Category Archives: 宮古島のあれこれ

いつもの子たち。

いつぐらいからでしょうか?いつも定番で来てくれるようになりました。

メンバーは変わりますがいつもチーム女子の旅行です。そしてポークランチョンミートで毎回恒例の行事もあります。

今年は同級生のお友達4人での仲良し旅行。もしも台風で天気が悪かったら・・・と宮古に着いて早々ドン・キホーテで「人生ゲーム」を買ってきました。が、一度も使ったのを見たことがありませんでした。

今回は夜な夜な一緒に酒盛りをしていたので、私たちももっと仲良くなることができたと思います。娘とほぼ同い年の彼女たちの恋愛相談に乗ったり・・・・。いつもくつろいで過ごしている彼女たちを見ていると、娘が友達を連れて帰ってきているような気分になります。

また次回ものんびりしに来てくださいね~~。待ってま~~~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

風が強い日が多くなりましたが、その「風」に当たるのもまた気持ちがいいテラスのカウンター席にてどうぞお召し上がりください。

夕食の一例です。

ディナータイムもテラス席にて夕焼け空から星空まで・・・・・

宿の入り口付近にあるタイル張りのベンチ。私たちはよく夕方にここへ座って海と空を眺めていますが、ここからの眺めもまた大好きなシーンの一つです。

ベンチの正面にハンモックヨガも設置しました。なんとも気持ちがいいことこの上なし!!です。何をするのも「海と空」を眺めながら・・・が欠かせない私です。

そして、西日除けのパラソルを少し前から設置しています。可動式のため丁度いい塩梅で気に入っています。

話は変わりますが、食堂のお昼ごはんはいつも決まったものしか注文していなかったので、「なんでも食べよう週間」を実施しています。メニューはどこも一緒ですがお店ごとに味が違っていて面白いんです。皆さんも宮古の味をどうぞ。

静佳日記 **********

愛してやまないパイナガマのお風呂。数十日ぶりに入ったらもう止まらなくなってしまい、連日ドボン。

海はいつも同じだと思っている人が多い。一度コンディションが悪い日に入って印象が悪いともうそこはダメ!!とレッテルを張ってしまいがちだけれど、そんなことをしていたらもったいない。海は365日違う顔を持っているのだから。毎日のように同じ海に入っているとそれが一目瞭然になってくる。毎回違うからこそ面白い。「今日はどんな感じかな?」「どんな発見があるのだろう」それこそワクワクの宝庫である。何百回もパイナガマで泳いでいる私でさえ、常に新しい発見がある。私が今まで気が付かなかっただけのただの馬鹿ではない。と思う。

海のコンディションが悪い日は、悪いからこその楽しみを見つければいいだけのこと。例えば、曇りの日。海の中は暗くてきれいに見えないかもしれない。だけれども、大の字になって仰向けに海に浮かぶポーズは晴れの日にはむかない。太陽がまぶしくてとてもいられないから。でも曇りの日はずーーっと仰向けになっていても大丈夫。大きな海が母親だとすれば、大の字で浮かんでいる私は母親の懐に包まれた生まれたての子供のよう。何も考えずにただ浮いていると、まるで地球のベッドに横たわっているようで爽快な気分になる。ゆらゆらと揺れる波がその心地良さをかさ増ししてくれる。

そして、海中探索はお風呂の真ん中まで。そこから戻るくらいが今の許される時間。

こんなものを観察しながら戻っていく。

そろそろ上がろうかと浅瀬に向かった時に、突然目の前をピュシューピュシューと細い小魚がものすごいスピードで私を囲んでグルグル廻った。さっきまでの魚たちが優雅な「鯛やヒラメの舞い踊り」だとしたら、この子達はいつも時間に追われている「都会の魚」のようだ。

驚いたときに頭の中でおねえ言葉になるのは何故だろう。

「あんたたち!!何なのよ!!」

その素早い動きに目を回しながら面白がって見ていると、そいつは急に現れた。

体長7,80センチはあるだろうか?海の中なので正確な大きさはわからない。とにかく目の前を通過するそれを見たときは必ず頭の中ではなく声に出て「おおおおおおお~~~~~~!!!」となる。

