Category Archives: 海遊び

ダイニング 5月25日オープン

テイクアウトランチもひとまず終了し、次なる夜の『ダイニング』の準備にのめりこんでいる今日この頃です。「

『This is ポークランチョンミート』チラシのタイトルにそう記したのには理由があります。「これがポークランチョンミートです」を提供したい。(缶詰のことじゃあないですよ)そんな思いを言葉にしました。普通は・・・・は私達は目指していません。だって、非日常を求めるのに、普通っておかしいでしょう?型にはめ込むのはつまらない。料理は夫らしく、空間は私らしく・・・・そうあり続けたいと思っています。

人生初のテイクアウト弁当は、私達にとって初めてのことばかりでした。永いこと、店舗で料理を提供してきた私達にとって、作ってから時間が経つ料理を提供することに全く慣れていなく、物凄く抵抗がありました。特に夫は「熱いものは熱く、冷たいものは冷たく」提供することに異常なほどのこだわりを持っていて、東京で営んでいたお店では、よくそれで夫に怒鳴られたりもしていました。(私はホール担当だったので・・)鉄板の「ジュージュー」音がするメニューは「ジュージュー」音が始まる前に付属のものを手に取り、待ち構えていなければなりません。いうなれば「ヨーイドン!」の「ヨーイ」の段階です。このタイミングにうっかり気が付かないと大変なことになります。モタモタしてほんの一秒出遅れただけで夫の「何やってんだよっ」の言葉の鉄拳が飛んできます。そして、2階の席のオーダーだった場合はもう大変です。オリンピック選手さながらの俊足で階段を駆け上がります。「お待たせしました~~♪」の言葉と共に「ジュージュー」とモクモクの「湯気」と香ばしい香りをお客様に届けられたらゴールです。そして、そのパフォーマンスのせい・・・いや、お陰で、周りのお客様からは「あれと同じものを頂戴!」となります。私はまたオリンピック選手を繰り返さなければなりません。そのお陰で私は階段が大嫌いになりました。休みの日にはどんなに遠回りでも「階段」は使ったことがありません。今、何故、ポークランチョンミートを2階建てにしたのか自分でも意味不明です。でも、今は急いで階段を上がることはないですからね。

話しがかなりそれてしまいましたが、そんなこんなでお弁当を始めた当初は直前まで盛り付けず、お客様がいらしてからごはんとスープをよそっていました。それもあってごはんは別盛りです。だからもう、てんてこまいでした。でも、初めて余ったお弁当を時間が経ってから食べた時、二人で顔を見合わせました。「冷めても意外と美味しいね」勿論冷めても美味しく召し上がっていただけるようなメニューをチョイスはしていたのですが・・。とてもいい経験をしたと思います。あまり乗り気でなかった夫をその気にさせるため最初は私がメニューを提案していたのですが、ドンドン面白さが増していった彼は、自分で献立も全て考えるようになり、お弁当離れが始まったからもう辞めようかと私が言いだすと「楽しいから辞めたくない」と引き伸ばしました。

この度「ダイニング」として夜のコース料理を始めますが、夫はランチやお弁当もまだまだやりたいみたいです。まあ、ゆっくり決めていきたいと思います。やりたいことを悔いなくやるというのが、人生の半分を過ぎた時からの二人の合言葉ですから。あ、そうそう。夜はピッツァのテイクアウトも始めました。前日までの予約で、1300円です。ナポリピッツァの「マルゲリータ」。ポークランチョンミートに泊まったことがある方は召しあがったことがあると思いますが。島内の方も是非!!ついでに宣伝しちゃうと、ダイニングはお一人様2500円のコース料理のみで2名様からのご予約になります。メニューの一例はインスタグラムやホームページにてご紹介していきます。(今までと同様)

宜しくお願い致します!!

