Category Archives: お散歩

宮古島の隠れた魅力

宮古凧をリサイクルショップで見つけた夫は懐かしい~~と大喜び。竹を割いて骨組みを作ります。綺麗に和紙を張り替えたら、飛ばそうと楽しみにしています。宮古コマと共に、受け継がれなくなっている職人技だそうです。消えそうだからこそ大事に思うのでしょうか?勿論、宮古コマも一つだけ我が家で大事に保管してあります。

先日、もいう一つ売られているものを見つけました。

「タンク売ります」

車よりデカいタンク。誰が買うのかな?

ある曇りの日に、お弁当を買って伊良部大橋を眺めに行きました。と言っても家の近くですが・・・。家の近くに沢山の観光名所があるって幸せです。休日でなくても休日が味わえるから・・・。

サンセットの空が家から眺められるのも幸せの一つです。皆さんんもこの景色を眺めにいらっしゃいませんか?宿からの眺めです。

サンセットタイムに釣りや海水浴やSUPを楽しみに人々が集まってきます。パイナガマビーチってそんな場所です。ここも我が家から0分。本当にいい場所に宿が建てられたと思います。

そんな景色を眺めながらのディナータイムなんていかがですか?宿泊以外の方もコース料理にてご予約を承っております。(前日までのご予約で2名様より)

コース料理の一例です。

お泊りの方の夕食の一例です。

ご宿泊の方の朝食の一例です。

全て完全お任せメニュー、完全予約制です。好き嫌いやアレルギーには対応しておりません。ご了承くださいませ。

ご予約は09079450844まで。

静佳日記 **********

前回の続き・・・・

次に目指したのは、夏によくお客さんが行くところ。私達はまだ行ったことがなかった。場所を知らなかったので、ずいぶんと迷子になりながらもそれらしきところに到着。

だけれどこの時まだ開花の時期ではなかったため、どの樹がサガリバナなのかがわからない。どの道が花道なの??

花の咲く樹木はわからないが、テレビは落ちていた。

花の解説も読んだ。

だが、花道はわからない。分岐点に来た。迷ったときは直感に従おう。

人生と同じで道を誤る時もある。

そういう時はまた戻って別の道を選べばいい。間違えたってな~~~んてことはない。若い時にこれに気が付いていたら、私はもっともっと色々なことにチャレンジしていたかもしれない。今は年の功で大抵のことには動じなくなっている。年を取るって本当に素晴らしい。良いことも悪いことも、人生の沢山の経験が今の自分への自信に繋がっている。若さの勢いの怖いもの知らずとはまた違う「怖いもの知らず」が自分の中で芽生えた。

芸術的な壁を通り抜ける時、花道はやはり一番初めに通った道だったのだということが分かった。

さて、時間がかかったが、元のサイクリングコースへと戻ることにしよう。そして、スタート地点へと帰る前に、行きに見つけた「宮崎駿の世界」への入り口を物欲しそうに眺める。

「行くか?」

見かねた夫から声をかけてきた。

「いい?」

「どうせ行くと言ったら聞かないんだから、また来なきゃいけないなら今日行っておくよ」

賢い選択だ。よくわかっていらっしゃる。今までとは違う静寂の道なき道を進んでいった。

物凄い空気感。「夜間ハイクコース」と書いてあったが、夜間にここに入る勇気はない。野鳥など自然の生き物を観察できるようだが、私はそれよりもこの不思議な世界観にドンドン吸い込まれて行った。宮崎駿が描いたものよりも、もっと独創的な「何か」を私の想像力が創り上げていた。歩く先には常にま~~~るい窓が見えており、異次元への入り口のようにも見えたが、そこへ行くとまた普通の同じ景色が続く。その繰り返しだった。

突然、森の学校が現れたりもした。

迷路のような道は、あちらこちらへと続き、ところどころに設置してある看板を頼りにしなければ、この世界から一生出られなくなるようなそんな気がした。その広大さが、また、探検心をのめり込ませた。

すっかり子供に返っている夫は、カメラを向けると無邪気にはしゃぐ。

本人曰く、昭和のアイドル。

仕方がないので「一本でもニンジン」を歌ってあげた。

かなりの時間を費やして、汗ばむくらいのいい運動になり、一大イベントとなった探検ウオーキングはこの辺りで終了。

スタートした東屋が見えてきた。最後はこのコースを見つけるきっかけとなった広場を眺めて深呼吸。

海だけではない宮古の魅力をまた、見つけた気がした。

お土産は三つ葉のクローバーとオレンジの実。

これからも「宮古島」を楽しもう。

食べるの大好き!!

