Category Archives: 宮古島の夕日

迫りくる台風6号!!

台風が久し振りに宮古島へ訪問される模様です。台風6号ちゃん。その名も「インファ」だそうです。マカオがつけた名前です。インファちゃん!!どうぞお手やわらかにね。さあ、体力勝負です!!!!片づけを頑張らなくっちゃ!!ご旅行を楽しみにしていた皆様には本当にお気の毒ですが、自然には逆らえません。受け入れるしかないんですねぇ。

そして私事ですが、先日、コロナのワクチンの1回目を打ってきました。集団接種会場でしたので、ものすごい人の列ができていました。色々と不安もありましたが、え?というくらい痛くもなく終わりました。こんな簡単なんだ~~~。夜から少しづつ筋肉痛が始まり、年寄りは副反応が無いと聞いていたので、「やった~~~~!!私は若い!!」と大はしゃぎ。腕が上がらないほどになりましたが、今朝にはもうなんともありません。これから打つ予定の皆さま!!案ずるより産むがやすしですよ~~。

さて、コロナ禍に入ったこの一年ほどは常連のお客様に随分と助けていただきました。ありがとうございます。そして、久し振りの新規のお客様。テラス席にてバッチリ夕日も眺めることができました。ご旅行好きの彼女の旅の話が魅力的過ぎて、もっと沢山お話を伺いたかったです。

宮古の後に向かった鳩間島。そこの常宿に宿泊するという連絡を頂き、そういえば・・・・・・と、ふいに夫が思い出しました。彼が中学生の頃に住んでいた西表島の同級生の父親が鳩間島に移住して民宿をやっているらしいという風の便りを・・・。その方の名前を告げ、事情を説明して消息を知らないかと民宿の人に尋ねて下さいとお願いしました。狭い狭い島だからきっと誰かが知っているはず。すると、彼女が泊まっている民宿主がその人本人でした。消息不明だった同級生の連絡先を教えてもらい、翌日、40年ぶりくらいに連絡を取ることができました。こんな偶然もあるんですね~~。

また、彼女と会える日も楽しみにしております!!

さて、宮古島のループバスが再開しました!車の運転免許がない方には朗報です。それ以外の方はレンタカーが安いので是非レンタカーを借りてくださ~い。島では車が無いと不便です。

それでは、ポークランチョンミートのご提供するメニューのご紹介です。メニューと言っても全てお任せ料理でございま~~す♪ポークランチョンミートの孤独な料理長はご存じの方もいらっしゃると思いますが、「陳さん」になったり「太郎さん」になったり・・・・七変化するんです。世界各国、どんな料理も作ります。(う~~~ん、お寿司は握りませんが・・・)

モットーは手を抜かないこと。そして、新しい料理にチャレンジするのが大好きです。これまでの40年余り、料理の仕事で作ったレシピは数えきれません。

そして相変らずハマっているのはパン作り。粉を触らない日はありません。小麦粉の気持ちがわかるようになってきた模様です。こわ~~~いですね。

今の時期は夕日が宿の真正面に見えます。もう、もう、もう、最高なんですよね~~。この時間帯がっ!!是非、お泊りの方はお食事をご予約なさってくださいね。ポークランチョンミートの最大のおすすめは「朝食と夕食の時間」ですから、これを味わわなくてポークランチョンミートは語れない!!って感じです。(笑)

陳さんが作ったある日の息子のお弁当。境目を無視したチャーハンが豪勢!!

静佳日記 **********

私の人生にとって欠かせない「静佳風呂」。またの名をパイナガマビーチ。この時期になると、一日に一回は入らないといられない。たとえそれが10分だったとしても・・・・。そして数時間もするとまた入りたくなる。この中毒症状はもう7年も続いている。医者に止められていた時もやめられなかった。きっと死ぬまでこの中毒症状は続くに違いない。

水中カメラを水没させて使えなかった間ここで「人魚の泳ぎ」を練習していた時に、あるものに出会った。水深はたった2、3メートルくらいだっただろう。それは、突然目の前に現れた。大きな物体の先に細い長いものが続いている。何の影だろう?そう思って近づいてみると・・・・・。

プレデターだった。

いや、私にはプレデターに見えた。

怖い!!

