Category Archives: 周辺案内

だって好きなんだもん💛

宮古に完全にハマってしまった人達をもう何人も見てきました。(ま、自分も、ですが・・・)

この人もそのうちの一人です。この時は初めて妹さんといらっしゃいました。話には伺っておりましたのが、想像していた感じと全然違っていた妹さんを私達はとっても大好きになっちゃいました。初めてとは思えない近親さに、ついつい昔からのお友達のような気にさせて頂きました。

また、是非宮古に遊びに来てくださいね~~。お姉さんの回数を超えるくらいにお待ちしていま~~~す!!

さて、ポークランチョンミートの一階は飲食店です。コロナ禍をきっかけにリニューアルオープンし、完全に2階の「宿」と切り離してから、数年が経ちます。様々な形でお料理とお飲み物をご提供してきました。これから先も続けていきたいと思っております。もともとの生業が飲食店ですから、やっぱり楽しいです。『好きこそものの上手なれ』という言葉に恥じないためにも、日々精進して頑張る・・つもりでいますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

宿泊の方は朝食と夕食を一週間前までにご予約いただければ一階の飲食店にてお召し上がり頂けます。2名様からですが、他のお客様のご予約が入っている日はお一人様でもお受けします。

朝食は7時と8時の2部制です。こんな風に朝日があたる海を眺めながらテラスのカウンター席にてお召し上がり下さい。

お隣はビーチですが、真正面は船着き場の桟橋です。たまに、こんなふうにクレーンで持ち上げられる船を見学することもできます。

夏の間は朝によく虹が出ます。

また、夕食はサンセットとその後の朱く染まる夕焼け空のグラデーションを眺めながらゆっくりとどうぞ。これだけでも「宮古へ来て良かった」と思って頂けることでしょう。日常ではなかなか経験できない素敵な時間の過ごし方です。テラス席でどうぞ。

日没前には、目の前の桟橋から海へ飛び込む地元の子供達のエンターテイメントショーを見ることができます。ジャニーズ顔負けのバック転も!!!

また、暗くなってくると、海に浮かぶ船の灯りが物凄くいい味を出してくれます。

『ここはどこの国ですか?』

いつもテラスに座っていると思います。

皆様もどうぞ、ポークランチョンミートで海外旅行の気分を味わってくださいね。

※料理はすべてお任せですが、Instagram → plm385 や、ホームページ内にて写真を掲載していますのでご覧ください。

宮古島に台風がやってくる可能性が出てきました。お隣のパイナガマビーチのクラゲ除けネットを今朝、クレーン車で水揚げです。テラスで朝食を食べている時に見ていました。あ~~~あ。私も明日から忙しいな~~と思いながら・・・・。停電は嫌だけど、珊瑚のことを考えるとやっぱり台風は朗報です。台風さん、思い切り海をかき混ぜてね~~~。でも、陸地への攻撃はお手柔らかに・・・。

静佳日記 *****************

PLMの廻りは朝のウオーキングには事欠かない。ただ街を歩くのもいいけれど、やはり景色を楽しむのが醍醐味だろう。一番近くに景色を楽しめるのは今更言うまでもない「パイナガマビーチ」

朝のビーチは格別で、ここに来るといつも「泳ぎたい!」衝動をおさえるのが大変だ。

公園も豊富にある。写真は冬のものだが、樹々を眺めるのも楽しい。自然の摂理を生で感じられる。

近くにスケートボードの練習場もあって割と新しい。

勿論、港内も散歩コースの一つ。船を物色して夢が広がる。

そして宮古のもう一つの魅力である空も楽しい。いつでも空は近いのだが、朝に感じるそれは特別な感がある。

運が良ければ、夜が明けたのにもかかわらず取り残されたお月様。

半世紀も生きてきて、恥ずかしながら自然界の色々を私は知らずに過ごしていた。島で生活をするようになって徐々にわかってきた沢山のことを今は楽しむことができている。島に来て失ったものは思いつかないが、得たものは多い。そしてこれからも、その進化を楽しんでいきたいと思っている。

ウエディング

以前、宮古島に転勤で来ていた若者が、花嫁さんを連れて帰ってきました。目的は新婚旅行とウエディングフォト。勿論、宮古の海の中も覗きます。それよりなにより、すご~~く人がいい彼を、昔の上司や同僚が放っておくわけがありません。BBQにオトーリにと、お付き合いが大変そうでした。彼の人徳ですね。一番最初に彼を紹介してくれた東京の友人とは惜しくも一日ずれた来島で会うことができなかったのが残念ですが、今はいい時代です、ビデオ電話で繋がっていました。

花嫁さんも本当にいい娘で、見ている周りの人までなんだかほんわりと幸せな気持ちになってしまう、素敵なカップルでした。いつまでもお幸せに!!

