちゃんがウエディングフォトを撮るために来島。初めて会う未来の旦那様は、と~~~~~ってもいい男でした。性格の良さが顔全体ににじみ出ているんですね~~。私は、接客業をかれこれうん十年。そして、宿という仕事を最後に始めて・・数えきれない人達を見てきました。なので、少しだけ人を見る目が養われていると思っています。

アメリカンでしっかりしている彼女と、優しくて純粋な彼。きっといい家庭を築いていくことと思います。花嫁さんは私たちの娘と同い年。夫を「宮古のパパ」と呼んでくれる彼女達がかわいいBabyを見せに来てくれる日を楽しみにしています。

さて、6月の「ラッキーテューズデイ」はジャークチキンサンド。気に入ってしまったのでまたまたお昼に今度はTake Out。「時間がないから家で食べようね。」のハズでしたが、珍しく夫のほうから「海で食べようか」。家を通り越して桟橋に車を停めて・・・。気持ちがいい風でした。相変わらずオレンジスラッシュの一口目は冷たすぎて息ができなくなります。食道を通過するのがわかるくらい冷たい。皆さんも焦って一気に飲むのはやめましょう。食道がフリーズしてしまいます。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

そして、そして・・・・昨日見たときは野球チームができるまでの数になっていた我が家のゴーヤ君。今朝見に行ったら11っ子まで増えていました!!楽しすぎるゴーヤ作り。来年はもっと植えましょうね~~。

静佳日記 **********

あっという間に一日が終わってしまう季節の到来。それでも年々自分の時間を作る工夫が増えていく。夕方の桟橋での読書はその代表格。もう、日が暮れだすとソワソワしてしまう。この気持ちよさを知ってしまったら最後、さながら「中毒患者」と言えるだろう。仕事があるのでタイミングが合わなければ行けないわけなのだが、それはもう夫の協力を得てできること。感謝しなければいけない。

桟橋の上に陣取ると、雲に見え隠れしながら降りてくる夕日。時々、本の誌面から目をそらしてそれを眺める。

ここで聞く、全ての音が心地よいBGMとなる。船の音、それが作る岸壁に押し寄せる水の音、飛行機の音、降り投げる竿のシュッという音。音がしない図書館では、私はリラックスできない。家に帰ると「今度は釣竿を持って行って垂らしながらがいいな」と夫に言うも、いつも行くときには忘れてしまう。

飛行機の音に空を見上げると、長~~~~~~~~い飛行機雲が続く。その始まりはずっとずっと右の方。

そこから正面はまっすぐと横に伸び、

その線を目で追っていく先に飛行機がいた。まだまだ線を描き続けている。

今まで見た中で一番長いものかもしれない。

自然と人工物がうまく調和されている。限りなくゆったりとした時間を過ごせる一人だけの時間。なんという贅沢なひと時なのだろう。わずか2,30分で残りの23時間半分を完全充電。

100歳になってもこの時間を大切にしていきたいと思う。

宿へ戻ると、お客さんは外食へと出かけてもう誰もいない。それでは、私たちのテラスのリビングにて晩酌を始めよう。

この日の夕食はステーキだった。やったね!!パパ!明日はホームランだ!!