Category Archives: お散歩

冬のオペラグラス。

台風の片付けもようやく落ち着き、いつも通りのポークランチョンミートに戻りました。「どうせ台風で全滅になるのなら・・・」と摘んでおいた「しずかだん」のお花たち。

が、以外にも「しずかだん」のハーブたちは無事でした。同じくゴーヤも早摘みですが仕方なく・・・。

これは正解でした。こんなだったのが、

こんなになっちゃいましたから・・・まるでムックのよう。

が、朝の新聞を見て学習しました。ゴーヤの農家さんは台風の前につるをネットごと下におろしておくようです。次回からはそうしましょう。なんでも失敗を経験して学習していくものです。サトウキビの台風による被害はかなり大きかったそうですが、収穫までには復活する見込みの模様。ポークランチョンニートも相次ぐキャンセルで被害額はマンゴー農家さんのそれを抜きました。(笑) でも、停電がなかっただけありがたかったです。覚悟していましたから。

それでは本題に入ります。

初めは大林素子ちゃん(もちろん偽物)との二人旅でした。宮古の海をこよなく愛するお二人は将来の移住も視野に入れて、夢が膨らむ話をよく酒の肴にしているそうです。私たち夫婦もそうだったのを思い出します。ただ、宮古に帰ってきたくなかった夫にとっては夢は膨らんでいなかったかもしれません。

そんな彼女は今回は一人旅。シュノーケリングを楽しみにやってきました。

初めてのショップが大ハズレだったと嘆く彼女に、私が気に入っているショップをご紹介。落胆していた翌日のことだったので、まさに大大大満足の一日となりました。海はもとより、ちょうどかっこいい俳優さんが同じツアーに参加していたらしく、ミーハーな彼女はそっちの方が興奮した模様。ものすごく嬉しそうに報告してくれました。(初めて乙女な彼女を見た気がします)

ちなみに彼女のポークランチョンミートでの名前は「冬のオペラグラス」ちゃん。予約もその名前で入れてくれます。何故そんな名前になったのか・・・決まっています!!初めて会ったときに新田恵利に見えたからっ。

次回は是非、相棒の素子ちゃん(本名が思い出せない)と一緒に、決して裏切らない宮古の海を堪能しに来てくださいね~~~!!

それでは、ポークランチョンミートの「空と海を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

朝食前にお隣のパイナガマビーチを散歩してみてはいかがでしょうか?

ここの長~~~~~く広がる階段は、みんなの憩いの場です。サンセットタイムは沢山の人が座ります。夜はオリオンビール片手に腰かけて波の音を聴きながら星空を。でも、私はいつも思っています。ここで見る夕日より、宿の前の桟橋の先端で見る夕日のほうが絶景だと・・・。(個人の感想です)

先日の朝の散歩で、落ちていた花びらを拾ってきました。

夕食の一例です。たま~~に登場する島料理の日・・・夫自慢の宮古そば。

夕食はサンセットタイムに合わせています。テラスのカウンター席にて大空の移り変わりを眺めながらどうぞ。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

久し振りに夫が手掛けたスイーツです。きな粉黒蜜味のパンナコッタ。

静佳日記 *********

夏は忙しくなるので、行動範囲がぐんと狭まる。なので、クリーンセンターにごみを出しに行くことさえ嬉しく思える。

先日、クリーンセンターで見かけた看板。「エビの段ボール&ダウニ(アメリカの柔軟剤)の段ボールはリサイクルできない!!」らしい。確かにどちらも匂いがきつい。それにしても、名指しで特定されるところが狭い宮古らしくて面白い。

ここではまだ使えるものは壊さずに保管される。まだまだ使用可能なものが行く度に増えていき、さながら住宅展示場のよう。

この光景を見るのがいつもここへ来る楽しみでもある。上の写真の可動式パラソルなんか、素敵じゃない??捨てるはずのものなので、お願いすればもらって帰れる。(誰かが予約していない限り)