さてさて、ポークランチョンミートの孤独なシェフさんは、魚介系スープのつけ麺も完成させたのですが、なかなかランチに登場させることができません。限定の日を設けるしかないですかね。

冷やしタンタン麺も、もう夏が終わる頃に発売かしら?

自分のタイミングでやりたい

という彼の意思を尊重して、私は気長に待ちます。皆様も気長にお待ちくださいね~~~。ここは宮古ですから、焦らない、焦らない。

私は新しい看板を作りました。これを作った初めの頃はランチの定休日を設けていたのですが、やはり宿の食事との両立は難しく、今は不定休にてやらせていただいております。お休みの日はInstagram(plm385)やツイッターなどでお知らせしていますのでどうぞそちらをご参照ください。ちなみに16日まではランチをお休みします。

宿泊者様の朝食、夕食は相変わらず一週間前までに2名様からのご予約となっております。世の中のすべてが値上げになり、お食事も値上げをさせていただきました。(その分、宿泊料が一部値下げです。)

宿から眺めるサンセットが自慢です。夕食時間はサンセットタイムに合わせて季節ごとに設定しています。テラスのカウンター席にて、壮大な美しい空を眺めながら、どうぞゆっくりとお召し上がりください。お酒の種類も豊富に取り揃えております。

時々、カブトムシもお邪魔しますよ~~(笑)

静佳日記 ***********************

よく行くビーチがある。勿論、目的はシュノーケリング。

ひとかき海を進めばもうそこはメルヘンの世界。

そして枝珊瑚の森。

珊瑚が豊富ということは、勿論お魚も沢山住んでいる。

そして・・・・・・・次回へと続く・・・・。

お久しぶり過ぎますね。

気が付くと、あっという間に一月が過ぎています。こわいこわい。

もっと一日が長ければいいのに・・・と思う毎日です。なんとブログも随分更新していませんでした。歳をとるごとに忙しく働きまわることは、きっといいことです。はい。やることがあるって、幸せなことですから。それにしても時間がない!!!神様!!どうか私の一日だけ36時間にしてください!!!!

本日と明日はランチも宿もお休み。昨夜は久し振りに夜の街へと繰り出し、最近お友達になった移住者のご夫婦と盛り上がりました。本当に楽しい人達です。出会いに感謝!!

帰りには「アンポルキヤ」に出会い、大騒ぎ。格闘技の選手でユーチューバーらしいのですが、そのカタカナ名に私は何が何だかわからず・・・・。あとで聞くと「安保瑠輝也」というれっきとした日本人。しかも漢字名。(笑) もう一人のユーチューバー(名前を忘れました)とも取り合えず撮影に参加した私。

YouTubeを見ない時代遅れの私はちょっと浮世離れ化が進んでいるのかもしれません。皆様はご存知ですか?

本日の休みは何もしないと決めた夫はテレビの前から動きません。私はというと、朝からペンキを塗り、美容院を予約し、ブログの更新を頑張るという、普段できないことを片っ端から片づけ続けています。やっぱり仕事になっちゃうんですよね~~。休みの日も・・・。

ということで、話題は今では希少な(笑)宿のお客様へ移行!!

初めましてとは思えないほどフレンドリーだったご夫婦。自然にお話が弾みました。

少し体調がすぐれない中でのご旅行でしたが、のんびり海を巡り、非日常の中で自然と体調も回復していい思い出ができたことでしょう。奥様はジープ島にまで行ったことがあるというダイバーさん。近い未来に宮古島でのダイビングを実現させてくださいね。次回は是非3人で遊びに来てください!!