「今度こそ撮影してやるぞ!!こちとらカメラを持ってきているんじゃい!!」

非常事態になると頭の中にはいろんな言語が登場する。

私は魚には疎いが、G.T(ロウニンアジ)の子供だよね??だって「つがい」でいるもん。

その巨体は、悠々と私の目の前を行ったり来たりしている。息を殺し、身体を硬直させてシャッターチャンスを狙った。

私の存在に気が付かないのか、はたまた相手にもしていないのかは定かではないが、まるで私に警戒しない彼らの様子に、なんだか海の世界の仲間に入れてもらったようで嬉しかった。

早くこの写真を夫に見せびらかせたくて(自分でも確かめたくて)急いで海から上がった。我が家からは夫が準備しているお昼ごはんのいい匂いが漂っていた。

一生の思い出。

新婚さん!いらっしゃ~~~い!!

新婚ほやほやもほやほやのカップルです。な、な、なんと!!チェックインしたその日にその足で宮古島市役所に婚姻届けを出してきました。

初々しいお二人はいつも仲良し。おそろいのカエルの目の指輪が光ります。のんびりと宮古タイムをくつろいでいい思い出ができたでしょうか?

最後にチェキで一緒に撮った写真をいただきました。これからのお二人の人生に幸多かれと祈ります。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KICHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

なかみそばの日。(宮古そばです)

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

テラスのカウンター席にてお召し上がりいただけます。空の移り変わりを味わいながらお召し上がりください。

お昼ごはんに久し振りのファミリーレストランへ行ってきました。ファミリーレストラン=食堂です。かつ丼が450円なんて!!ミニ(宮古)そばも付けられます。

さて、うちの周りではよく撮影をしている姿を見かけるのですが、昨日は「ゆきぽよ」?が来ていると大騒ぎ。私はその人を知らないので見てもあまり興奮しないのだけれど、高校生たちはみるみる集まってきていました。

紫のTシャツがその人だよ!!という情報を頼りに私もちょっとミーハーしてきました。

それでもこの映像はいつ放送されるのかわかりません。いつものようにテレビで見ることはないんだろうな。

静佳日記 ************

もう、パイナガマの海が恋しくて恋しくて小石食って・・・・どうにもならないので、最近また昼風呂よろしくパイナガマの海にどっぷりと浸かっている。久し振りの風呂は少しひんやりと感じたが、まあ数秒泳いでいるとじきにぬるくなってくるから大丈夫。まず初めに出迎えてくれたクマノミちゃんが「お帰り」と言ってくれた。・・・ハズはなく、侵入者に威嚇の体当たりを試みている。その可愛らしさに、しばらくその場を動けなくなった。少し離れては潜って近づく・・・また離れては潜ってそっと近づく・・・その繰り返しを幾度したかわからない。そう。ついに私は再び水中カメラを手に入れたのだった。自分の失敗で失くしてしまった以上、簡単に購入することを控えていたのだが、そろそろもう時効だろう。「あ~~あ。水中カメラがあったらいいのにな」と遠回しの独り言(夫に向けて)を言い続け、やっと暗黙の了解を得たのであった。そっと近づくのを繰り返すのは、そのカメラに決定的な瞬間を収めるため。この行為が楽しくて楽しくてしょうがない。水中カメラを発明してくれた方に感謝!!

とぼけた顔だけれど、その素早さはドリー並み。

散々ここで遊んでからいつものブロッコリー畑へと進んでいった。ここはお魚ちゃんがうじゃうじゃいるところ。でも近寄るとすぐに逃げるので追いかけるのが大変だ。その大変さがまた面白さを倍増させてくれる。

追いかけっこを終えると、そろそろタイムリミットだ。おうちに帰らなければいけない。働き者のシンデレラはまだまだ仕事の途中。ゆっくりと泳いで岸へと戻る。

あ~~~~~~あ。楽しかった。

この大きなお風呂が我が家の庭。この幸せは何にも代えがたいものであると日々感謝を忘れない。自然の恵みにありがとう。

世界中で愛されるポークランチョンミート

普段海外のお客様はお受けしておりません。

なぜって?

