Category Archives: 宮古島の夕日

朝日を浴びて

私は子供の頃から「観察」が好きでした。一歩外へ出るともう、キョロキョロキョロキョロ。何にでも興味を示す子供でした。お家やインテリアなど、好きなものは特に夢中になりました。それは大人になってからも変わりません。「見る」ことが大好きです。だからこの変化の多いポークランチョンミートの場所は私に合っています。日々、同じところを見ていても変化があって面白いですから。「見る」には絶好の場所です。

どこかで順番待ちをする時もキョロキョロしています。病院など、長い「待ち」の時は本を持って行くと何時間でも楽しく過ごせます。だから、意外と早く順番が来るとガッカリする時もあります。

郵便局の順番待ちの時にもキョロキョロしていたので面白いことに気が付きました。「ダイビング機材等で荷物に濡れがある場合は・・・」の注意書き。これは宮古ならではの注意書きですよね。内地の郵便局ではまず見ない。

スーパーの商品名にも目がいきます。謎めいたネーミングの「JAZZりんご」は思わず美味しそうで買ってしまいました。

シークワーサーの親玉のようなこれは「カーブチー」と書いてありました。沖縄のミカンのようです。(沖縄本島の名前かな?)

方言と言えば皆さんはこれ、なんて言っているかわかりますか?

「酒は、ナマビュウで、ビュウ フサリはダメよ!」

では、これはどうでしょう。「でーびる」も「ソーローバシ」もわかりませんよね。

「タンナファクルー」なる代物。おそらくお菓子・・・かな?パン?

全てに興味を持つと、毎日が楽しくなります。

さて、話が変わりますが、我がポークランチョンミートの孤高の料理長が作る自家製パン。皆様の朝食やディナーで活躍させていただいております。試作品のほんの一部をご紹介します。

マンゴーソースも登場です。

朝食にカレースープ。朝食のスープも手間暇かけて作ります。基本、彼は簡単にできるものより、手間がかかる料理の方が好きなようです。作ることが好きな人ですから。毎日違うものをお出ししています。

テラス席でどうぞ景色と風を楽しみながらお召し上がりください。

静佳日記 **********

「静佳さんがいつも行く朝日の所に行きたい」

そうお客さんに言われ、そういえば最近行っていなかったと思い出す。行きたいところが山ほどあるから一日が何時間あっても足りやしない。取り合えず、思い立ったが吉日を忠実に守る私は、すぐに向かうことにした。天気予報は基本見ない。朝起きた時の空で判断。日の出の時刻すら調べなかったが、神様がおまけしてくれたのか、ピッタリちょうどの時間にそこへ着いた。カメラを構えるとまさに太陽がその頭のてっぺんを覗かし始める。一人でその動きをじっと眺めた。いつも殆ど誰もいないその特等席での日の出観賞は、この空を、この太陽を、独り占めしているようで、とても贅沢な気分になる。

太陽のオレンジの光がどこまで届いているかと、後ろを振り向いた。

本当に見晴らしがいい。

展望台から降りるとその後は、太陽のおこぼれを愉しむ。とにかくシルエットが美しい。

公園に必ずある、子供の靴の忘れ物。ちゃんと帰る時に裸足かどうかを確認してね。

帰り道、私の好きな花が咲く沿道が丸裸にされていた。

どんなに刈られても野草は強い。もう、次の世代が生えてきていた。

そして『静佳ビーチ』は必須項目。

必ずと言っていいほど、朝に降り立つビーチ。ビーチを歩くのは朝だけ。昼間は泳ぐだけになる。家はビーチの端っこにあるから、ビーチを歩くことなく海へ入り、海からあがると再びビーチを歩くことなく家に帰る。

ライフセーバーの救助の練習は早朝によく見かける。

それにしても、よく忘れる子供の履物。ビーチにも散乱していた。

自転車もきっと忘れ物。数か月間置きっぱなしのような気がする。乗ってきたことを忘れるのは、もう、立派な認知症だ。

だけど、この景色・・・・嫌いじゃない。絵になっている。

一日の幸せは朝から始まった。

海へ行こうよ!!

初めていらした日のことを今でもよく覚えているお客様。毎年来ていただいております。宮古島で入籍をするほどの宮古好き。よくわかります、わかります、その気持ち。いつかはきっと宮古島の住民になる日が来るのでしょうかね?

今年はゴルフも楽しみました。そして、パイナガマビーチで初のSUP体験も!!

2人乗りでの遠征はまるでカヤック。カヤックに乗った方が良かったんじゃないの~~~???(笑)

遊びが尽きることのない宮古島で、次は何をするのでしょうか?

また、お待ちしておりま~~す!!