さて、昨日は恐ろしい雨と風が暴れまくりました。台風の風のようでびっくりしました。勿論、お向かいのイラブティー二島も消え、全てのものが見えなくなりました。そんななか、元気が有り余っている島の子供たちは宿の前の桟橋で海に飛び込みまくり~~~~!!十数名が立て続けに少しずれながら飛び込んでいく様子をテラスから見ていて、思わず夫と吹き出してしまいました。「あいつら、アホだな」子供たちにとって、雨や風はあまり障害ではないようです。私も然りですが。「雨の日に海で泳ぐって楽しいよね」私が言うと「お前よりずっと前から俺は知っているけどね」と、島育ちの夫は少し威張って応えます。

今日のこの時間も桟橋は裸足の子供たちでいっぱいです。

いつもの夕日は今日は見られるのかな??

当分の間はお休みのはずの宿の朝食・・・でももう癖なんですかね。未だに色々な試作品を作ってしまう夫です。たかだか「玉子サンド」と思うでしょ?ところが奥が深いんですね、サンドイッチは。素材や作り方でまるで違うものになるんですよ。

だから料理って楽しい・・・・のかもしれません。

外国産のフルーツのパパイヤが売っていたのですごく久し振りに食べてみました。レモンをじゅわっとかけて・・・。宮古ではパパイヤは殆ど野菜として食べられているので。

そして夫の料理欲は止まらない。

二日酔いのお昼はインスタントラーメンがいいんです。野菜をたっぷり放り込んで。潮風にあたってアルコールを飛ばすべく、テラスにて。

いつの間にか「しずかだん」に生まれたこの花、なんだ?

相変らず、宮古の雑草を楽しむ毎日です。

静佳日記 *********

「ここは外国ですか?」

晴れた日のパイナガマビーチでこのセリフをいったい何度口にしたことだろう。

だから私は雨の日が意外と好きだ。何故って?こんな海を見ていて泳ぐことを我慢するのは、ご馳走を目の前に置かれて「待て」と躾をされているワンちゃんよりも可哀そうなことだから。そこへいくと雨の日は「雨だから今日はこれをしよう」と他の選択肢が選べる。やりたいことが整理券を配って待たなければいけないほど沢山ありすぎる私はその日にやることを決めるのが一番難しい。仕事人間の私はその殆どが仕事にかかわることなのだが・・・。仕事が趣味みたいなものだから仕方がない。ここ何週間か海に入るのを忘れてしまうほど仕事に没頭している。なので、晴れた日に迷わず飛び込んだ。建物を出ると0分でビーチ。これは世界中の海好きの人に大きな声で自慢したい。「いいでしょう~?」と。

この、干潮の時に大勢の人を滑って転ばせた階段を下りて海へと入る。ビーチと宿(家)との間にある公園を廊下だとしたら、この階段は脱衣所。そして海が私のお風呂ということになる。(なる?)さあ、思い切り露天風呂を楽しもう。

なんだか珊瑚の色がいつの間にか戻りつつあるような・・・。

いつもは泳がない桟橋の岸壁近く。先日、テイクアウトしたタコスをここで食べた時、偶然にもイソギンチャクを発見したので探検したくなった。

その時に見ていたこいつらもいた。いつも動かずここにいるんだね。

そして肝心のイソギンチャク。クマノミちゃんを探すのが目的だったのだけれど、どうやら空き家のよう。それでも暫く観察していると・・・・

「いた~~~~~!!!」

ちっちゃい赤ちゃんクマノミ。恥ずかしそうに少ししか顔を出さない。

これで私がパイナガマで見つけたクマノミのお家は15軒目になる。

そして、桟橋近くはお土産も沢山拾う。

自由に遊んで岸近くまで戻ると、何やら水風船のようなものがそこここで膨らんでいた。なんだか不気味。正体はわからないが波に合わせて色々な形に変化している。

さらに浅瀬まで行くと今度はハッキリと生き物とわかる物体に遭遇。さっきの水風船も仲間なのかな?

いつも新鮮な出会いがあるこの露天風呂が私は大好きだ。

宮古島探検隊 続き

「イカ釣りたい(隊)」のメンバーたちが連続出勤してくる目の前の桟橋。

子供たちももう釣りくらいしか遊びがないようです。というかコロナの前からそうだけど・・・?

そんなブログを書いているそばから、「そうでもないぜ~」と言わんばかりに目の前の海に思い切り助走をつけてダイブする子供たちの姿が・・・・。どちらにせよ、そこらじゅうに海があるって幸せなことです。ああああああああ!!!!あたしも飛び込みた~~~~~~~い!!!!!!!!

