Category Archives: お散歩

旧友。

高校の同級生が遊びに来てくれました。

最後に会ったときはまだ小学生だった息子君も今年からなんと私達の母校の高校に通います。お父さんお母さん共に同級生なので、これは本当にすごいことですね。おめでとう。

日頃の仕事の忙しさから、いつも宮古へ来るときは「何もしたくない」という大人たち。3回ほど宮古には来ていますが、伊良部大橋と一回だけ行った新城海岸くらいしか知りません。興味もないようです。

なので、親はほっといて、息子君とSUPをすることにしました。宿の隣のパイナガマビーチにて。彼ははここが大好きなんだそうです。嬉しいですね~~~。

少し遠征して見せてあげたい場所がありました。小さな門をくぐると現れる不思議な場所。海からしか入れません。ここだけ珊瑚が綺麗です。

奥には、そこだけ海の色が違う場所があります。

潜ってみても、いつも底が見えないんですよね~~~~。ここは。すごく神秘的!!

しばらくそこで遊びました。まったく音のしない世界です。まさにパワースポット!!

水中カメラの充電が切れるという、情けないハプニングもあり、撮影はここで終わってしまいましたが、ここからまた大冒険へと繰り出しました。

彼もクタクタになったらしいのですが、私だってもう彼の3倍以上の年ですから~~~!!翌日は全身の筋肉痛と戦いました。

旧友との懐かしい青春話しも、息子君の手品も、一緒に食べた沖縄料理のお店も、全てが楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。これもコロナのお陰かな?忙しかったらそうはいかなかったから。

最後に桟橋から眺めた夕日。息子君が「あれは何?」と言ったセリフに驚いてしまった私。「太陽が何であんな色になるの??」え?え?え?夕日を見たことがないの?東京の太陽は朱く染まらないの?彼も驚いていたけれど、それよりもっと私は驚いた!!

きっと東京にいたら空を見ることがないんだね。

彼らが帰った後の夕日がまたすごかった。見せてあげたかったなあ~~~。

またいつか、ひょっこり遊びに来てちょーだい!!楽しみにしていま~~~す!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししております。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 **********

朝のウオーキング。

歩いているとよく看板を見るのだが、宮古の看板は信用できない。以前のお店の看板を消していないところが多く、今現在のお店は何屋なのかをきちんと見極める必要がある。

そしてまた新たな疑問を投げかける看板を見つけた。

日本語に直すと「ヨガと  」・・・・何?

「マーねえちゃん」は以前から知っていたが、先日昼間に通りかかった時に初めて人がいるのを見た。ガラス戸が少し開いていて、ママらしき女性がおじぃ相手に呑んでいた。昼呑みOKなのか!!!!!

店名の命名も楽しいところが多い。

「ハッピー卓球場」

そして、葉っぱの中には猫。

車の上には電子レンジ。

太陽にほえろ。

いつも見ている景色も、見方の角度を変えると新鮮だ。

そしてまた日が昇る。毎日同じことの繰り返しだけれど少しづつ違う。それを見る自分も少しずつ変わっていっている。成長したり、後退したり・・・。一歩進んで三歩下がろう。結果、ちょっとづつでも進めばいい。

その日港から廻って帰ると、海が今まで見たことのない彩になっていた。

イカが釣りたいの~~~~!!

釣りに行ったが全く釣れなかった日。持参したお弁当はそのまま持って帰ってきて目の前の桟橋にて食べることにしました。何故か宮古風カツ丼をどんぶりのまま持って行っていました。やっぱりカツ丼はどんぶりだね。

砂浜では上半身裸で走る子供たち。元気がいいねーー。そういえばもう宮古は海開きです。

今朝、いつも通りテラスで朝食を食べながら何となく桟橋を見ていると、どうやらイカが釣れた模様です。急いで見に行きました。(上の写真の所です)

馬鹿デカい!!!!!!!!