さて、宮古島にもショッピングモール的なものが誕生し、早速遊びに行ってきました。なんだか宮古じゃないみたいな雰囲気にちょっと違和感。取り合えず食べ物は押さえておかないと~~ということで、大阪王将と和風亭とリトルマーメイドは制覇しました。王将に行った時、楽しみにしていたランチビールがなかったので、楽しみが半減・・・。和風亭で飲んだビールは最高でした。やっぱりランチタイムはビールに限ります。

私はパスタの中で一番大好きなのがカルボナーラ。自分でも何百回作ったかわかりません。なので子供たちは私のカルボナーラが今でもお気に入り。ですが、7年も作っていないのでもう、自信がありません。今では夫におねだりします。

お客様の夕食にも登場しますので、タイミングが合えばご賞味ください。

テラス席は毎日夕日が綺麗です。この空を眺めながらのディナータイムはなかなか普段味わえるものではないでしょう。

雨上がりの夕日もいいものです。地面が濡れているとそこへ夕日の朱が反射して・・・。

朝食は1600円、夕食は2800円です。2名様から一週間前までのご予約にて承ります。それ以降はプラス200円またはお受けできない場合もございます。(※他のお客様のご予約がある日は1名様でも可)

静佳日記 ************

PLMの周辺には遺跡や文化財など、歴史を学べるものが数多く点在している。

代表的なものの中に人頭税の石の跡。その昔、この石より身長が上になった人は税金を払わなければならないという時代があったそうだ。

数少ない「ミャーカ」と呼ばれるお墓も近くで見ることができる。島中で数えるほどしか残っていない。

その昔、島を統治していた豊見親(とぅーみゃー)のお墓もほどなく近い。

歴史を辿る散歩コースもあり、オレンジの看板の通りに巡ると面白い。

注意をしてみると、至る所に案内看板があり、歴史好きにはたまらない探索が体験できる。

案内看板も参考になるだろう。

私は朝に一人で歩いて廻るのが好き。旅行で来島する方は、雨の日の過ごし方や、または時間に余裕があるのんびり旅行の際にいかがだろうか。

サボりがちですみません。

少し前の話になりますが、新聞で見た宮古の行事。大漁、航海安全祈願の行事なのですが、「ユッカヌヒー」と呼ぶそうです。なんで?と思って考えます。よく見ると、旧暦の5月4日に行うからなんですね。4日だから「ヨッカの日」→→なまると「ユッカヌヒー」・・・・なるほどね~~。「ジュウロクニチ」と同じくらい単純な名称でした。こういうのを知れば知るほど、宮古って面白いんです。

さて、仕事の関係もあり、滅多に外食に出れないのですが、久し振りに出かけたランチ。友人のカフェでポークランチョンミート!!を食べました。皆さん、これがポークランチョンミートですよ!内地の人にはSPAMといえばわかる人が多いと思います。よく質問されるので参考までに。

そして、とんかつ屋さんにも行きました。宮古で一番のとんかつ屋さんがやっていなかったので別のお店に・・・・。

ランチと言えば、ポークランチョンミートもランチ営業をしています。メニューは鶏白湯宮古そばオンリーです。麺は中華麺もご用意があります。中華麺にしたらそれはもう100%ラーメンですね。笑

セットメニューにミニ丼もいくつかあります。たまにとんこつ醤油や魚介系やみそ等の進化系も登場します。

「作りたいものを作りたいときに」というのが我が家のシェフのやり方なので、私でも読めません。Instagram(plm385)にてお知らせしていますのでご参考までに。

こんなご時世なので、入り口や至る所に「消毒スプレー」を常備しています。ご利用下さい。

佐賀の高級海苔をお客様から頂いたのですが、ラーメンに使うのはちょっと難しいですね。すぐに溶けてしまいます。濃厚で、まるで岩のりを食べているかのような美味しさです。

テラスの海を眺めるカウンター席に、『しずかだん』のこぼれ種から花が育ちました。ちょうどカウンターからヒョイっと顔を出し、花瓶いらずの自生花です。

その先の景色は夕方になるとこんな感じで、ディナータイムを非日常の世界へと誘って(いざなって)くれます。ポークランチョンミートから見えるもの全てが、ポークランチョンミートの自慢です。

心の栄養を蓄えにいらっしゃいませんか?