40年近く飲食店の仕事しかしてこなかった夫は、お笑いのレパートリーこそ少ないですが、料理のレパートリーだけは豊富に持ち合わせております。そして、宮古に帰ってきてから、その幅がグググっとまた増えてきています。何故かって?殆ど毎日厨房にしか立っていないからです。(笑)

近くで見ていても、新しい料理に出会うととっても楽しそう。新作を試食できる私たち家族もとっても嬉しそう(?)

ランチのメニューも色々と試行錯誤してきましたが

コロナの状況もコロコロと変わってくるので、一気に方向転換、再び朝食のレパートリーを増やすべく試行錯誤の一日です。

なかでも私の最近のヒットは2種類の食感のゆで卵を合わせた玉子サンド。贅沢な一品でした。

そんななか先日海ぶどうを頂いたので、贅沢などんぶりを作ってもらいました。どんぶりだけれど、白ワインが合う~~~~~~~~!!!!!追い海ぶどうも付いちゃってました。

痩せたいけれど、食べたい。女性にとっては永遠のテーマですよね~~~~。

夜のダイニングはおまかせのコース料理で一般の方にもご予約を承っておりますが、宿泊の方の夕食も再開します。(お一人様2000円税別)です。3皿ほどの献立です。

こんな景色を眺めながら優雅に如何でしょうか?同じくおまかせ料理でご予約制です。

買い物帰りにコンビニでアイスコーヒーを買って、夫と海を眺めるのが最近の優雅なひとときです。この景色は宿から0分。私はここを自分の庭だと勘違いしています。初めから・・・。

皆様も、贅沢な時間を味わいにいらっしゃいませんか?

静佳日記 *********

朝のウオーキング。

昼間の空もいいけれど、朝の空もついつい見上げたくなる。

そして、島の植物観察も欠かせない。

夏の花火が大空で開いたかのような、見ごたえのある葉っぱ。パッと開いている。

低くて広がる樹木。シルエットがかわいい。

アンブレラを開いてひっくり返したような樹。枝が骨組みのよう。

初めて見る植物。何者???

花はこれかな?同じところにいたけれど。

みんながパイナップルと間違える。

長老ヤギが若者を威嚇している場に出くわした。

若者は私を見つけると、「あの人怖いのよ~」と告げ口。

朝は看板だけが頼りなので、いつも同じところを昼間に通ってその看板が事実なのかを確かめたい。

え?エヌエチケイ?

年季が入って色褪せても、黒い字だけは薄れない。

手造りかしら?

トラックのカバーにどれだけのごみ??

ハイジがスキップしそうな草原を超えると、

港を見渡す展望台の復刻版。

解説もきちんと読もう。

港の地図にはポークランチョンミートも含まれていた。勿論名前は載っていないけれど・・・。

お家に帰ったら、たまには朝定食なんてどう?

もう、モリモリ食べちゃおう~~~~~~~!!

宮古島探検隊 続き

「イカ釣りたい(隊)」のメンバーたちが連続出勤してくる目の前の桟橋。

子供たちももう釣りくらいしか遊びがないようです。というかコロナの前からそうだけど・・・?

そんなブログを書いているそばから、「そうでもないぜ~」と言わんばかりに目の前の海に思い切り助走をつけてダイブする子供たちの姿が・・・・。どちらにせよ、そこらじゅうに海があるって幸せなことです。ああああああああ!!!!あたしも飛び込みた~~~~~~~い!!!!!!!!

昨日、宿のテラスで朝ごはんを食べている時、何やら大きな動きが・・・。どうやらイカを釣り上げたぞ~~~!!しかもデカい。いいなあ・・・と眺めていると、その先、桟橋の先端ではもっとデカい「何か」を釣り上げようとしている男性。すぐに周りの人たちも走り寄っていきます。な、な、なんだろう?何が釣れるのかな?暫く観察。

お~~~~~っと!!まさに釣り上げる瞬間を見逃しませんでした。タモ係はさっきイカを釣り上げた人。みんな協力的~~~。

釣りあげた~~~~~~!!!大きいぞ!!そわそわしながら見ていると、「『宮古新聞 布干し支部』の静佳は取材に行かなくていいのか~~?」と夫が後押し。「行く行く~~~~!!」猛ダッシュで駆け寄り「写真撮ってもいいですか~?」「手に持って撮れよ~」と言うのを遠慮して、撮影。いや、大きさがわからない。えいっ!と履いていたゾウリを片方投げてパチリ。