写真を撮らせてもらおうとしましたが、大きさがわかりづらい。ちょうど子供が来たので「ちょっとここに並んで!!比較対象物が欲しいんだけど・・・」すぐに喜んで寝っ転がる子供たち。「イカさんとどっちが大きい?」

かっわいいね~~~~~~!!二人とも手は「ピース」のつもりです。左の子のピースはうちの娘の小さい時と同じ!!するとお父さんも「自分の携帯でも撮って!!」というのでカメラマンになりました。(笑)

またまたうちの旦那様はイカを逃しました。「パイナガマで唯一イカを釣っていない男」です。

さて、宮古に来たばかりの頃はケーキ屋さんがないなぁと思っていましたが、だいぶ増えてきたようです。(知らなかっただけのお店もたくさんありますが)先日、新しいケーキ屋さんに行ってきました。誰かの為でなく自分のためにケーキを買ったのは初めてかも??

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニングHELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

****** 静佳日記 ************

朝のウオーキング。

もう100万回(うそ)色々なところを歩いているが、私の好奇心は決して止まることがない。前の日に車で走っていて気になったところがあると、翌朝目が覚めた瞬間にそこへ行ってこの目で確かめたいという衝動が私の背中を押してくれる。お陰で毎日が楽しい。

その朝はもう何度も通っている道。このお寺も知ってはいるが入ったことはない。

看板だけ見つけて未だに昼間営業中に行けていないお店。

こんなところにも昔の井戸の跡。

普通のお家のようだけれど、看板がある!!可愛いね。(本当はお店だったらごめんなさい)

壁はインスタ映え~~~?

とても楽しそうなガレージがあった。いろいろと創造意欲がわきそうだ。

壁にペイントのお家もいろいろ見てきたが、これまた個性的。芸術が爆発しそうだ。

自然卵を買いたいけれど、何時頃に行ったらいいのかわからない。無人売り場はそこここにあるが、昼間は歩かないので売り物に出会ったことがない。今度こそは・・・・。

好きな場所の一つに私が「植物園」と呼んでいるところがある。誰が植えたのかわからないが、沢山の種類の植物が生い茂っている場所。ここの近くに来たら必ずこの通りを歩く。

おっと。オシロイバナを発見。宮古にもあるんだね。子供の頃はこれでよく遊んだものだ。懐かしくてつい種を持って帰った。種を割って中の粉でおしろいにするためではなく、「しずかだん」に植えるため。うまく育つかな?

パパイア王国も出来ている。ものすごい数で、実がなる時が楽しみ。

ここにもまた植物に飲み込まれようとしているバイクが。頭隠して尻隠さず。

なんとなく振り返ると、いつもそこに朝日がいる。平らな島ならではの特権。

お土産に花を摘んで帰ろう。

美味しい朝食が待っているから・・・。

朝日を浴びて・・・・。

私にとっての朝日を眺める特等席がたくさんあります。何故かというと、朝、暗いうちからウオーキングに出るからです。色々な方面で沢山好きな場所があります。写真はある日のある特等席から見た朝日です。真ん丸で綺麗でした。写真では見にくいですが、家々と太陽の間に厚い雲があり、そこからヒョイっと出てきたばかりの朝日です。こんなサプライズが嬉しいです。

夕陽は宿から毎日見ていますが、朝日は少し歩かないと見れません。当り前ですね。反対側ですから。2階にある街側の客室からは朝焼けの空がきれいに見える時もありますよ。

さて、ご近所さんに頂いたお菓子。黒糖入りのスポンジケーキのように見えますが、実はもちのようなもの。

名前を見たら、「みそナントゥー」と書いてある。名前を見たってそれが何なのかわからないものが多い宮古島。取り合えず食べてみるべし!!

さて、「しずかだん」は新芽で賑わっています。

片っ端から種をまいたり、株分けしたり・・・それが実を結んだようです。それにしても多すぎて何が何の芽なのかわからないのです。義姉がある日「これ、すごく増えるから」とくれたプチトマト。仰せの通りにトマトをそのまま土に埋めました。一番多い芽がそれかな?予想した葉っぱを少しちぎって香りを嗅いでみました。「おおおおおーーーー!!トマトだ!!」見た目ではわからないけど、何故か私はトマトの葉っぱの匂いがわかります。(また違っていたりして・・)

さらにフーチバ(ヨモギ)らしき芽もでてきました。

そして、海辺に生えている植物は今まで移植に失敗してばかりだったのですが、今回初めて成功のよう。うまく育っています。

どれも自然の中にあったものを連れてきて増やしました。やはり野生児は強いですね。

苗から買ってきたのはこれくらいでしょうか。パセリもすくすく育っています。

驚いたのは植えた覚えのないキノコがいること。あなた達、どこから来たの?