そしてその帰り道、子供の「リアルおままごと」の場を発見。

何がリアルなのかというと、壊れたちゃぶ台や台所用具等の「本物」が使われていたから・・・。

かわいいね。

そして、スーパーの駐車場では飼い主の車のそばを走り回るワンちゃん。いい運動になっている。宮古ならではの光景だ。

そこで懐かしい「キリンレモン」を買った。子供の頃は瓶だったのになあ~~。

私の夏の小さな楽しみはほんの1時間ほどで終わってしまう。だけれど、これが大切な息抜き。こういった息抜きの時間を少しずつ作っていくのが夏を乗り越える秘策だ。

台風9号

まずは台風情報です。強い勢力に変化していった今回の台風9号はその名も「レキマー」ちゃん。ベトナムが名付け親です。どうやら果物の名前らしいのですが、そんな爽やかなもんじゃない。したたかな彼女は、初め、その「か弱さ」をアピールし、私たちを油断させまくっていましたが、どんどんとその本性をあらわにしはじめ、一時は最大瞬間風速70メートルをも匂わせました。2日間かけての台風準備で私の体はボロボロ。全身の筋肉痛で泣きまくっています。昨夜がピークで、準備が終わった私は後はワクワクするのみ。不謹慎ですが、なんだか台風はワクワク感を伴います。台風なんだから・・・・そんな言い訳でシャンパンもあけました。ある意味「非日常」がワクワク感を盛り上げるのかもしれません。夜中に荒れると聞いていたので、何度も目が覚め、状態をチェック。お陰で超早起きの今朝は、久しぶりに書きかけのブログを仕上げることができました。

いつも通り東京のテレビ局から映像撮影の依頼を受けましたが、今回は大した映像も取れず・・・・。採用されないかな?

宿はというと、いまのところの被害は、昨日の朝「今のうちに・・」とお隣のパイナガマビーチで泳いでいたお客さんが足の裏に貝殻が刺さったことくらいでしょうか?足の裏に貝殻が刺さった人を初めて見ました。

これから回復に向かいます。皆さん、ご心配のご連絡をありがとうございました。これから筋肉痛に鞭打って片付けをがんばる私の応援を宜しくお願いします。笑

さて、話はさかのぼります。

娘の職場の先輩とそのお友達が遊びに来てくれました。会うのは初めてです。

最初はお互いに少し距離を置いてよそよそしい雰囲気。ところがどっこい!!

お酒をご一緒した途端にまるで昔からの知り合いのように盛り上がりました。あんまりにも腹を割って話していたので、娘の職場の先輩に「お前さあ~~」と「お前」呼ばわりする夫。ちなみに彼女のあだ名は「ながれ」ちゃん。萩原流に似ているから。私たちが名づけたのではなく、彼女からの申し出でした。いつまでも話は尽きず、仕事がなければ朝までしゃべっていられたと思います。

初めての宮古島は、あまりガツガツせず、のんびりと過ごしていたお二人。普段の忙しい仕事の疲れを癒すのにはそういう旅もいいものです。

また、遊びに来てください。新しい仕事と、結婚という新しい門出に幸が多かれと祈っています。

少し前になりますがオリオンビアフェスタが開催され、すぐ近くの会場にも関わらず今年も参加することができませんでしたが、いつも通り、宿のテラスで花火大会を鑑賞することができました。ちょうど花火を見に来た友人の子供も一緒に・・・。花火模様のおべべ来て、見る気満々でした。

恒例の花火はいつもどおりとてもきれいで、花火のカラーで海の色も七変化。

来年もまた見れることでしょう。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KICHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内で~す!

朝食の一例です。

最近気に入っているパンでいろいろなサンドイッチを試作中です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ******

そのまま未踏の道を進むと、夜になっても点灯しないのではないかと想像できるライトが続いていた。

しかもかなり変わったデザインだ。宇宙船が着陸する際の誘導灯のよう。

そしてその道は橋のたもとの船着き場まで続いていた。

そこからぐるりと海沿いの道を廻ると、突然現れたバスケットゴール!!この存在を知っている人が島に何人いるのだろう??色々なところを4年間探検し続けている私も初めて知った。♪こんなにそばにい~るのに~~~♪

そして、そこから宇宙と交信できる(勝手な解釈)あの場所へと続く。おそらくBBQができるように(?)造ったであろうそのいくつかの建物は、あまりにも使用されなさ過ぎて草がぼうぼう。

そして近くには宇宙へお祈りを捧げる(勝手な解釈)小さな山があった。

SUPをするのに楽しい人口の川(海)沿いを戻る。

橋の先にも遊歩道は続くが、その日はそこで終了。橋を渡って帰ることにした。

今まで気が付かなかったが橋のところどころの照明に島の特徴ある生き物たちが描かれている。一つ一つを観察しながら進む。こういうところが「歩く」ことの楽しさだ。

そこからは何もない道路なので、植物を物色しながら歩く。

ここまで来るともうすぐ我が家。

美味しい朝食が待っている。

おかえり~~~~!!