静佳日記 ****************

ある夜、テレビを見ていた夫がいきなり叫んだ。

「これ、宮古じゃないか!?いや、絶対、宮古だろ。」

「なに、なに?何のこと?」

画面を見ていなかった私は当然の疑問を夫にぶつける。

運よく録画だった為、巻き戻してくれたCMの映像を見て納得。

「うん、宮古だねぇ~」

缶チューハイのCMだった。そのまばゆいほどの白とブルーは間違いなく宮古のどこかにある風景。

「狩俣の方のどこかのビーチかな?」

夫の推理を受け入れながら、私の記憶をフル回転させる。ビーチの景色なら自信がある。相当廻ったからね。すぐに答えは出た。

「明日買い物のついでに行ってみようよ!!」

思い立ったら即実行の病気は相変わらず健在で、翌日にはその場所へ向かっていた。

全くというほど外に出ていない夫は、久し振りに外を、しかも歩きにくい砂浜を歩き、それはそれでいい運動になった。私もパイナガマ以外のビーチはご無沙汰だったので、目がキョロキョロしてしまう。勝手に名付けた『花火』も久しぶりに見た。葉が花火のように広がっている。

そして、私の読みは大正解。誤算は天気が悪かったのと、大潮の干潮時で潮が引きすぎていたこと。

それを除けばCMと同じ画がそこにあった。

こんなにも素晴らしい景色がすぐ近くにある幸せを改めて実感。そして、夫は一言。

「氷結を買って来ればよかったなぁ~」

梅雨の合間の快晴!!!

先日、スーパーへ買い物に行った時のこと。出口で見つけた小さな生肉の塊。

何故こんなものが落ちるのお~~~~~~~!!!!???

そしてコンビニに寄った時。外の注意書きに書かれた文字を二度見。

もう、記憶の片隅にしまってしまった昔の言葉。「カーステレオ」!!

日々の暮らしの中で「クスッ」と笑えることに出会えるとなんだか楽しくなりますね。「クスッ」を見つけるのは割と得意な方です。子供の頃から好奇心が強く、どこへ行っても何でも徹底的に「観察」をするのが癖でしたから・・・。

さて、いいお天気が続いている宮古島です。

空が晴れている日は素敵な夕日を眺めながらのサンセットディナーがお勧めです。

ポークランチョンミートから眺める空の写真です。

お料理の一例はこちら。

宿泊の方の朝食・夕食は一週間前までのご予約が必要です。それ以降はプラス200円、もしくはお受けできないこともございます。2名様からですが、他の方のご予約が入っている場合はお一人様でもお受けいたします。詳しくはホームページをご覧ください。http://www.miyakojimap.com

静佳日記 ****************

前回の続き・・・。

いつも通りの海の中を覗いた後、もっと沖まで行ってみよう!!という友人の言葉に押され、グングン沖に停泊するダイビング船の近くまで泳いで行った。

珊瑚のお花畑にはいつも癒される。

そして、そこはダイバーさんに人気のいわゆる「地形ポイント」だったようだ。色々なところに割れ目があり、

中が見えないようなところも・・・。

そしてその下を通っているであろうダイバーさんの呼吸の証しが昇ってくる。なんて綺麗なんだろう!!暫くその泡が作るスポットライトを楽しんだ。

勿論、魚の鑑賞もできる。下の写真の黒い魚はどこでも見ることができるのだが、これを見ると、エーゲ海で乗ったグラスボートを想い出す。ただの石ころと、黒い魚だけを見せるためのグラスボートなんて詐欺じゃない!!と憤慨したのを覚えている。宮古の海を先に知っていたから仕方がない。順番が逆だったら良かった。

暫くすると美しい魚の大群が・・・。

暫く、いや、かなりの時間追いかけて楽しんだ。

お陰で友人とはぐれてしまい、再び出会えるのに一苦労してしまった。

我を忘れるというのはこういうことを指すのだろう。

我を忘れるほど、楽しいことが人生には必要だ。それを山ほど与えてくれるこの島に感謝。