さらには、ずいぶん前に植えた茄子の木。すごく大きく伸びているのに、いつまでたっても茄子ができない。最近私は気が付いたんです。(うすうす気が付いてはいたのですが)ずーーーーーーと茄子だと思っていたこの植物↓

実はこいつだったようです。↓(よく道路わきに生えているやつ)

どうやらオクラの二の舞だったようです。茄子だと信じて水を上げていたのに・・・。しかもこんな植物植えた覚えがない!!植物に詳しい義姉にそれを伝えると、真剣な目をして「へ~~~そうか。こいつが茄子の木を飲み込んじゃったんだ」・・・・・「飲み込んだ?」彼女、本当に植物に詳しいの?

自然界では摩訶不思議が起こってもいいんです。ここは宮古だし・・・。

さて、それではポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししております。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

料理担当は夫です。最近、お肉を挽くことにハマっている夫。今度は牛肉を挽いて変わりミートソースの試作品。

まだまだ試作品ですからドンドン改良していきますよ~~~~。

静佳日記 **********

静佳日記が釣りバカ日誌になりそうな勢いで釣りに出かけている。

その日の釣り場には、漁港を選んだ。少しドライブを楽しみながら出かけよう。

畑の中に大きな大きな丸太のような建物を発見。トイレかな?倉庫かな?

いつもと走る道順を変えるだけで色々なものと遭遇するものだ。今度は葉タバコのバイト募集の看板。なんとも不思議だが、引き付けられる絵。ということは趣旨は成功している。

勉強会に参加してからすっかり「みやーか」(宮古の独特なお墓)博士になってしまった私は、初めて見る「みゃーか」を見逃さない。こんなところにもあったのか・・・。車を止めて見学。

そして、釣り場に到着。ここも何回か来ている場所。早速始めよう。

ちょっと棚を見てみるね。夫がそう言って竿を振った途端にヒット!!綺麗な黄色のお魚さん。

続けて私も釣りあげた。

そこからトントン拍子。

気持ちがいいのでちょっと座ってビールを開ける。今話題の「コロナ」。

ところが、調子に乗ってビールを飲みすぎると大変なことになる。そこにはトイレがなかった!!次回からはチェックをしてからビールを飲もう。

その日に夫が作ったお弁当は「茶色弁当」。唐揚げに魚のフライにメンチカツに肉じゃが。いうなれば男弁だな。決して豪華ではないけれど海で食べれば最高さ。私達の海遊びには「お昼ごはん」は欠かせない。これがあるだけでキャンプ気分が盛り上がる。

写真の他にもう一匹釣れて、その日は終了。この場所は立て続けに向かうこととなる。釣りは楽しいけれど、SUPはどうした~~~~??まあ、ぼちぼちといきましょうか。

宮古島探検隊

友人に誘われて、ワークショップに行ってきました。コロナウイルスもなんのその。宮古では結構こういう集まりは中止にならないんですね。

タイル張りは得意中の得意です。

思っていたよりも上手にできました。

その日の夜、息子に自慢すると「それ、何に使うの?」

だからよね~~~。何にしようか。

取り合えず深く考えずに夜は家族でたこ焼きパーティー!!モズク入りのたこ焼きを作りました。

美味しかったです。またやりたいな。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *********

その日は初めから歩くつもりで出かけた。私よりもずっとずっと運動不足の夫の尻をたたき・・・・。

目的地までは車を走らせ、後は自由気ままに冒険の旅。

潮どまりの池に見える場所がすぐに現れた。地図は見ないで歩いた方が楽しいので、それは唐突な出現だった。

へえ、ここからジェットも走らせるのかしら?