昨日、宿のテラスで朝ごはんを食べている時、何やら大きな動きが・・・。どうやらイカを釣り上げたぞ~~~!!しかもデカい。いいなあ・・・と眺めていると、その先、桟橋の先端ではもっとデカい「何か」を釣り上げようとしている男性。すぐに周りの人たちも走り寄っていきます。な、な、なんだろう?何が釣れるのかな?暫く観察。

お~~~~~っと!!まさに釣り上げる瞬間を見逃しませんでした。タモ係はさっきイカを釣り上げた人。みんな協力的~~~。

釣りあげた~~~~~~!!!大きいぞ!!そわそわしながら見ていると、「『宮古新聞 布干し支部』の静佳は取材に行かなくていいのか~~?」と夫が後押し。「行く行く~~~~!!」猛ダッシュで駆け寄り「写真撮ってもいいですか~?」「手に持って撮れよ~」と言うのを遠慮して、撮影。いや、大きさがわからない。えいっ!と履いていたゾウリを片方投げてパチリ。

まるで魔法のように体中がピカピカと色々な色に光る美しい魚でした。

凄いですねえ~~~~。釣りに興味のある方は、コロナが収束したら是非宮古へ遊びに来てくださいね。(今は我慢我慢でお願いしま~~す)

さて、誰にも見てもらえないのが残念ですが、静佳の花壇「しずかだん」は元気に育っています。ローズマリーちゃんはドンドン広がり、

どこかから拾ってきて植え付けた雑草は見事な花を咲かせています。かわいいイエローとパープルブルーが素敵なコンビネーションです。

でも、お披露目する人がいません。皆様が宮古に来れるようになる日まで、もってくれればいいのにな。台風が心配です。

我が家のお昼ごはん。勿論夫が作ってくれます。

まずはスープから・・・。夫はごはんの時にスープやみそ汁が無いとダメな人なんです。自分がそうだからポークランチョンミートのテイクアウトランチもスープにはこだわっています。毎回あれやこれやで手法を変えて・・・。

この日のお昼ごはんは石焼ビビンバです。石焼をテイクアウトできないのが残念。ナムルは食材ごとに一つ一つ別々の味付けをします。

最近、私は宿の仕事を失ったので夫のテイクアウトの料理のサポートをしているのですが、殆どの手仕事はやらせてもらえないので、私の役目はせいぜい夫の仕事の環境を整えること(掃除)とモヤシのヒゲとりくらいです。このヒゲとり、何百もあるのでかなり大変なのですが、私はなんだか楽しんでいます。私は料理の「でっち」の経験がないのですが、今は雑用ばかりしているのでまるで「でっち」の気分なんです。近くで夫の手仕事を見るのも楽しいですし、道具を消毒したり、片づけたり・・・「なんかでっちになったみたいで楽しいね~~」と夫に言うと「お前なんかでっちになれないよ」と言われます。そりゃ~そうですよね。親方に口答えするでっちなんていませんから・・・。もやしのヒゲとりすら「これはなんなんだよ!!だからお前にやらせたくないんだよ!!」と、いつも怒られてばかりの私。一つでもひげが残っていると親方は激怒するんです。「私、老眼で見えないんだからね!!」と口答えする私は確かにでっちにはなれません。これからは気を付けますので、首にしないでね。だって、これからもでっちを楽しみたいから~~~~!!

静佳日記 ***********

宮古島探検隊の続き・・・

展望台の後は広場を散策してみる。

島では一年中、様々な花が楽しめる。

ディアベルのバックのような樹の幹。ブツブツブツブツがちょっと気持ち悪い。

あら、かわいいベンチが見えてきた。

とても楽しそうな広場。

カラフルなブランコ。

そして、「母ちゃんの森」を発見!!

