Category Archives: お散歩

再び登場~~~!!

またまたやって来ました!!

仲良し3姉妹の「キャッツアイ」。もう宮古は手慣れたもんです。ついでにポークランチョンミートも手慣れています。もう、我が家同然です。そう思ってもらえると私たちも嬉しいです。常日頃から「暮らすように」泊まって欲しいと思っていますので。私たちも、お父ちゃんお母ちゃんと呼ばれて、本当に娘たちのように思えてきています。彼女たちの「家族」を作っていく過程を見られることはとても幸せなことだと感じます。今年嫁ぐお姉ちゃんと次女。帰り際に「もう来年からは3姉妹では来れないね~」と言うと、「いや。来ますよ~普通に」だそうです。3姉妹の絆は強しですね。

また来年も待ってま~~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「空と海を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

ほんの少し余裕をもって起きてください。朝食までの時間、目の前の桟橋へ出てみると、とってもいい一日のスタートが切れますよ。気持ちがいいことこの上なしです。海を覗くとかわいいお魚さんがたくさん見えます。

新たな食パンを買ってきて試食をしました。

この日のプレートのテーマは「同棲したての朝ごはん」だそうです。

さらに違う食パンも試食。どちらも好みの味でした。それにしても、宮古のパン屋さんで切ってもらうパンは斜めに切られていることがしばしば。これもご愛嬌?

夕食の一例です。

夕食の醍醐味もやはり目の前に広がる景色です。テラスのカウンター席で空の移り変わりを楽しみながらお召し上がりください。

最近夫がハマっている長崎ちゃんぽん。

そして、ポークランチョンミートに来たら絶対に一度は寝ころんでもらいたい「天国のベッド」を二つに増やしました。仲良くお二人でどうぞ!!

最後に余談ですが、新聞の記事で見つけた宮古の大事件。

スーパーからラッキョウが盗まれたらしい!!

静佳日記 ***************

先日、お誘いを受けたので久し振りの外呑みへと繰り出した。一度行ってみたかったお店を予約する。早い時間からサワーのおかわりが止まらず、1軒目であっという間に酔っ払い。

なんだか気になる看板を横目で見ながら2軒目を目指す。

そこは入ってすぐにラストオーダーだったため、3人でこの注文。

店主が同業だったため、自己紹介して名刺交換・・・・したらしい。

そこからその記憶喪失のまま3軒目へ突入~~~。いつものお店。

隣りに座った女の子が私たちの連れの知り合いだったため、なんとなく意気投合して同じレベルまで高まったようだ。その証拠に、私の携帯に翌日この写真を発見した。

外呑みって楽しいね。

ダブル〇〇ボーイ

今年は男性の一人旅の方が非常に多くなっています。何の影響なのでしょうか?

少し前の台風の時にいらしていた一人旅の男性。半分缶詰状態で気の毒でした。台風も去り、夕方少しテラスで夫とおしゃべり。すると「今夜はテラスで飲んでいますか?」としきりに尋ねたそうです。私たちも台風時部屋から出ませんでしたから・・・・・・。

約束通り、外食から帰ってきた彼と、その日初めて一緒に飲みました。話が弾んでいると、もう一人の一人旅の男性も自然と参加。彼は半分仕事できています。若いので何となく出身大学を聞いてみると、まあ!!すごい偶然です。二人は同じ大学出身でした。しかも同学年!!こんなこともあるんですね~~。記念にパシャリ!!

盛り上がった勢いで女の子も誘っちゃいました。ノリのいい関西人女子はすぐに打ち解けて、その後隣のビーチへ4人で花火へと繰り出していきました。シャンパン片手に・・・・・。

青春だなあ~~~~~。

この翌日が二人のチェックアウト日でした。その後、先に帰った彼は東京で娘の美容院へ予約を入れてくれ、宮古へ残って最後の一週間ウイークリーマンションに泊まった彼は、東京へ帰る前日に再び会いに来てくれました。

人との出会いは本当に摩訶不思議です。未知だからこその楽しさがあります。

肩に力を入れず、決してかしこまらず、「申し訳ございません」と言わない、自然体そのままの私たちを受け入れてくれる奇特な方はどなたでも大歓迎です。どうぞ、仲良くして下さいね。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。宿泊予約時にお申し込みください。

さて、夫がついに釣りあげました~~~!!マグロちゃん!!