一昨年の台風キャンセルのリベンジでいらした昨年。今年も夏に来てくれました。私たちをパパ・ママと呼んでくれる彼女たちは、まるで娘のよう。今年初めて年を聞いてびっくり!!娘とほぼ同い年でした。昨年、一緒に遊んだ姉妹のお客様が借りていたオープンカー。今年は彼女たちが真っ赤なコンバーチブルをレンタルしました。

おかえりなさい。

到着時のかわいい笑顔。「ただいま~~」

今年も昼間は海で沢山遊び、夜は一緒にお出かけもできました。サプライズは、昨年来た時に一緒になった男の子が少し前に移住してきていたこと。彼は宮古へは1回しか来ていません。でも、その1回の宮古が忘れられず、仕事を辞めて移住してきたのでした。夜の宴をみんなで一緒に。

するとまたサプライズが・・・。店の外でたばこを吸っていた夫が通りを歩く外食帰りのお客さんを発見!!お店に連れて入ってきました。合流した皆さんで宿へ帰っても宴は続く。本当に楽しい母娘でした。もう、最高!!笑いがいつまでも止まらず。またお会いしたい方が増えました。

昨年と同様、オープンカーでお別れの記念撮影・・・・のハズが雨でオープンできず・・・。

ばいば~~~~~い!!また遊びに来てね~~!!

それではポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

朝食の前に宿の前の桟橋へ出てみてください。さわやかな気分になること間違いなしです。

最近は、朝食時に虹が見えることが多くなりました。正面に見える虹。

夕食の一例です。

お食事はすべて海に向かったテラスのカウンター席にてお召し上がりいただいております。(天候によります)目の前の景色が何よりのご馳走です。

静佳日記 ********

その日の朝のウオーキングは、少し久し振りなご近所へと向かった。

宿の隣のパイナガマビーチから少し先のビーチへ・・・。ビーチへと出る前に展望台へと登ってみた。ここを登るのもどれ位ぶりだろうか。遊び心が満載のハズの場所だが人がいるのをあまり見たことがない。ドミノ倒しができそうな階段も、ジブリの基地のような建物も、パノラマの景色も、私は結構好きなのだけれど。

思い切り眺めのいい景色を堪能した後、海沿いの遊歩道を歩くことにした。

途中から危険地帯へ突入。たいして危険ではないのだが柵がないのはやはり安心感が違う。

朝は珍しい鳥にも遭遇する。というか人がいないのでいやでも鳥に目がいくだけなのか?

そこを抜けるとビーチに出るのだが、広い公園にポツリとテーブルセット。昼間の日差しの中で座る人がいるのかしら?

それでもこの空間は好きな場所の一つ。公衆トイレの建物がとてもかわいくて、どこか異国情緒にあふれている。スカートを翻してスキップが似合いそうな場所だ。音楽フェスの際にはテント村になる。

ビーチからは日本一の橋が眺められる。この人工ビーチが出来たばかりの頃に旅行で来たことがあるが、息をのむ美しさに感動したのを覚えている。あの時の砂浜の白さは薄らいでしまった。

あちらこちらに伸びる小路を少し探索してみよう。



不思議なデザインの建物はトイレと倉庫。ここら一帯を計画した人たちの夢に描いた姿はどんなものだったのだろう?彼らの未来予想図を聞いてみたい。きっと今とは違う「何か」を想い描いていたに違いない。人があまり利用しないせいか、ちょっとさびれた感じに見えるのは気のせいなのか・・。

そこから、未踏の地へと進むことにした。

次回へと続く。

生きている実感。

全然見えなかったけれど、彼は実はウチナンチュウでした。そういえば髪の毛は少し具志堅が入っているような・・・。バーテンダーの彼はとっても優しいはにかみ屋さん。夜にご一緒させてもらうと、やっぱり「沖縄」を感じられました。

最近は女性のカメラマンさんの活躍が目立ちます。私も一応女性なので、女性目線での撮影をがんばりたいと思います。カメラマンではありませんが・・・

また、是非遊びに来てくださいね~~~~。お待ちしておりま~~~~す!!