もしかしたら会社なのかも?入り口からして馬鹿でかい。

バイクが今にも植物と同化しそうな現場。じきに飲み込まれることだろう。

居酒屋はあるにはあるが入り口はやはり植物に飲み込まれ・・・・。

いつものように花や植物を観察しながら歩く。

すると、どこかの国の秘境の村に突然文明人が入り込んできたかのような驚き方を見せる子犬たち。カメラを向けると、「そ、それは何の武器じゃい?」と言わんばかりに草むらの奥に隠れてしまった。そこにお家があるのかい?

どうやらお向かいに寝そべっているこの方がお母さんらしい。たくさん産んだね。隣で威張っているのが旦那かな?ということは子供たちはハーフということになる。見かけと違って母ちゃんの血が強いんだね。

通りに出ると、いつも気になってはいたが車で通りすぎていたスロット屋さん「LUCKY」を覗いてみる。

やはり閉店していたのか・・・。

だが、従業員は募集している。

映画の撮影場所にもってこいの「ホテル」

やはり閉店していた。途中で建物がぶった切られている。

古いものは姿を消してゆき、新しいものが造られる。風情を考えるとちょっと寂しい。

ガソリンスタンドはゴーカートのレンタルショップに生まれ変わる。

私の好きな花の一つ「ひまわりもどき」(勝手に命名)は、田舎の方でしか出会わない。遭遇するといつも嬉しくなる。

以前、摘んで帰ったことがあるが、寿命はたった一日だけだった。

翌朝起きてみると、犬がしょんぼりと耳を垂らした状態のようになっていた。気の毒なのでもう摘まない。

そこからまた自生している花々を鑑賞しながら歩く。

なんとも言えない淡い桃色が個性的なこれまた大好きな雑草が生い茂る場所にも遭遇。嬉しい。

見つけると摘んでくるので、宿ではよく飾っている。

また、お初にお目にかかる植物もまだまだ多い。

この日の目的の一つでもあるSUPのコースの下見。地図上では繋がっていても、こんな小さなトンネルじゃあ通れない。

電柱の墓場も見つけた。人類の滅亡を描いた近未来の映画の中に飛び込んだような感覚。どの電柱も電線がない。

大きな庭園風の広い敷地にお家が見えた。ゴルフ場かと間違えてしまうほどの大きな庭が羨ましい。

さらにの驚きは、まさにアマゾンのようなジャングルを見つけたこと。南国の背の高い樹木が水辺に生い茂る様は圧巻だった。

ここ、どこの国だっけ?

工房も見つけた。

そして、行ってみたかったランチのお店に辿り着く。沢山歩いたのでご褒美のビール。カロリー的には歩いたことが全部無駄になるやつ。

食後のおやつにテイクアウトのてんぷら屋さんへ向かった。もうこれで歩く前より太ったに違いない。絶対に。

最後に寄った漁港では面白そうな乗り物が浮いていた。

これでこの日はおしまい。次回の計画を練りながら帰った。

パリ(キビ畑)の空から。

フランス人のお客様。但し、日本に住んでいて、日本語もペラペラでした。フランスの大学で日本語を学んだそうです。日本語への最初の興味は小学生の時。同じ文字でもたくさんの意味、読み方があることへの衝撃だったそうです。毎年開催されている宮古の方言大会にて流暢な宮古ふつ(方言)を披露しておばぁ達を笑いの渦に巻く宮古では有名なフランス人がいますが、なんと大学の同期でお友達だそう。世界が狭いのか宮古が狭いのか、みんなどこかで繋がっているから不思議です。初めての宮古島では、自転車で離島を廻ったり、歩いて宿の周辺の遺跡巡りをしたり、まさに観光がメインの旅でした。次回は海の中を覗いてみたいと言って帰られました。また、夏に是非お待ちしています。

宮古には「おとーり」という泡盛の回し飲みの文化があります。新型コロナの影響でそれも自粛ムードと、先日の新聞に載っていました。自粛しているのは観光客だけで、宮古の人が自粛するの??現に、コロナへの感染の可能性の話をすると「確かにないとは言えないかもなあ」との回答。その程度の意識なのが宮古らしいです。そんな宮古にコロナが広まらないのは、コロナウイルスも宮古に来たらのんびりムードになってしまうからなのでしょうか??