な~~んてうそ。

本当は魚売りのおじさんに頂いちゃいました~~。大漁だったようです。

中落丼にしてお昼ごはんに・・・・急遽お客さんの朝ごはんも漬け丼に変更です。

美味しかったなあ~~~~!!

静佳日記 *********

最近はなんだか忙しくて目の前の桟橋での読書に行けていない。目の前にニンジンをぶら下げられて走らされている馬のように、目の前にご褒美を見せつけられて働いているのにご褒美がもらえない。そんなジレンマを抱えながら、ある日、少しでも気分転換をしようと夕日を眺めに出た。写真に収めるとありきたりな空も、実際にその場に身を置くとまるで異次元の世界が広がる。毎回違う空は、まるで絵本のページをめくるようなわくわく感がたまらない。

そして、同じ絵本は二度とない。

その日は空高く三日月を発見した。

ゆっくり歩いて桟橋にちょこんと座り込み、美しいオレンジ色を思い切り吸い込んだ。

はあああああぁぁぁ。

肩の力が抜けていくのがわかる。昼間の仕事が「動」だとしたら、この時間は「静」でしかない。「動」があるから「静」が嬉しく、「静」があるからまた「動」を頑張れる。このバランスはとても大切だと思う。

ビーチでは「静」を楽しむ人たちが皆同じ方向を向いている。

ほんの数分のリラクゼーションを終えると、自分のお城へと帰った。そしてここからは「楽」の時間が始まる。今夜は誰とどんな話で盛り上がるのだろうか?

・・・・楽しみだ。

楽しさ♡最強!!

去年、衝撃的な登場をされたご家族。

今年は来ないのかねえ~~?と夫と話していると・・・・・・

キタぁ~~~~~~~ッ!!!!!

ご予約メールがっ!!今回も印象的なメール内容でした。今年は同僚のご夫婦もお誘いしての団体戦です。お引越しの如く、大量の荷物と共に帰ってきたウルトラマン。どれだけ遊びの道具を持参してきたのか・・・・・。

末っ子ちゃんもお友達を沢山連れてきてくれました。

お友達はみんなが海に行っている間、お部屋でお留守番。3匹で楽しく遊んでいたようです。

新鮮な空気と共に朝ご飯を召し上がり、

朝食の後は作戦会議。何故、みんなで海を背にして横並び?な大人たち。

宮古の海を泳ぎ倒し、夜は乾杯からの、

花火です。

泊まっているお姉さん達に誘われました。アンパンマンが見える花火の眼鏡に大人たちが大はしゃぎ!!

大人の時間は魔法の水で盛り上がり、

夫が別人になったかと思ったら

帰ってきたウルトラマンこと「まじめさん」はもっと別の人になってしまいました!!70年代のフォーク歌手??

変身した彼を直視できない同僚の奥さん。

そして毎回ポークランチョンミートからある光景を見せつけられていた「まじめさん」は、その魔力(魅力?)に取りつかれてしまったようです。

そうです!!あの、夏の風物詩!!桟橋からの子供達の飛び込みです!!

同僚さんを誘って、今度こそ!!!と勢いよく飛び込みました!!ちょうどその時、私はチェックインのご案内をしており、その一部始終を2階のテラスから目撃しておりました。

もう思い残すことはない・・・・そうです。

誰だって、あれを見ていたら飛び込みたくなっちゃいますよね~~~!!

かくいうわたくしめも、ここに住んで最初の年に飛び込みを済ませております。嫌がるお客さんを無理やり誘って・・・。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、私たちのもとへ新たな「ポークランチョンミートファミリー」を連れてきてくれた彼らはまた都会のジャングルへと戻っていきました。一日中笑顔が絶えない愉快な仲良し夫婦をご紹介いただきありがとうございました。とっても忘れられない出会いになりました。初対面の奥さんには夫の印象がインプットされたようです。

「真実は一つ!!」ではなく、「真実は1割!!」

・・・残りの9割は「エロ」だそうです。(小さな声でっっっ!!)