さて、ポークランチョンミートでは、コロナ禍が始まって以来、お弁当、ディナー、テイクアウト、ランチにモーニングと、試行を凝らして飲食に力を注いでまいりました。が、緊急事態宣言も解除になった今、ランチ以外は宿泊の方専門でお食事を提供させていただいております。夕食と朝食は全てお任せメニュー。宿泊予約時に事前のお申し込みが必要になります。

料理担当は夫です。様々なジャンルの料理を手掛けてきましたが、その中でも特に作るのが好きな料理は中華だそうです。

普通のかつ丼も作りますが、

中華カツ丼を考案しました。新作です。

中華の定番、シュウマイもオーソドックスなものから

変わり種まで

今まで様々な「しゅうまい」を作ってきました。

料理のレパートリーの広さは、仕事に携わっていた年数の長さに比例しています。そして、彼の探求心の強さにも比例していると思います。

宿泊される方は是非、朝食と夕食をご一緒にご予約下さいませ。テラス席にて眺める空と海はとても素晴らしいです。何よりも海風が頬を撫でる感触がこの上ない気もちよさを感じさせくれること間違いなし!!

静佳日記 **************

宮古には数えきれないほどのビーチがある。観光名所として有名になるところはやはりそうなるべくの美しさがある。だが、宮古をあなどることなかれ。名もないビーチも負けず劣らずだ。これが宮古のすごいところ。このことに気が付いた者はもうすでに宮古の海の虜になっているにちがいない。

その、海に捕らえられた者の一人の私は、「海に行こう」と思い立った日はいつも迷ってしまう。沢山の中から1カ所に決めるのは至難の業だから。

その日は、久し振りの海を選んだ。

水温はまだまだ暖かい。入水してまもなく珊瑚がお出迎えしてくれる。初めて見た6年前、ここはクリスマスパーティーのようで、カラフルな珊瑚が息をのむ美しさだった。その感動は忘れられない。今でも色こそ少なくなってしまったが、その珊瑚の多さは圧巻だ。

そして抜群の透明さに、水中を泳いでいるのか、宙を浮いているのかわからなくなるカラフルな魚達。

しばし時間を忘れる。

海から上がると、待っていた夫とお弁当タイム。彼は宮古で育ったためか海には入らない。多くの宮古人がそうであるように・・。ただ、海に来るのは好きなようだ。のんびりビーチにいるだけでリフレッシュできるらしい。

その日はお弁当は作らずに買っていった。宮古で色々なお弁当を試したが、あまり失敗しない「のり弁」を私達はよく買う。

貝殻を拾ってつけ爪にして遊ぶ。

帰り道、前を走るゴミ収集車に見とれた。一般的に青い色のボディーだが、その車は真っ白に塗られ「Pick up Service」とお洒落な看板。

いいね~~~~。無駄にこういうことにこだわる人が好き。

ゴミ収集車が青じゃなきゃいけないって誰が決めた?固定観念を持たないところも更に好み。

気持ちのいい昼下がりだった。

会いたい人。

また会いたいな。

ポークランチョンミートを始めて7年目になりますが、そう思うお客さんが沢山います。

かなり前の話になりますが、彼らも素直にそう思えたお客さんでした。初めましてだったけれど、凄く楽しい時間を共有できました。帰ってからも素敵なメールをくださいました。

こういう出会いが宿業をやめられない理由です。というか、これしか理由はありません。この積み重ねでポークランチョンミートは育ってきました。

素敵なご夫婦には可愛い天使ちゃんが二人。

いつかまた、遊びに来てくださいね~。次回はサーフィンも是非、楽しんでください!!お待ちしておりま~~す!!

ところで、先日、蓑虫を見つけました。ミノ虫って懐かしくないですか~~??もう何十年も見ていない気がします。

さて、それでは、ポークランチョンミートのお食事のご案内です。

夕食はお一人様2200円(税込み)。すべてお任せ料理の事前予約制です。

(直前のご予約はプラス料金が加算されます。またはお受けできない場合もございます)

宿泊以外のお客様はお任せコースにて。(お一人様3850円税込み)予約制ですが、只今の期間はお休みしております。

サンセットを臨むテラス席にて素敵な時間をお過ごしください。

朝食はお一人様1100円(税込み)。

自家製パンの種類も豊富です。

ポークランチョンミートにお泊りの方は是非お食事のご予約も忘れずに!!

ポークランチョンミートに来たら・・・起きてすぐに見える宮古ブルーの海。ホップステップジャンプで行けるビーチ。目の前に広がる夕焼け空。飛行機雲。2階テラスのハンモック。海を眺める露天シャワー室。非日常を充分に味わって帰ってくださいね~~~。忘れられない思い出になるハズです!!