「父ちゃんの森」はあるのかな?そして「兄ちゃんの森」は?「姉ちゃんの森」は?「赤ちゃんの森」はどうするのよ~~~~!!と思ったが、「かあちゃんの森」以外は見つけられず・・・。散歩でお腹を空かせた後にランチに寄ったカフェ。デザートまで食べちゃったら後は寝るだけだね。

家に帰ると、目の前に広がる今度の景色は海。

何だろうな~~~。やけに幸せだぞ。

  (注*2月頃のお話です)

好きなこと。好きなもの。

朝日を見に行きました。宿から歩いて10分ほどの所です。お天気はあまりよくなかったのですが、ほんの少しのパワーが昇ってきます。

弱いながらも確実にみなぎるパワー。

西の空をピンク色に染めるだけの力はあったようです。

帰り際に振り返ると、いつの間にかパワーが増大していました。

朝日を観に行くだけでもその日の始まりが変わるから不思議です。力がみなぎるような・・・・、自分がスーパーサイヤ人にでもなったかのような錯覚。

少しの運動で朝食も美味しくなります。中華粥に自家製のヨモギを添えて。

さて、気になっていたランチのお店特集。

今回はまだ一度もうわさを聞いたことがないお店へ・・・。(自粛前です)

食堂のメニューはどこもさほど変わりませんがお店によって微妙に味が違います。当り前のことですが。

帰りに寄ったスーパーで、どう見ても切り干し大根が「かんぴょう」と書かれており・・・

駐車場には絶対と言っていいほどヘアーゴムが落ちていて、

夫の顔よりデカいキャベツを見つけました。

そして、家に戻ると目の前の桟橋にパトカーが来ていました。子供たちと一緒にお巡りさんが海を覗き込んでいます。何がいるのかな?

暫くしてお巡りさんは退散。去っていくパトカーに向かって「また来てね~」「バイバーイ」と大きく声をかける子供たち。

その日も沢山笑顔になれました。

それでは、ポークランチョンミートの朝食の一例のご紹介です。

宮古のカツオがよく手に入るので、夫がカツオを使ったレシピをいろいろと考案中です。

静佳日記 ***********

初めてのビーチ探検。

小さな小さなビーチも入れたら、いったい幾つのビーチが宮古には存在するのだろう。かと言って、わざわざ数を数えるなんて野暮なことはしない。

この日も初めましてのご対面ビーチ。お天気はすぐれなかったが、「この中はどんな風?」のワクワク感で満たされていた。

待ちきれず、すぐにシュノーケリングの道具を装着し未知の海へと飛び込んだ。

あら~~~~~~~~。こうきたか。

想像以上に綺麗な景色。透明度も半端ない。

少し泳ぐと、隠れビーチへ上陸。背の低い樹がぽつんと立っていた。

そして洞穴だらけ。まるでビーチがリビングで、その周りに幾つもの子供部屋が造られているかのようだった。

ひときわ大きな穴まで行くと、スタートした場所が見える。

振り返るとこじんまりとしたビーチ。

クリームソーダ色の海はここだけ。

そこを再び出発する時、友人に言った。

「あの島まで泳いでみる?」

凄く遠くに見えても、泳いでみると意外と近い時がある。その島の周りはシャコ貝の宝庫だった。地雷が張り巡らされているかのようにギッシリと海底を埋め尽くすシャコ貝。

次に目指したのは海からしか見つけられない洞窟。

「よし!次はあそこに行ってみよう!!」

道中、クマノミを見つけたり、

海のサボテン(私が勝手にそう呼んでいる)を見たり、

もじゃもじゃ(これも勝手にそう呼んでいる)が沢山。

とにかく楽しい海の中。心の高揚が止まらない。

その洞窟の周りにはいくつもの小島の洞窟が並び、水路までできていた。

面白い。

と、そこで少し体が冷えてきたので戻ることにした。そう、その日はまだ2月だった。

海から上がると夫がランチの用意を始めているところだった。出来上がるまで少し歩いて探検しよう。

大きな穴に向かった。

浅瀬の水はハッキリと色を変えている。

海の中の池はとても美しい。

「ごはん出来たよ~~~~~!!」

まるでお母さんのような呼び声に、お腹をすかせた好奇心旺盛な子供たちはすぐに駆け寄っていく。

わ~~~~~~~~!!