とっさに後ずさった。(海中だけどバックもできる)そのプレデターは静かに海底にへばりついて動かない。死んでいるのか?怖いけれど気になって再び戻る。やはり動かない。何度か離れたり近づいたりを繰り返している間、私の頭はフル回転していた。「エイって、毒があるんだよね?確か館山で見た時に夫が言っていた」「だけど、人を襲うんだっけ?」「海外の映像でエイをナデナデしている場面を見たな。ってことはおとなしいのかな?」

答えが出ないまま、いつものように好奇心が勝ってしまった私は最後にもう一度近づき「ちっきしょう~~~~!!こんな未知との遭遇にカメラがないなんて~~~~!!」と悔しがっていると、プレデターは「アホくさっ」と言わんばかりにゆっくりと発進した。その浮遊の仕方はまるで宇宙船だった。

その直後に私は3個目になる同じ型のカメラを購入した。自分のうっかりで2回もダメにしてしまった夫への負い目もあり、購入を躊躇していたのだが、そんなこと言っていられない。いつまた未知との遭遇があるかわからない。

そのお陰でいつもの海の景色を撮影する楽しみが戻った。

彩が戻ってきているパイナガマの珊瑚たち。

クマノミは危険はないが、クマノミのお家には毒があるから気を付けよう。

私はまだ一度もハブクラゲに遭遇したことがないが、水クラゲにはよく会う。小さくてかわいい。毒もないので子供たちのおもちゃになる。

最近、沖合でサメが目撃されたということで、沖合まで泳いで行ってはいけないと看板が建てられた。危険な未知との遭遇だ。

だが・・・・どこからが沖合なのだろう??

穏やかな日々。

宮古の男性は韓国のように年功序列の考えが強いです。一つでも年上だと「先輩」。一つでも年下だと「後輩」。だから先輩を「お前」なんて呼んだらいけません。酔っ払った勢いでつい言ってしまったらもう大変!!うちの旦那様もそのセリフをうっかり口に出し、酒の席で先輩に殴られたこともあります。もう、50をとうに過ぎているというのに・・・。

先日の新聞紙面上での大々的なニュースもそれでした。タイトルは、

市長を「お前」呼ばわり

朝ごはんを食べながらその記事を読んで、夫と二人で大笑いしてしまいました。

「きっと、市長の方が年上だったんだね」

と、顔を見合わせて同時に言いました。

そしてまたある日には、こんな記事も。

うなぎ2パック盗んだ男を空港で逮捕。

やっぱり、宮古は平和です。

さて、お客さんがいないことをいいことに、我が家ではキャンプ気分を満喫しています。もともとアウトドアが大好きな私達夫婦。

「毎日がキャンプ気分!!!」

をテーマにこの家を建てたくらいです。日々の食事は外(テラス)で!!と住む前から決めていました。それはもう7年間続いています。夫の得意な焼き鳥がいまのところ私の一番お気に入りのBBQです。ちびちび焼きながら、ちびちび酒を呑む。なんて幸せな時間なのでしょう~~。一番の幸せは景色が最高!!なこと。キャンプ気分が盛り上がります。沈む夕日を眺め、その後の朱く染まる空。やがて月の光が海の上をキラキラと輝かせます。夢に描いた生活がここにあります。

こんな素敵な時間を是非皆様にも・・・・と思い、繁忙期以外でお得意様限定の企画をしたいと思っていま~~す!!そのうちねっ。

それでは、ポークランチョンミートのお食事のご案内です。

夕食のお時間はサンセットタイムに合わせて設定しております。テラス席からの眺めは夏が一番最高です。この時期は宿の真正面に夕日が沈むからです。あと少しで沖縄県の緊急事態宣言も解かれます。ワクチン接種も宮古は順調に進んでいるようです。夏にはこの夕日を眺めながらのお食事・・・・是非、検討してみて下さいね~~~。

お天気に恵まれない日は半屋内のお席もございます。(コロナが落ち着くまでは、感染防止対策用のお席つくりになります。ご協力ください)