私たち、日本語と宮古ふつ(宮古方言)しか喋れないからです。

今回は日本語でお申込みいただいた為、香港からのお客様をお受けしました。女性の一人旅です。でも・・・・!!いざお会いするとほぼ会話は英語・・・チェックインからマリンツアー等の質問を受け困っていると、同時にチェックインの手続きをしていたお客様がペラペラペラ~~~~~っと流ちょうな英語で同時通訳!!

なんとその方のお仕事は、外国人専門のツアーコンダクターだったのです。そんなまさかな偶然もあるのですね~~~。

すっかり通訳でお世話になっちゃいました。

そのお陰で香港からのお客様とも一緒に呑むこともでき、より深く宮古を味わっていただくことができたと思います。感謝感謝です。

一人旅の彼女からは香港で売られている「ポークランチョンミート」の缶詰をお土産に頂きました。宮古と香港の仲良し風景です。

彼女とはその後、翻訳機能でメールのやり取りが続きました。私たちが香港に遊びに行った際には宜しくお願いいたしま~~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

宿の後側(街側)から朝日が昇ります。

料理担当は夫です。朝食の新メニューの試作品を作りました。「昭和の喫茶店プレート」らしいのですが、どうみてもランチのボリュームです。ちょっと改良の余地ありですのでメニュー入りは保留となりました。ヘルズキッチンのランチの部が誕生したら・・・・・・ですね。

夕食の一例です。

鉄板ジュージュー焼き。

たいていはテラスのカウンター席にてお召し上がりいただきますので、様々な空をお楽しみいただけると思います。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

お昼ごはんに大好きな三練蕎麦を作ってもらいました。う~~~んやっぱりおいしい!!

そして私は久しぶりに料理を作りました。1年ぶりくらいかな?料理といってもただのマカロニサラダです。マカロニサラダが大好きすぎて、売っているものでは全然満足できないんです。なので自分で作るのが一番おいしい。自分の好みを熟知していますから。もうちょっとおかわり・・・・が果てしなく続きました。

もっと料理ができる時間があればいいのになあ~~~~。1日があと6時間あったら幸せです。しかもその6時間は世界がストップする架空の6時間で、各々好きなことをするためだけの時間。そうしたらきっと世界は平和になるのだろうな。だって、自分が満ち足りていると人を攻撃しなくなると思うんです。

なんて、よくくだらないことを想像してはニヤついている変な奴なんです・・私。

最後に、夫が大きなタラバガニを捕りました。

なんて嘘です。北海道から届きました。

カニの甲羅はカニピラフを載せて・・・・

静佳日記 *********

昨日、久し振りの虹が出た。そういえば虹って主に夏にしか見ない。まだまだ宮古は夏が続くというメッセージだったのかな?

さて、メッセージと言えば、先日カメを助けた夫は竜宮城へと行くことができるのだろうか。車を走らせている時に偶然見つけた、道路をゆっくりと渡るカメ。急に車を止めて助けに行く夫はいつになくかっこよかった。

でも、竜宮城に行ってくると帰ってきた時にお爺さんになってしまうので、遠慮しておいたほうがいいだろう。他のことでいいことが返ってきますように・・・。

姉妹で宮古…なんか流行っています。

一人旅の女の子。はじめは一人で宮古入りするつもりだったそうですが、急遽お姉さんも参加。よって別々の宿に泊まることになりました。でも、行動はもちろん一緒。毎朝レンタカーでお姉さんがお迎えに・・・。宮古の海で心身共に癒されたでしょうか?この次はお姉さんんも是非ポークランチョンニートに泊まってくださいね~~。お待ちしていま~~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「空と海を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

海風が絶好調に心地よい季節の到来です。是非、テラスのカウンター席にて体感してみてくださいね。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

ディナータイムも素敵な空が待っていますよ。

お昼に夫が徳島ラーメンを作ってくれました。

最後にお知らせです。美味しいと評判のお豆腐を作っていた「はるおばあ」のお孫さんがおいしい島豆腐を受け継いでいるそうです。その名も「まごどうふ」。島の駅で販売中で~~す。