「お皿を忘れた」という夫は、フライパンのまま特製のミートソースを差し出す。

それはそれで、なんとも「アウトドア」で楽しい。美味しいのは言うまでもない。途中で降りだした小雨には誰も動じなかった。むしろ笑っちゃったくらい。「どうせ濡れてるしね~~~~~」

どうして海はこんなにも楽しいのだろう。その答えはわからなくてもいい。ただわかっているのは、私はこの為に宮古へ移り住んできたということ。好きなものに囲まれて生活できることに感謝。

宮古島はいい気候です。

コロナウイルスは海で浄化されないのかな?

心身ともに何でも治してくれるこの海を見ていてそう思いました。最近、急にパイナガマビーチで泳ぐ人が増えてきました。

一か月ほど前から、お隣の公園のベンチが使用禁止になっています。屋根の部分が老朽化で危険だからという理由です。まあ、宮古の時間で言うと、あと数か月は修繕されないでそのままになると思いますが・・・。動くまでがゆっくりなお役所仕事と、構わずにロープをくぐって勝手に座っている地元のおじぃ達との対決です。

海をぼーーーーーっと眺めることが好きなRちゃん。もう彼女とのお付き合いは6年目になりました。ポークランチョンミートの初めましての頃からです。一人旅のことが多いですが、最近はお友達ともいらっしゃいます。お気に入りは目の前の桟橋。いつも夕方になると吸い寄せられてゆきます。そこも私と似ているところです。ここの、この気持ちよさがわかる人とは相性がいいんです、私・・・。

今回も特等席に座っていました。

桟橋から眺める夕日は季節によって移動しますが、一年中眺めることができます。

ポークランチョンミートのテラスのカウンターだって、気持ちよさでは負けておりません。朝食は海風を吸い込みながらのんびりと時間をかけて・・・。

今回は地元の友人が夜に急遽やってきての身の上相談に付き合ってもらったりもしました。次回はどんなことが起こるかな?次は海での遊びも楽しんでください。きっと今年また会えることを期待しつつ・・・・。

さて、ポークランチョンミートの共用部分に本棚を造りました。私の好きな写真集や、宮古の情報誌などを置いていますので、どうぞご自由にお読みください。

誰から聞いたのか、ファミリーマート限定の沖縄そばのカップ麺が美味しいとか・・・。なんでもすぐに試してみたくなる性格の私は早速・・・・・。

欽ちゃんヌードルの新しい味も見つけました。

我が家のお昼はルーローハン。夫が作ってくれました。

そうそう、知人のリニューアルオープンしたお店にも行ってきたのを忘れておりました。内装が素敵で、それだけでもうテンションが上がっちゃうお店です。今はコロナで自粛なのかな??ちょっと情報がありません。

それでは、ポークランチョンミートの朝食のご案内です。中華がゆの日。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。宿泊予約時にお申し込みください。

本日の『笑顔になった瞬間』

・・・原付の後にコーヒーパックを挟んで走っているおじさんを見た時・・・

静佳日記 ************

釣りの勢いに乗っていた頃。場所をとっかえひっかえ釣り道楽の日々。

お弁当を持参しない時は、商店で物色。「丼」ではないけれど「親子丼」とはこれ如何に。

トンカツはソースがかかっていたりかかっていなかったり。

宮古のお弁当は本当に面白い。笑顔になりたかったら商店へ行こう!

その日はお弁当はやめて、去年新しくできたハンバーガー屋さんに行くことにした。テイクアウト専門。

釣りの前に早速海で食べよう。

雲は上々。

海の色も上々。

もう、このままここでずーーーーーーーーっとハンバーガーを食べていたい。

だけど現実にはすぐに食べ終わってしまい、釣りが目的だったことを思い出す。

何度か竿を振るとすぐに釣れた。

まあ、ビギナーズラック的な現象はいつものことで、単純な私はすぐに夢中になり、お喋りもせずに釣りにいそしんだ。結果、夫は坊主、私は最初の一匹だけ。でもすごく楽しかった。やっぱり海って最高だね。

小腹がすいたので、帰りに島のから揚げ屋さんへ寄り道。味付けの全種類を買っちゃおう!!もう、今日は太ったって構わない!!