全世界が会合や集まりを自粛させられている中、宮古の新聞の広告は大々的に「歓送迎会特集」。

学校が休校になっても、子供たちは集まって外で遊んでいます。むしろ休校を楽しんでいるようにさせ見えます。毎日、海へ飛び込んだり、隣の公園で走り回る子供たちを見ていると、世界中に広まる恐怖がうそのように思えてしまいます。イタリア人のニュースを見たとき、ちょっと宮古の気質と似ているな・・・と思ってしまいました。

トライアスロン大会も中止になりましたが、恐らく大会前の合宿に来ていたであろう人達が今朝、パイナガマビーチでスイムの練習をしていました。大学生なのかな?大会中止は本当に残念でした。

空には渡り鳥の群れが・・・・

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご紹介です。

朝食の一例です。二日酔いには中華がゆ。

夕食の一例です。

今年は一番寒い2月でも暖かい日が多く、すでにテラス席にてお召し上がりいただいております。思う存分美しい空をご堪能下さい。

静佳日記 ***********

知り合えば皆友達。

これが理想だが、現実はそうはいかない。世の中には様々な趣向の人が存在し、個性的な(アクが強い?)私たち夫婦を「いやだ」と思う人もいるだろう。ということはその逆もある。逆の人とはすぐに仲良くなれる。仲良くなればもう友達だ。

その人ともすぐに友達になれた。なので、宮古の良さを見せてあげたくなり、車で案内することにした。その日はまずまずのお天気。まずは暗くて怖い場所から。

けれど暗い暗いトンネルの先には・・・・光が差し、

海が臨める。

その後ウミガメを高台から観察した。この日は3匹発見。

底まで透けて見えるのが宮古の海の自慢。

そして、また違った海も紹介しよう。今度は低い所から。

その時間帯は雲が太陽を隠してしまい、いつものブルーは発揮されず・・・。

だが、私はすごいものを見てしまった。なんて素晴らしい!!!なんて贅沢!!

まさに私が理想としている読書タイムを満喫している人がいた。

この気持ちよさがわかる私は、彼を見て、自分も気持ちよくなっていた。この次はここで読書をしよう。

そこから先へと進み、「どうよ!!」のビーチも案内する。私の中では1位2位を争う美しさのビーチ。ここはいつも裏切らない。

だが、すでにここまでも開発の手が伸びていた。もう、やめてくれ~~~~!!

遺跡なんぞを案内していると、白いキノコを発見。初めて見た。幻かな。

そこからまた場所を移動し、道なき道を探検していると行き止まりに遭遇し、戻れなくなった。長い道のりをバックで戻ることとなり、かなりの失敗。でもきっとこういうことが忘れられない思い出になることだろう。そんなこんなで出会ったビーチはこじんまりとして居心地が良かった。

誰かが積んだ石は先駆者がいたことを示している。

そしてここもやはり外せない。

そして私は次回のSUPのコースを頭の中で描いていた。

砕ける波の彩の美しさはまさに宝石。

私はここで今年初のユリの開花を見つけた。それはもう大はしゃぎでユリを探し回り、3箇所での開花を目撃。

早速、翌日にこれを宮古毎日新聞にメールで送ったのだが、何故かその日以降、他の花の開花の記事ばかりが掲載せれており、夫には「お前が余計なことをしたから意地悪されているんじゃあないか?」と言われている。

帰りには久しぶりの自家製麺の宮古ソバ。沖縄てんぷらも新メニューとして登場していたので追加注文。

その日彼に紹介した「宮古」はもう一つある。その日一日で沢山出会った駐車場に落ちている「ヘアーゴム」達。

何故ここまで宮古でヘアーゴムが落とされることになったのか、また、何故駐車場で落ちるのか。この謎は未だ解明されていない。