さて、海で拾ったシーガラス。沢山あれど、何作ろ~何作ろ~♪

ということで、ミニミニミニランプシェードを作りました。ポークランチョンミートの夜は間接照明を主に使用しております。穏やかにそしてまったりとお過ごしいただくようにとの想いを込めて・・・。

先日の新聞で見つけた記事です。少し前にここを通り、私たちも発見したばかりでした。なかなかの見ごたえのある煙突ですので、ドライブの途中で是非立ち寄ってみてくださいね。

そして、7月28日はハンドメイドフェスタが開催されます。なんだかちょっと楽しそう。私も行きたいけれど・・・・どうかな?

それではポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込み下さい。

目の前の大空と海を眺めながらテラスのカウンターでお召し上がりください。

静佳日記 **********

時間がない時の朝のウオーキングはパイナガマビーチがちょうどよい。仕事の合間に15分もあれば大股歩きのちょっとした運動になってかなりの汗もかく。今まで私は早朝のパイナガマビーチを見逃していたように思う。近すぎるが故の盲点だった。

いつも泳ぐときには宿の隣の公園を横切ってすぐ海にエントリーするので、ビーチを歩くことは普段あまりない。ウオーキングの時には道路から中へと入る。ここからの眺めで「よし!!」とうなずいてから先へと進む。

東屋はたくさんあるが、一番端っこの東屋から入るのが定番。

ビーチの歩道を歩くと、風で砂が除かれたところにクマノミちゃんが現れた。これぞまさしくカクレクマノミ?いつもは砂で隠れている。

このビーチにはクマノミのお家がたくさんあるので、ビーチのシンボルとしてはもってこいだ。歩道からの眺めは格別。

あれれ?シートに座っている人の前にワンちゃんが・・・。

きっと散歩に来て、まったりと海を眺めているのだろう。ワンちゃんは海に浸かって気持ちよさそう。

ビーチでお留守番のワンちゃんもいる。

サンライズヨガもとっても気持ちがよさそう。

夏場はちらほら観光の方も見えるが、

一年を通してお年寄りはこの時間帯に集まってくる。奥方達は網の中でおしゃべり水中ウオーキング。殿方は網の外で水泳。どちらも健康にはとても良い。

一番先の東屋を超えると、

遊歩道へと続く道。

この辺から少し道路へ進路を変え、その日に宿に飾る草花を摘んで帰る。この日は初めて歩いたのだったが、その後、頻繁にここを歩いている。なぜならば、この早朝の空気感と、ここを満喫している人々の素敵な表情、そして波の音に彩られた素晴らしい景色・・・・すべての条件が大好きだった「キャンプ」を思い出させてくれるから。朝、目覚めてテントから出たときの爽快感、穏やかな感情、心の底から「幸せ」をかみしめたあの感覚がよみがえる。

なんて素敵な「朝」を感じられるところなんだ。改めて、この場所に永住の住まいを構えられたことに感謝をした。年をとればとるほどに、ここでの楽しみが増える一方だと思えた。出来るだけ一日でも長く生きて、日々を楽しみたい。生きることへの欲望が増加した。

朝の散歩で長生きを考える私もどうかしていると思うが、それほどここの空間は「歓び」と「やすらぎ」に満ち溢れているように思えた。

家に帰ってそのことを夫に報告をすると、勿論、一緒にキャンプを楽しんでいた彼には詳しく話さずとも「あの感じ」で伝わった。

キャンプの朝と変わらないもう一つは、夫が朝ご飯を用意してくれること。淹れたてコーヒーの香りも変わらない。

積んできた草花を飾るのは相変わらず私の役目。

どうか、100歳を過ぎてもこの生活が続きますように・・・・。

おかえりなさい。

確か、初めての出会いはポークランチョンミートのオープン当初。一人旅でした。

酔っぱらって帰ってきて、やけにたくさんのお菓子をコンビニで買ってきてくれたのが印象的でした。「皆さんで食べましょう」そう言って尋常ではない量のお菓子を差し出し、ちょうどテラスで呑んでいた私たちの輪に入ってきました。それはごくごく自然で、まるで約束をしていた友達がやっと来た!!という感じでした。