仕事がない時にしかできない贅沢を味わった。ちっぽけな贅沢だなと思われるかもしれないが、こんなちっぽけなことを「贅沢だね~」と思える私達は本当に幸せなんだと思う。

少~~しずつ、だけれども着々と人生が「幸せなんだ」と思える瞬間が増えている。それは自分自身の考え方、捉え方によるところが多いのではないだろうか。そのコツを少しでもつかんだ人はきっと満たされているに違いない。

「ない」に嘆くより、「ある」を見つけて喜びを感じよう。

旧友。

高校の同級生が遊びに来てくれました。

最後に会ったときはまだ小学生だった息子君も今年からなんと私達の母校の高校に通います。お父さんお母さん共に同級生なので、これは本当にすごいことですね。おめでとう。

日頃の仕事の忙しさから、いつも宮古へ来るときは「何もしたくない」という大人たち。3回ほど宮古には来ていますが、伊良部大橋と一回だけ行った新城海岸くらいしか知りません。興味もないようです。

なので、親はほっといて、息子君とSUPをすることにしました。宿の隣のパイナガマビーチにて。彼ははここが大好きなんだそうです。嬉しいですね~~~。

少し遠征して見せてあげたい場所がありました。小さな門をくぐると現れる不思議な場所。海からしか入れません。ここだけ珊瑚が綺麗です。

奥には、そこだけ海の色が違う場所があります。

潜ってみても、いつも底が見えないんですよね~~~~。ここは。すごく神秘的!!

しばらくそこで遊びました。まったく音のしない世界です。まさにパワースポット!!

水中カメラの充電が切れるという、情けないハプニングもあり、撮影はここで終わってしまいましたが、ここからまた大冒険へと繰り出しました。

彼もクタクタになったらしいのですが、私だってもう彼の3倍以上の年ですから~~~!!翌日は全身の筋肉痛と戦いました。

旧友との懐かしい青春話しも、息子君の手品も、一緒に食べた沖縄料理のお店も、全てが楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。これもコロナのお陰かな?忙しかったらそうはいかなかったから。

最後に桟橋から眺めた夕日。息子君が「あれは何?」と言ったセリフに驚いてしまった私。「太陽が何であんな色になるの??」え?え?え?夕日を見たことがないの?東京の太陽は朱く染まらないの?彼も驚いていたけれど、それよりもっと私は驚いた!!

きっと東京にいたら空を見ることがないんだね。

彼らが帰った後の夕日がまたすごかった。見せてあげたかったなあ~~~。

またいつか、ひょっこり遊びに来てちょーだい!!楽しみにしていま~~~す!

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング HELL’S KITCHEN(ヘルズキッチン)」のお食事のご案内です。

朝食の一例です。

夕食の一例です。その日のテーマで何品かお出ししております。

宿泊者限定・完全予約制・完全お任せメニューです。連泊の方は毎日メニューが変わります。宿泊予約時にお申し込みください。

静佳日記 **********

朝のウオーキング。

歩いているとよく看板を見るのだが、宮古の看板は信用できない。以前のお店の看板を消していないところが多く、今現在のお店は何屋なのかをきちんと見極める必要がある。

そしてまた新たな疑問を投げかける看板を見つけた。

日本語に直すと「ヨガと  」・・・・何?

「マーねえちゃん」は以前から知っていたが、先日昼間に通りかかった時に初めて人がいるのを見た。ガラス戸が少し開いていて、ママらしき女性がおじぃ相手に呑んでいた。昼呑みOKなのか!!!!!

店名の命名も楽しいところが多い。

「ハッピー卓球場」

そして、葉っぱの中には猫。

車の上には電子レンジ。

太陽にほえろ。

いつも見ている景色も、見方の角度を変えると新鮮だ。

そしてまた日が昇る。毎日同じことの繰り返しだけれど少しづつ違う。それを見る自分も少しずつ変わっていっている。成長したり、後退したり・・・。一歩進んで三歩下がろう。結果、ちょっとづつでも進めばいい。

その日港から廻って帰ると、海が今まで見たことのない彩になっていた。