朝食用の自家製パンも好評を頂いております。毎日毎日毎日、コツコツとつくり続けて研究してきた夫の自信作です。「好きこそものの上手なれ」「ローマは一日にして成らず」「継続は力なり」・・・いつも口に出している、沢山の好きな言葉があります。努力をすることが美徳と教え込まれた昭和育ちの古い人間ですから。今の若い人には理解できないかもしれませんが、努力した結果が出た時の達成感は何事にも代えがたい喜びです。スポーツ選手のそれと似たところがあるかもしれませんね。

ポークランチョンミートの醍醐味、「海と空」を眺めながらのお食事を是非ご堪能下さいませ。

静佳日記 ******************

夏の夜、夕闇とともに芳香を放ちながら白やピンクの花を咲かせる「サガリバナ」。その姿は清廉で神秘的。夜明けには惜しげもなく花びらを散らせ、辺り一面を花びらの絨毯にする。奄美大島以南の琉球列島に分布。

そんな貴重な花を私は今まで一度もこの目で見たことがなかった。夏の繁忙期に夜、出かけるなど到底無理だと諦めていた。だが、今年はコロナのお陰で行けるぞ!!

7月4日までライトアップされていると聞き、友人を誘って、いそいそと出かけた。真っ暗な道をGoogleさんだけを頼りに進むと、宿からものの10分ほどで到着。冬の昼間に行ったことがあるのだが、まるで別の異空間だった。地元や観光客で賑わい、さながら桜のお花見のよう。

蚊に刺されたくなかったので、皮膚という皮膚を覆い隠し、顔にはマスク。どうしたって汗まみれだけれど、そんなことは気にならないくらい美しい光景が待っていた。白やピンクの花弁はまるで熟練の職人技で作り上げたかのように繊細で芸術品のように見る人を魅了する。

藤棚のように垂れ下がった花々が群れているところもあった。

もともとは自生しているそうなのだが、人の手により植えられたものもある。

ミヤコヒキガエルやヒメアマガエル等が多く生息し、大合唱だった。

「カエルの歌が~~聞こえてくるよ~~♪」

途中で男性が詳しい説明をしてくれたので、花のあとに出来る「実」があることも知った。

しばし男性からレクチャーを受け、撮影用に照明まで照らしてもらい(あの人は誰だったのだろう?)、より一層楽しい時間となった。

それでも、やはり私が一番笑顔になったのは、虫に食われるだけ食われ尽くしてガイコツになっちゃった、大きな大きな葉っぱを見つけた時だった。

宮古島の梅雨

宮古はもうすぐ梅雨も明けるのでしょうか?いつもより遅い気がしますが、雨が降った日があまりにも少なかったのでまだ明けないほうがいいのかな?農家の人にとっては・・・。

湿度が高くジメジメの日が続いています。お客さんはいないけど、客室は換気をしたり、勿体ないけどエアコンを稼働させたり・・・・相変らず忙しく動き回っている毎日です。(そんなときの生きがいは海に飛び込む瞬間!!!💛)

ジメジメと暑い日にはツルツルっと冷たい麺類が食べたくなりますね。最近は冷やし中華(私は毎日でも食べたい!)や、天ざるなどがよく登場します。

蕎麦は東京で居酒屋を営んでいた時から、信州より取り寄せていたお気に入りのものがあります。

だけどうちの大将、天ざるというにはちょっとやり過ぎな感じがありますね。これで3人前。

冷たい蕎麦はぶっかけでも美味しい。色々と試行錯誤しながら、ポークランチョンミートのメニューは出来上がっていきます。ですから、お客様のもとに届くメニュー入りを果たした料理は、かなり自信を持ったものだけが生き残ります。

たまには熱いラーメンもいいですよね。汗を思い切りかきながら。

そして、暑い日はやっぱり水遊び・・・ということでお子さん用のプールも用意しました。

暑さとは関係ないけど、私のお酒の旬はマティーニです。酔ってくると作るのが面倒になるのが玉に瑕。

それでは、PLMの料理のご紹介です。全てがお任せ料理となっておりますので、好き嫌いやアレルギーには対応しておりません。宿泊予約時に朝食と夕食のご予約日をお決め頂いております。