静佳日記 ********

私の人生にはあまり無駄がない。

そうでありたいと考え、常に意識して無駄のない生き方をしてきたように思う。

「つまらない」とか、「暇だなぁ~」とか、「なんかやることないかなあ~」などというセリフとは無縁に生きてきた。

そして、40代になってからだっただろうか。キャンプという遊びを覚え、初めて「無駄な時間」の貴重さ、贅沢さを知ったような気がする。

無駄と言うとちょっと意味が違うが、正確に表現すると「何もしない時間」だ。ただただ、ハンモックに揺られる。ただただ、夕陽を眺める。ただただ温泉に浸かる。

学校から始まり、遊びや仕事や子育て、家事に趣味・・・・と、全てにおいて全力投球してしまう性格の私は、あわただしく過ごしてきた。『万年時間が足りない病』にかかっていたと言ってもいいだろう。だからこそ、ふと、立ち止まった時に、何もしないという真逆の幸せに気付けたのだろう。

先日、娘に聞かれた。

「ママは宮古に来て後悔したことはないの?」

「全く無い!!」

即答だった。

ただ、どうして住みたいと思ったのかは、もう忘れてしまった。お客さんからも、よくよく問われる質問なのだが、正確に答えることができなくなってきている。

「なんでだっけ??」

気が付いたら決めていたような気もする。私は一度決めたことをゆるげない。

そうか。それが答えなのか。

「自分の思った通りに生きたい」

誰に気兼ねすることもなく、やりたいことをやりたい。自由な概念で、楽しい生活がしたい。キャンプ遊びを日常生活にしたい。そしてそれには「海」は必須項目だった。

そして今、相変らず時間は足りないが、「キャンプのような暮らし」はほぼできていると思う。いや、それ以上に楽しい。少し時間を作れば「あの」贅沢な時間もすぐに手に入る。

その一つが「目の前の桟橋」タイム。

少しご無沙汰だったので、先日、無理くり時間を作って出向いた。

山のように積み上げた「読みたい本」の中から2冊をチョイスして持参したが、あまりの空の綺麗さに、1ページもめくれず、ただただ空を眺めた。幾重にも織り重なった雲のすき間から、意表をついて飛び出してくるオレンジの光。そして、その光のイリュージョンは次にどう変わってゆくのか、毎回想像ができない。そのワクワク感が心を虜にしてしまうのだろう。日常の一コマにこの時間が存在していることへの歓びは、果てしなく大きい。

今日もここへ来て良かった。

必ずいつもそう思う。

また、明日も・・・・。

とんこつ醤油が宮古そばに恋をした。

私の夫は人生の大半を飲食の職に捧げてきました。普通のサラリーマンならもう定年の年数です。

そんなに働いてきたのに、彼はいつも言います。「自分は料理人ではない」と。その理由はただ一つ。「すごい料理人が世の中にはたくさんいる」「だから自分のことを料理人と呼ぶのはおこがましい」と。

それでも彼はいつの時代も料理に関しては徹底的でした。一つのものにハマるとのめり込み方が半端ないんです。

ラーメンはその中のほんの一部です。今まで様々なラーメンを作ってきました。シンプルな志那そばから、韓国、台湾ラーメンに至るまで。

東京で営んでいた居酒屋ではたまにお勧めで提供するカレーラーメンとオロチョンラーメンが人気でした。

そして、今、彼は豚骨スープにのめりこんでいます。

何がどうしてそうなったのか、もう記憶にないですが、気が付いたらそうなっていました。

数々の試作を繰り返し、自分の味を見つけたようです。宮古そばとの相性も抜群!!その名も、

「とんこつ醤油が宮古そばに恋をした」

限定ランチにてお披露目いたします。3枚肉を使ったトロトロチャーシューもどうぞご賞味あれ。

と言うわけで、夜のお任せコースは暫くお休みしております。皆様にはご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。彼の熱意がまたそちらに向かったらきっと再開すると思います。今はそっと彼のとんこつへの愛を暖かく見守っていてください、ませ。

静佳日記 **********

暫くの間、朝のウオーキングができていない。

あの朝日を見に行ったのはいつのことだったろう。写真を見返しながらその時のことを思い出そうとしている。

その日は時間に余裕があった。いつものようにてっぺんを目指し、宿から10分ほど歩く。坂道がきつく感じられるようになったのは、年のせいだとは思いたくない。

ちょうどいいタイミングでお日様が昇ろうとしていた。

何度来てもこの景色はいい。いつも誰もいないので独り占めの空。太陽が頭を見せ始めた。赤ちゃんの誕生を連想させる瞬間。私は自分の出産を見たことはないが、夫は第一子の誕生の一部始終を目に焼きつけている。意外と男ってやつは気が弱いらしく、二人目の時は立ち合いを辞退した。