まるで魔法のように体中がピカピカと色々な色に光る美しい魚でした。

凄いですねえ~~~~。釣りに興味のある方は、コロナが収束したら是非宮古へ遊びに来てくださいね。(今は我慢我慢でお願いしま~~す)

さて、誰にも見てもらえないのが残念ですが、静佳の花壇「しずかだん」は元気に育っています。ローズマリーちゃんはドンドン広がり、

どこかから拾ってきて植え付けた雑草は見事な花を咲かせています。かわいいイエローとパープルブルーが素敵なコンビネーションです。

でも、お披露目する人がいません。皆様が宮古に来れるようになる日まで、もってくれればいいのにな。台風が心配です。

我が家のお昼ごはん。勿論夫が作ってくれます。

まずはスープから・・・。夫はごはんの時にスープやみそ汁が無いとダメな人なんです。自分がそうだからポークランチョンミートのテイクアウトランチもスープにはこだわっています。毎回あれやこれやで手法を変えて・・・。

この日のお昼ごはんは石焼ビビンバです。石焼をテイクアウトできないのが残念。ナムルは食材ごとに一つ一つ別々の味付けをします。

最近、私は宿の仕事を失ったので夫のテイクアウトの料理のサポートをしているのですが、殆どの手仕事はやらせてもらえないので、私の役目はせいぜい夫の仕事の環境を整えること(掃除)とモヤシのヒゲとりくらいです。このヒゲとり、何百もあるのでかなり大変なのですが、私はなんだか楽しんでいます。私は料理の「でっち」の経験がないのですが、今は雑用ばかりしているのでまるで「でっち」の気分なんです。近くで夫の手仕事を見るのも楽しいですし、道具を消毒したり、片づけたり・・・「なんかでっちになったみたいで楽しいね~~」と夫に言うと「お前なんかでっちになれないよ」と言われます。そりゃ~そうですよね。親方に口答えするでっちなんていませんから・・・。もやしのヒゲとりすら「これはなんなんだよ!!だからお前にやらせたくないんだよ!!」と、いつも怒られてばかりの私。一つでもひげが残っていると親方は激怒するんです。「私、老眼で見えないんだからね!!」と口答えする私は確かにでっちにはなれません。これからは気を付けますので、首にしないでね。だって、これからもでっちを楽しみたいから~~~~!!

静佳日記 ***********

宮古島探検隊の続き・・・

展望台の後は広場を散策してみる。

島では一年中、様々な花が楽しめる。

ディアベルのバックのような樹の幹。ブツブツブツブツがちょっと気持ち悪い。

あら、かわいいベンチが見えてきた。

とても楽しそうな広場。

カラフルなブランコ。

そして、「母ちゃんの森」を発見!!

「父ちゃんの森」はあるのかな?そして「兄ちゃんの森」は?「姉ちゃんの森」は?「赤ちゃんの森」はどうするのよ~~~~!!と思ったが、「かあちゃんの森」以外は見つけられず・・・。散歩でお腹を空かせた後にランチに寄ったカフェ。デザートまで食べちゃったら後は寝るだけだね。

家に帰ると、目の前に広がる今度の景色は海。

何だろうな~~~。やけに幸せだぞ。

  (注*2月頃のお話です)

宮古島探検隊

皆さま、お久しぶりです。

宿だったポークランチョンミートは只今テイクアウトランチ屋さんへと様変わりをし(一時的に)、毎日お弁当のことで頭もいっぱい、時間もいっぱいいっぱいで、なかなかブログの更新ができずにおります。

パイナガマのビーチにはここのところずーーーーーーっとイカが入ってきているので、「イカ釣りたい(隊)」のメンバーたちは代わる代わるやってきてはイカと格闘しております。みんな、仕事は大丈夫なのか!!!???

未だに我が夫は釣れず・・・・。

買い物へ出掛けると、いつの間にかひまわりが咲きほこり・・・。

かわいいですね。今は色々なところに出かけられないので、たまにこんな景色に出くわすと嬉しくなってしまいます。

お弁当を始める前の話になりますが、久し振りの食堂へ。観光の方がいないので、並ばないで入れる幸せ。ここのオムライスが大好きです。久し振りにお父さんが作ってくれました。やっぱりここのお父さんの味が好きです。あ、お父さんと言っても多分私と同じくらいか年下かも?お父さんなんて呼んでごめんなさい。

我が家ではお土産で頂いた各国の麺を試食。香港の麺!!美味しい!!