夕食はサンセットタイムに合わせて時間を設定しております。テラス席からの眺めが自慢です。

先日、パン作りに燃えている、あの、太郎さんが特別にインタビューに応えてくれました。

「なんだかんだ言ったって、パンはやっぱり焼き方なんだよね~」

悟ったように語る太郎さん。

でも最近、新しい小麦粉を手に入れ、なお一層美味しくなったとか・・・・。やはり小麦粉も大事だということですね。

そして彼は小麦粉の魔術師を目指しているようです。

「次はうどんに進むよっ」

そう、太郎さんは話してくれました。将来が楽しみですね。

静佳日記 *****************

朝のウオーキングはお隣りのビーチを眺めてからスタート。

いくら行政が「だめだよ」と声をあげても、野良猫へ何も考えずに餌をあげる人をよく見かける。無責任な行為だ。道路へ飛び出して車にひかれたり、周りの家に糞尿をしたりという被害を理解しているのだろうか。いっそのこと自分の家で飼って欲しい。

その日は海鳥が沢山いた。

面白いつぼみの花を観察しながら歩いていると、

石から伸びる樹。まるで臼のような石が植木鉢代わりになっている。

近すぎて気が付かずにいた場所。入り口にシーサーの守り神、奥には・・・・・?勝手に入れず、想像だけ膨らむ。恐らく御嶽だろう。

いきなりバス停が新しくなっている!!え?ここだけ東京??宮古で初めて遭遇する都会的なバス停。

その日の目的はこのボルタリングのお家。車で通りがかりに見つけ、見てみたかった。遊び心が満載。てっぺんからの斜面は滑り台?

帰りはわざと畑道を選ぶことが多い。何故ならば、この上なくのんびりした気分になれるから。

誰も通らない農道をてくてくテクテク。

空がより一層大きく見える。キビの葉が揺れる音を聞きながら、てくてくテクテク・・・。

この道は私の好きなこの野花がたくさん生えている。

家に帰って美味しい朝食を・・・。

雨もまた楽し。

市場へ行った時のことです。

掘り出し物が多いので、私はここでよく植物を買うのですが、その日は面白いPOPを見つけてしまいました。

金額ではない、なにやら説明文が・・・・。よく見てみると、

「私はこの鉢の中で25年生きております。」・・・それだけでも魅力的なメッセージなのに、

最後に「ウフッ♡」と書いてあるんです!もう笑っちゃって笑っちゃって・・・お茶目なおばぁを想像してみて楽しくなっちゃいました。

そして、気になっていた新しく出来たお店へ。ちょうどアクセサリーのガラス細工体験をやっていたところで、見学させてもらえました。

それでは、ポークランチョンミートのお任せ料理のご紹介です。

夕日が落ちる時間帯から夕食はスタートします。コロナの影響で色々と規制がある時もありますが、普段は最もいい時間帯を選んで夕食の時間を決めさせていただいております。写真のような空を眺めながら、テラス席でゆっくりとお召し上がりください。

目の前の桟橋では、釣りを楽しむ人々ものんびりと過ごしています。大好きな光景。この光景を眺めるのも好きですが、自分もここにいる時もあります。もう、申し分のない最高の場所です。本を持参してずーーーといられます。

自家製の手作りパンも好評を頂いております。

料理で使った鶏のレバーが余ったからと、うちのシェフさんがレバー串を焼いてくれました。久し振りで美味しかった~~~~~!!!永年、焼き鳥を焼いてきた彼の串は家族のお気に入りでもあります。

静佳日記 ***************

ふと気が付いたことがある。

宮古で毎年恒例の「仕舞わない」が今年は「仕舞われている」

クリスマスやお正月の飾りを筆頭に、一度出したらずーーーーーーーーっと仕舞われないものの一つに『鯉のぼり』があるのだが、今年はもうどこでも見ない。あの賑やかだった鯉のぼりたち。いつもなら今の時期でも眺められるのに何故?これもコロナの影響で時間が沢山あるから仕舞う手が回ってしまったからなのだろうか?まあ、本当はこれが普通なのだろうが、何か拍子抜けしてしまう。

そう思いながらの朝のウオーキング。前日に新聞の紙面で見つけた記事が気になっていた。夜中にしか咲かないサボテンの花が朝の6時まで見られた!というのだ。

何にでも興味を示す、「見たがり」な私は、翌朝の目覚ましを5時過ぎに設定した。気持ちが入っていたせいか、その日の朝は目覚ましよりも早く目覚めた。

よし!!