お別れの記念撮影の時間です。・・って違うでしょう~~~!!お客さんが中心ですよ!!

だから~~お客さんがメインですってば~~!!

いやいや。負けじとお客さんもカメラに入り込む入り込む。

最後にはちゃんと撮りましょうね。

また、絶対、絶対、来てくださいね~~!!お待ちしていま~~~す!!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

海と空を眺めるダイニングの名にふさわしい空の日が続いております。是非、この素晴らしい空を眺めにいらしてくださいね。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 *********

ながらくお休みしていた宮古島探検隊。

少しづつ、また、島を巡りに繰り出すことにした。

南へ向かうといつのまにか整備された場所に出くわす。工事をしていることすら知らなかった。キツネにつままれたよう。

階段は見晴らしのいい東屋へと続いていたが、今回は疲れちゃうのでパス。また次回のお楽しみにとっておこう。

下りの階段もやめておいた。降りたら登らなければならないので。

平坦な道を進むと、絶景ポイントにたどり着く。なんとも素晴らしい眺め。これが船ならさながらタイタニック号だろう。両手を広げたくなる大海原。

真下をのぞき込むとちょっと怖いが、クリスタルブルーの波が見ていて飽きない。

「魚が釣れそうだな」

そっちの方が気になる夫は釣り場を探しに歩き出していた。獣道が釣り場へと誘導してくれる。

「冬になったらここにゆっくり釣りをしに来ようね」

そんな約束ごとが山ほどあり、いつも全部を叶えられずに冬が終わってしまう。今年の冬も忙しくなりそうだ。

島ではもう慣れっこになっているハズだが、さすがにこの場所でこれを見るのは・・・・・ね。脱いだら持って帰りましょうよ~~~!!

心を穏やかにしてくれる出会い。

とっても愉快で、とってもノリが良くて、とっても人柄のいい、とっても素敵な方たちでした。職場の同僚との旅・・・というだけでも羨ましいのに、この人たちの仲のいいことときたら・・・。カップルはご夫婦です。奥様が私の写真を見つけてくれて、「この夕焼け空をこの目で見てみたい!!」と思い、ポークランチョンミートを選んでくださったそうです。同じ感覚を持っていらっしゃる人との出会いはいつもとても嬉しいことです。「共感」っていいですよね。夕方、みんなで長~~~~いこと空を眺めていらっしゃいました。宿の前の桟橋で。奥様はポークランチョンミートのテラスから。

ここは人だけではなく鳥たちも空を眺めに来るんですよ。

旦那さんはカメラが趣味。宮古の素晴らしい景色をいっぱい撮ることができたでしょうか?楽しいお酒もご一緒出来て、短い間でしたが沢山元気をもらいました。

また是非、夕焼け空を眺めにいらしてくださいね。お待ちしております。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

ダイナミックな空を眺めながら、潮風に吹かれながら・・・テラスのカウンター席にて是非お召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

料理担当は夫です。そろそろまたスイーツづくりの再開です。お得意のチーズケーキ。「こんな冷まし方もあるよっ」の巻~~~。

台風の翌日のパイナガマビーチです。浅瀬は砂が舞い上がり濁っていますが、くっきり一線を超えると宮古ブルーが広がっているのが分かります。チェックイン時刻の前に、夫と二人でコーヒーを飲みに目の前の桟橋に出たときに撮影。気持ちがいい風でした。

静佳日記 ***********

少しずつ、以前の生活に戻ってきている。退院祝いで頂いたブーケの残りが花瓶に飾られるようになった頃。

私はまた恐る恐る、朝のウオーキングを始めた。本当は病院でリハビリもしていたのでもっと前から歩いてもよかったのだが、心の準備ができないでいたのだ。

早朝のお隣のビーチは以前と何も変わらない気持ちよさで私を迎え入れてくれた。家の方を振り返る時に朝日を拝む。

手術の前まではこの緩やかな道でさえ息切れがして休み休みでないと歩けなかった。今では以前のようにすんなりと歩けることが有難くてしょうがない。

ビーチでいつも宿に飾るお花を摘んで帰る習慣も元通りに・・・。

調子がいいので少し足を延ばすことにした。いつの間にか宮古にも住宅展示場ができているではないか。しかもコンテナハウス!!