静佳日記***************

年がら年中、私は模様替えをしている。

自分の部屋もだが、宿のスペースも然り。それはほんの少しの、誰も気が付かないところだったり、大胆にイメージチェンジをしたり、業者の方にお願いして大制作をしたり・・・・。とにかくいつもどこかをいじっていないと気が済まない性格のようだ。

少し前に室内の共用スペースのソファーを処分した。代わりに押し入れで眠っていたアウトドアなイスを2脚置いてみる。ガラス越しに海が臨めるのでそちらを向けて配置した。うん。リラックスできていい感じ。

これで調子に乗った私は、風が吹き抜ける共用スペースの模様替えも手掛けた。テーブルの面積を縮小して置いたのは・・・・・

東京にいたころからキャンプで大活躍だった、大のお気に入りのディベッド。これだけは処分できなかった。もう寝ころんだ時の居心地のいいことと言ったら・・・・。「天国のベッド」と呼んでいる。

こちらもせっかくだから海に向けて置こう。

持ち主本人が一番気に入っているので、昼間誰もいない時間に寝ころんでみる。

最高なのはもう寝ころぶ前からわかっていた。

あまりの気持ちよさに、今日はここでこのブログを書くことにした。足を投げ出して自由な格好で。

頬をなでる風が心地よい。

目の前には空。

そして海。

スマイル君と目が合っってしまった。

ここで仕事をしようと思ったのが間違いのもと。ほんの数分で眠気が支配し、すぐにパソコンを投げ出してテラスのハンモックへと逃避行。すぐに眠りについてしまった。丁度よいお昼寝タイム。

つかの間の「ポークランチョンミート貸し切り」を満喫した。

満足。満足。

懐かしい人

東京で居酒屋を営んでいた時のお客様が遊びに来てくれました。

当時は上司に連れられてよく来てくれていた「若い子」でしたが、今では1児のパパさん!!5年という月日を感じてしまいました。

懐かしい当時の「メニュー」の名前などが飛び交い、少しの間タイムトリップしちゃいました。楽しい時間をありがとうございました。いつか宮古へ移住する夢を絶対叶えてくださいね。頑張って!!

先日、宮古に近づいた台風「ミートク」ちゃんは、気象庁の脅しをうまく裏切りました。飛行機は全便欠航になったけれど、「え?風吹いていないけど??」な不思議な状況でした。「本物の台風を見てみたい!!」と意気込んでいたお客様も肩すかし。そんなこともあるでしょう。自然は誰にも読めませんから。だから自然は偉大なんです。女性が偉大なのも、心が読めないから・・・・ですね。(ちょっと古いかな?)

当日の朝は、嫌な感じがするほど不気味な朱い空が広がっていました。あまり見ない朱です。嫌な感じが嫌な前兆にならなくて良かったです。

宿の前、6時前の空です。

宿の後側です。

夏の風物詩「虹」もぐんと見える日が減ってきました。

お隣のパイナガマビーチでは、台風だよっって言っているのに素知らぬ顔で泳ぐ人たち。まあ、365日の日課ですからね。

今年はあと何回台風がやってくるのでしょうか・・・。

さて、それではポークランチョンミートの「空と海を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *********************

数日前にポークランチョンミートの後ろの道路、ここから歩いて数十歩のところに屋台風のお店がオープンした。いつも宿のテラスで呑んでいる時に気になっていたのである夜夫と二人で覗いてみることにした。タコスやタコライス、エビの塩焼き焼きや焼き鳥?等々、炭の台やフライヤーなどの設備もあってちょっとしたおつまみとお酒が楽しめる。観光のお客さんがホテルへ帰る前にちょっともう一杯!!な利用が多いようだ。私たちもテラスで呑んで、部屋に入る前にちょっともう一杯!!で行ってきた。観光客のカップルとおしゃべりしたり、地元の女の子とも仲良くなった。スーパーで働いている彼女はいつも行く夫のことを知っていた。彼はよく顔を覚えられる。特徴のない私はどこへ行っても全然覚えられないけれど・・・

今回は私のことも覚えていてね~~。また呑みましょう!