気合を入れて歩き出したが、雨が降り出す。同時に朝日(※当時の日の出5:50)も拝もうと欲張っていたのだがこれは断念。新聞に載っていた場所は「下里北交差点」。こんなアバウトで見つけられると思うのが宮古のいいところ。

が、その日はそれほど甘くなかったようだ。

交差点の廻りをウロウロしたがそれらしい花は一向に見つからない。

あれ?このつぼみ?

いや、このしおれた花だったのか?

このサボテンかもしれない。

関係ないけど、この砂山は何のためだ?

そんなこんなでとうとうその日の「咲いている花」は見つけることはできず。

だが、キョロキョロとしていたお陰で、こんな花に出会えた。

随分と大きな花だなぁ、と思って近づくと、それは葉だった。島では魚だけでなく葉っぱもカラフル。

まるで作りもののような花。

そして、名付けて「垂れ下がりのカーネーション」。何故か全て下を向いて咲いていた花。

そして、工事中のロープの電飾が綺麗だった。ピカピカとピンクに点滅。まるで花道のよう。

雨に少し濡れたこともあり、家に着いたらそのまま海へ飛び込もう!!と決めていた。こんなに早い時間に泳ぐのは久し振りだからワクワクする。

早速海へ飛び込んだ。昨日もその前もその前もずーーーーーーーーっと泳いでいたけれど、これほど透明度が高くなかった。朝早い方が海は透き通るのか?

ウオーキングでどっさりかいた汗が一瞬で流れ、クールダウンには最高だった。実は先日、この海で水中カメラを水没させたばかり。カメラのないシュノーケリングはつまらない。そう決めつけて暫く海に入らずにいたのだが、とんでもない思い込みだったと思う。ならば違う楽しみを作ればいいだけの話。簡単だ。カメラを持たない間、私は人魚の泳ぎを練習した。正確にはドルフィンキックというのだろうか、その「人魚の泳ぎ」は水中でしかできない。両足をくっつけて同時に上下に大きく振る。私には高度過ぎると思っていたが、実際にやってみるといとも簡単で、しかも早いこと早いこと!!あっという間に前に進む。まるで本当に人魚になった気分で水中深くを巡っていく。

なんて楽しんだろう。

ふと水面に顔を向けると、再び降り出した雨が水面を攻撃していた。海面のヴェールを下から覗くと、打ち付ける雨の雫がキラキラと輝いてまるで宝石のよう。雲に隠れた太陽の光がないはずなのに何故?そのキラキラを眺めながら暫く泳いだ。自然は時々とんでもないご褒美をくれたりする。

その日はいつもより少し長く泳いだ。

海のある暮らし。

ランチ営業はまだまだ頑張っています。細々ながら・・。

只今のオンリーワンランチは太郎さん考案のミートネーゼスパゲッティのセットです。とても好評を頂いております。このソースが産まれるまでは、下の写真のような『喫茶店のミートソース』を作っていたんですね。

これはこれで絶品でしたが、もっともっと!!を追及するキョンキョンみたいに欲張りな太郎さん。今回のソースを思いつきました。カボチャの冷静スープは小松菜の冷静スープに変わりました。その昔、銀座の「しゃぶせん」というお店にランチを食べに行った時のビシソワーズスープが衝撃的に美味しかったのを覚えています。迷わずスープをおかわり。その後もしゃぶしゃぶよりもこのスープが飲みたくてこのお店に通ったくらいです。私は今までの人生で「忘れられない○○」が沢山あります。それは食べ物に限らず、音楽であったり、景色であったり、感覚であったり、言葉であったり・・・。そして、この「忘れられない〇〇」を今度は皆様にお届けできたらいいなぁ~という思いでポークランチョンミートを創り、日々その気持ちを持ち続けています。太朗さんが作る料理も同じ気持ちです。

きっと誰かの、記憶に残るものにするために・・・・。

さて、スーパーに買い物に行くと、いつも楽しいことに出くわします。

先日は、宮古にも柿が出来るんだ~~~と思ったらトマトだったり。

そうかと思えば長~~~~~~いインゲン豆?を見つけたり。全長60センチはあったかな?