もういっちょおまけのビーチも目指したが、雨が降り出しUターン。ミルキーウエイまでは辿りつけた。

今まで気が付かなかったが、この埋め立て地は「水辺のユニバーサルデザイン大賞」とやらを受賞している。確かに上出来だと思う。あまり活用されていないのがもったいない。

家に帰り、相変わらずテラスで頂く朝食は至福の時間。病院での食事の時間にはいつも思い出していた。食べる場所によって「食」の美味しさ、楽しさは変わってくる。私にとってはアウトドアで頂く「食」が最上級。この建物を造る際、一番楽しみだったのは「テラス」だった。夢にまで見たキャンプのような生活。

この場所に戻ってこれて本当に良かった。

お酒もドクターのお許しが出たので調子に乗って呑んでいる。先日、ワンカップならぬワインカップを見つけて早速購入。こうゆうのに弱いんだよね~~。

更にランチにも出かける余裕を持てている。

そして、まだ果たせていないことの一つに「未来創造センター」がある。以前にも書いたと思うが、おそらく宮古中で私が一番楽しみにしていたのでは?と自負するほどにワクワクしていたそれが完成したと同時に私は入院した。恋焦がれていたそこへ、退院後もう3回も足を運んでいるが3回とも休館日だった。

3回目の時、入り口の「休館日案内」を初めて見た。月曜日、祝日、第3木曜日とあった。私はよりによって月曜日と祝日と月に1回しかない第3木曜日にわざわざ出向いていたことになる。

今度こそ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

釣り船。

宮古で結構有名な釣り船があります。その船にどうしても乗りたくて、その船が出航する桟橋の目の前にあるポークランチョンミートにどうしても泊まりたくて・・・・とご予約を頂いたお客様。宮古では・・・・というのはなんとなく知っていましたが、釣り業界では全国的に有名な船だということは、その方がいらして初めて知りました。私は釣りにはあまり詳しくないので・・・。

さあ、念願の釣り船に乗り、いざ出陣です。

宮古の海釣りを満喫できましたでしょうか?

また、機会がありましたら是非再度チャレンジしにいらしてくださいね。お待ちしております。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。

目の前に広がる夢のような空を眺めながら、海風を全身で受け止めながら、テラスのカウンター席にてお召し上がりください。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 ***********

娘の帰省 PART 3

娘の友達が遅れて宮古入り。その日は下地空港からそのままドライブへと繰り出した。とりあえず、宮古の「誇り」を見せときましょうかね。この「青」を見たら、そりゃあ笑顔になっちゃうのは当たり前。

お次はジャングルへとご招待。三人なら怖くないよね。

ジャングルの隙間からの木漏れ日。

そして、急に世界が広がる。

この坂を登ればその公園はある。

登れるわけないよね・・・・そう言ったら、何故かチャレンジしだす若者二人。

絶景だった。

お昼時にたまたま通ると、気になっていたタコス屋さんが営業していたので急遽ランチはそこで食べることにした。

狭い宮古。お店の入り口で知り合いとばったり。一緒に食べよう!!ということになった。

さすが地元の子がやっているお店だけあって、良心的な価格でボリュームたっぷり。夜ごはん、食べられるかなあ??

私はまだ海に入れないので、その後は娘たちだけお隣のパイナガマビーチにてシュノーケリング。私は少し疲れたのでお昼寝。まだまだ退院後の体が本調子でない。

そして、その日の夕方は三人で夕日を眺めに出る。お決まりの目の前の桟橋へ。

雲が美しかった。風が気持ちよかった。心が穏やかにクールダウンした。

そのあとは勿論、「パパのご飯」で幸せ気分。

いよいよ翌日は最終日。何をして過ごそうか・・・・。

次回へと続く。