それから彼は毎年やってきます。時には旅友、時には奥さんを連れて・・・。

今回も奥さんと二人。うまくタイミングがあったので夜の街へもご一緒することができました。一人旅のKちゃんも一緒です。彼女は初めての宮古島。あまり計画を立てずにいらしたようですが、なんとかなってしまいました。ダイビングも無事遂行。

そんな初めましての彼らは、一瞬にして仲良くなってしまいます。お酒の席ってそんなパワーがありますね。

なんのポーズなのか全く覚えておりません。女子の撮影ポーズ。

店主も誘っての2次会へ。みんな一緒だったら外で待つのも苦になりません。

楽しい夜でした。

何度も宮古へ足を運んでくださる方は、皆さん「移住」を夢見るようになります。それだけ宮古は不思議な魅力にあふれているのでしょう。彼らも例外ではありません。私たちがおじぃおばぁになった時、ポークランチョンミートで知り合った人達が島中に沢山いたらすごく幸せだなあ~~。そんな夢を見ています。

また、お待ちしております。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

エビフリャ~~サンドの試作品も作りました。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

テラスのカウンター席にて海と空を心に吸い込みながらお召し上がりください。

さて、先日の新聞で毎年この時期に咲き誇るお花の記事を読みました。この花の名前が「ホウオウボク」だということを初めて知りました。とってもきれいで、ものすごい存在感です。地面には赤いじゅうたんが敷き詰められます。今宮古にいらっしゃる方、これから来られる方は是非鑑賞してくださいね。

静佳日記 **********

朝のウオーキング。最近は足がだるくて体が思うように動かない。更に息切れもするときている。そのお陰でこの5日間ほどお酒を抜いているのだが、先日、いつものお店でノンアルコールビールを注文したら、最大級の驚きの顔と「台風が来るぞ~~」と怯えられてしまった。

まあ、それはさておき・・。朝焼けの街を練り歩く。

裏路地を歩くと新たなアパートのそれはそれは多いことに驚かされる。ホテルもしかりだが、そんなに必要なのか?かつての「清里」のようにならなければいいけれど・・・。

こんな隙間にさえも自転車を捨てる人がいる。あまりにもピッタリすぎてこの自転車のために開けられた隙間なのかと思ってしまう。

かと言えば、「扉を必ず閉めてください」の張り紙があまり意味をなさない宮古島。

公衆電話さえも例外ではなかった。

太陽に向かって咲くひまわりが最盛期。朝はお日様が見つけられずに、キョロキョロ??

4年前に1回だけ入ったことがあるカフェはいつの間にか違うカフェになっていた。ここもまた・・・・・・か。

ショップの壁にウッドストックが整列~~~~!!

駐車場には足跡も・・・。

様々な花の鑑賞も朝のウオーキングの楽しみの一つ。

家の外壁の排水穴を利用しての盆栽?はナイスアイディア。

井戸の跡は歩いていると意外にあちらこちらで発見することができる。

オリジナリティー溢れるカラーリングを鑑賞するのも楽しい。

そうこうしていると、随分前に家の近所から無くなっていた、ちょうどよい大きさのプレハブ家を発見。こんなところにあったのね!

「すみや」の前は朝にしか通らないのでいまだに何屋かわからない。

いつの間にか小学生が登校する時間になっていた。男の子と女の子が正門のすぐそばで、スローモーション歩きの遊びをしていてなかなか進まない。しかも無言。こんなくだらない遊びを本気でやっちゃう大人になりたい。

少しして、空に何かが動いていた。見上げると大勢の鳩がきれいに整列して飛んでいる。右へ左へ大きく旋回し、まるで鳩の空中ショーのようだった。

宮古ではレース鳩を飼っているお家が多い。夫も子供の頃はその一人だった。家に帰って夫に尋ねると「それは鳩を運動させているんだよ」とのこと。そう言いながら彼は試作品のハンバーガーを差し出した。Oh!!ブラボー!!今までで一番気に入った!!

おりこうさんの鳩達はお祝いの式典などで活躍をする。