赤ちゃんがこの世界に頭を覗かせた時よりもはるかにゆっくりだが、その真ん丸なオレンジ色の憎い奴は、瞬く間に全貌をお披露目する。

そして、電波塔の上にちょこんと乗っかった。

静かにその様子を眺めていると、なぜだかパワーがみなぎってくるように思えるから不思議だ。よし、今日も一日を大切に過ごそう。

振り返って、宿の廻りの海を見下ろす。私のお城は小さすぎて見えない。

そこからの歩きは、どこもかしこもまるで絵画の様な景色を楽しむことができる。

幹の形が魅力的な樹を眺め(あ、この樹、あれだね)、

カンガルーの赤ちゃん!?に、ほっこりし、

静佳ビーチを眺めて帰る。

ただそれだけの繰り返しなのに、また行きたくなるのは何故だろう。この朝の儀式があるのとないのとでは一日がまるで違ってくる。

お土産に積んだ花を飾って、

夫の作ったパンを試食。

もう、十分じゃないの?

と思うけれど、もっともっと!!!が止まらない彼は、もっと美味しいパンを目指して毎日、粉と戦っている。お日様のパワーをもらっていない日陰人間が、どうしてこんなにもバイタリティーがあるのだろう?

よ~~~~し!!私も頑張るぞ!!!!

本当にお久ぶりです。

もうどれくらいぶりでしょうか?

ご無沙汰しております。いつもの皆さんはきっと色んな憶測をされていたことでしょう。この日から読み始めの方は、初めまして。

相変らず、余計なことで忙しく動き回っている夏です。今年は修理やメンテナンスが異常に多く、汗をかきまくりの日々でした。お陰様で私の職業の幅も広がったように思えます。

その間、義姉に貰った宮古の果物?は試してみることも出来ず・・・

作りもののようなクッキリ花を観賞したのも一回こっきり。

お隣のパイナガマビーチの砂をショベルカーで移動していたのを眺めたのはいつのことだった?

スーパーへの買い出しはかろうじてできた夏でした。(いつもは買い物すらいけない)そこで見つけた「うむくじてんぷら」。夫は宮古の方言ではないんじゃないか~と言っていましたが、どうやら芋のカスのてんぷらのことを沖縄ではそう呼ぶらしいです。宮古でなんというのかわかりませんが。(同じかもしれない)

またある時はびっくり表示!!

473円の商品が30%引きになると、な、な、な、なんと!!

526円になっちゃう、宮古の摩訶不思議。

そんなある時、スーパーで「すいませ~ん」と男の人に声をかけられたんです。この年でナンパでもあるめ~~し・・・・・またいつものように店員さんと間違えられたんだな(いつもエプロンをしているので)と振り返ると、その男の人は何やら指さして話かけてくるんです。もう~~違うってばよ~。店員さんじゃないってば!!と思っていると、その男の人のセリフがより一層大きくなり、はっきりと聞こえてきました。

「あの~背中が見えているよ~~」

え?自分の背中を見てびっくり仰天。シャツがめくれあがって背中があらわに・・・・。

なんという恥さらしな。でも、一人で笑っちゃう自分がいました。

それでは、ポークランチョンミートのお食事のご案内です。

サンセットを眺めながらがいい時間帯。夕食の時間はこちらで決めさせていただいております。その日によって顔が違う空をお楽しみください。

朝食は7時と8時の2部制です。

お天気が悪い日は半テラスにてどうぞ。

静佳日記 ************

島の中で最も慣れ親しんでいる海・・・パイナガマビーチ。

時間が少しでもあればお風呂代わりに飛び込む。このビーチにはどれだけ救われたかわからない。どんなに忙しい夏でも、ここに飛び込む時間さえあれば幸せになれる。目の前の桟橋と肩を並べて私にはなくてはならない場所だ。

先日、珍しく夕方に入ってみた。

海の中から見るサンセットは特別な感じがする。露天風呂に浸かりながらのそれと一緒。山梨の「あっちの湯 こっちの湯」は思い出に残るいい温泉だった。山の上の温泉へ夜中に着き、4時位から露天に浸かって、100万ドルの夜景から朝日までのめくりめくドラマをお湯の中でじーーーーーっと鑑賞する。その時は朝日だったが。

今は夕日。しかも露天風呂はだだっ広いときている。

なんという贅沢。

ふと、考えた。

海の中からこの夕日はどんな風に見えるのだろう、と。

そう思ったら即実行。潜って下から海面を仰いでみる。

それは、素敵な光だった。

面白くなって、何度も何度も潜ってみた。

あれ?ここはどこ?

な世界観が、この世にいることを忘れてしまうくらいだった。天使になって上へ上へと昇っていけそうな気さえする。

いや、昇っちゃダメだね。

時間帯が違うだけでこんなにも楽しみ方は変わる。自分でもホームページに書いてはいるのだが、改めて実感した。宮古島の

「楽しみ方は無限大」。