たまには和食もいただきます。日本酒が呑みたくなっちゃうから困っちゃうんですけどね。

忙しい一日の締めくくりはやっぱり夕陽。今は桟橋にもあまり出る時間がないので、宿のテラスから眺めています。

相変らず目の前の桟橋にはいつも通りの人が来ています。ここは3密を避けられますからね。たまにはお日様にあたらないと免疫力が落ちてしまいます。

今日もお酒で内臓を消毒しましょうかね。

静佳日記 *********

数か月前、宮古島探検隊が盛んだった頃、展望台を見つけて探検してきた。

階段の途中には蛍がいたり、

幹に寄生する本来の樹とは違う種類の葉っぱは、ドカベンや明日のジョーに出てくる登場人物がくわえている葉っぱのよう。

こんな可愛らしい花を見つけては喜び、

足元にクローバーを見つけると「幸せの四葉」を必死に探す。

ジャングルのような森はいつも私達をアリスの不思議な国へと導いてくれ、夫は葉っぱよりも小さくなっちゃった。

やっと辿り着いた展望台は想像以上に立派なもので、思わず叫んでしまう。本当にアリスになった気分。

可愛い小窓をいちいちチェックしながららせんの階段を登ってゆく。

お日様の光がカラフルな屋根の色を映し出してくれているのが神秘感を誘う。

途中途中に出くわすテラスの椅子にいちいち座ってみながら上へと進んだ。

てっぺんからの景色はそれはそれは圧巻だった。

こんなにいいところが宮古にあったなんて!!ちょっと出し惜しみしすぎじゃあないの????やっぱり宮古はおそるべし!!もっともっと探検したくなってきた!!

というわけで次回へと続く・・・・。

いつもと変わらないこと。変わったこと。

コロナが猛威を振るったとしても、パイナガマの海は何も変わりません。

釣りをする人はいつも通りだし、

朝方、夕方に泳ぐ人もいつも通り。珍しいのはシュノーケルを付けている人。

この間は私もパイナガマの海に久し振りに入りました。相変らず海の中は綺麗でした。透明度半端ない!!しかも潮が引いていたので生き物たちがまじか過ぎる!!楽しかった~~~~~~~~!子供たちと一緒にげらげら笑いました。やっぱり海っていいなあ~~~!!

ポークランチョンミートに来る生き物たちも相変らず多種に富み、先日はバッタさん。

ポークランチョンミートから眺める夕焼け空も相変らず美しく、沢山の人の目と心を癒しまくっています。

この場所で、この光景を見ていると、今までと何も変わっていないように見えます。

変わったのは、ポークランチョンミートがお客さんを迎え入れられなくなってしまったとういうことだけ。でも、そのお陰で、人生初のお弁当屋さんを始めました。なんでものめり込みやすい性格の私。今は一日中お弁当のことで頭がいっぱいです。東京を離れる1,2年前のこと。実は宮古でお弁当屋さんもやりたいなあ~~なんて夢を密かに描いていた頃がありました。毎日、自分で作ってみてはレシピを書き、本を読んだりテレビを見たりして参考にしたオリジナルレシピノートは美味しい美味しくないは別として100ページはゆうに超えていました。6年ぶりにそのノートを引っ張り出し、夫のレシピ帳と合わせてめくりながら毎日お弁当の献立を考えるのは私の役目です。テーマは「自分で食べたいお弁当」だから、私の好きなものばかりが詰まっています。(笑)この献立を考えるのがまた楽しいんです!!献立を決めたら絵にかいて夫に見せて相談します。ダメ出しが出たら話し合って変更します。

こうやって描いたお弁当を料理担当の夫が形にしてくれます。手間と愛情を惜しみなく注いで・・・。

まだまだ始めたばかり。生活の足しにはあまりなりませんが、充実感は100%!!!心だけは幸せです。

皆さんも、いつかコロナが収束して宮古島にいらした時にまだポークランチョンミートがお弁当を作っていたら是非食べてみて下さいね~~~!!宜しくお願い致します!!

初日のお弁当は最近の夫の新作「トマトソース ハンバーグ」でした。

お肉は自分で挽いたものを使います。その方が肉の部位を選べるから・・・だそうです。自分で選んだ数種類の部位を合わせて使います。少し粗挽きが最近のお気に入りみたいです。フライと合わせて・・・・。

ちょうどポークランチョンミートの目の前が桟橋なので、そのまま海を眺めてのランチなんていいですよね~~~。

私もお弁当を買ってきた時はよくここで食べます。機会があれば是非・・・!!

ちょっと長くなったので、静佳日記はお休みです。