いつも駐車場で見つける落とし物のヘアゴムが、ついに店内に入り込んでいたり~~~!!(やっぱヘアゴムも暑いのかしらん?)

郵便局の駐車場でバンビちゃんに出会ったり。

それにしてもなんでスーパーののチラシの税込み価格には52.92円のように1円以下の数字が書かれているのだろう。おお~~まかなこの島で、ここだけ細かい。

さあ、それではポークランチョンミートのお料理の一例をご紹介します。

サンセットをお楽しみいただくテラス席ですが、今の時期は猛烈な西日が暑く、毎年、19時過ぎ頃からのお食事をお勧めしています。緊急事態宣言中は20時までの営業ですからちょっと難しいですねぇ。半屋内のお席のほうが日除けのレースのカーテンがありますのでお勧めです。半屋内もパノラマのガラス戸ですから見える景色は一緒です。どちらのお席をご利用になられるかは、お客様にお決め頂いております。

朝食用の自家製パンも絶好調でバリエーションが増えていっています。連泊の方は朝食も毎日メニューが変わります。

静佳日記 ************

我が家(兼、宿)の隣りにはパイナガマビーチといって市民に最も親しまれているビーチがある。釣りは勿論のこと、お年寄りは健康のために泳ぎに来たり、砂浜で鍛える人、トライアスロンのスイムの練習に来る人、お喋りに来る人、海を眺めに来る人、夕陽や星を眺めに来る人、休憩しに来る人、桟橋から飛び込みに来る子供達、親子連れ、お弁当を食べに来る人、酒を飲みに来る人、ナンパをする人、ヨガをする人、SUPやシュノーケリング等のマリンスポーツを楽しむ人、三線やギターを弾きに来る人、歌を歌いに来る人、ジャグラーの練習をしに来る人、泳ぎに来る放し飼いの犬、ゴミを拾いに来る人、酔っぱらって朝まで寝てる人、なんで来ているのかよくわからない人・・・・・・私は我が家のテラスから今まで沢山の人の笑顔や癒しを毎日毎日、毎日、見続けてきた。だからこそ言える。ここほど素敵な場所はないだろうと。

その素敵なパイナガマビーチの私にとっての最も大きな役割は「お風呂」だ。初めてこの土地(現在のポークランチョンミートが建っている場所)を紹介された時に「秒」で決めた最大の理由は大きな大きな朝風呂にいつでもすぐに入れることだった。仕事の都合で入る時間帯は変わるが、今でもこの大きなお風呂に入る幸せは変わらない。

我が家の出入り口から出て、

道を挟んだ隣りの「子どもたちに大人気の公園」を横切り、お風呂へと向かう。

公園の端っこにある大きな樹(地元のおじぃのたまり場)の所に海へと続く階段がある。ここまでで家の出口から数十歩。(何年か前に数えたことがあるがもう忘れた)

この階段を降りると、

世界一美しく、かつ、気持ちのいいお風呂が待っている。

お風呂の中には多少の珊瑚や熱帯魚が住んでいるというおまけ付き。

クマノミのお家は一番多い時で15軒くらいだったかな?訪ねたことがある。(今朝、また新たな一軒を発見したところ)

このお風呂で私は数えきれない至福の時間を味わってきた。様々な条件が揃えば、2時間でも泳いでいられる。ただ浮いていたっていい。色々なスキルの練習もここでしてきた。身体の変調を確信して病気を疑ったのもこの海で。(お陰で死なずに手術に間に合った)

生涯、このお風呂は私になくてはならないものだろう。お風呂から上がるともう一つの宝物が見える。

あの滑り台の向こうに見える白い建物が私のお城。海を生活の中心に造ったので、海上がりの動線は完璧だ。(あ、お風呂上がりだった💦)まさに思い描いていた理想の家。理想の立地ということになる。

海と共に暮らせる日常が自分の人生で叶うとは、湘南に通っていた10代の頃の私には想像もできなかった。人生は何が起こるかわからない。夢は持ち続けることと、チャンスがやってきた時に、迷わず進むことをお勧めする。進んでダメになったらその時にまた考えればいい。一度だけの人生だから、悔いのないように。