PLM(ポークランチョンミート)

宿&ダイニング ポークランチョンミートは Pork Luncheon Meat と書きます。頭文字はPLM。この頭文字にはある隠れメッセージが込められています。

『Peace Love miyako 愛と平和の宮古島』

覚えて頂けると嬉しいです。

そんな頭文字は至る所に使用しているので(例えばInstagram等)私達の中では文字というより「絵」のように頭の中に組み込まれています。ある朝、ふと港を見た時、PLMの船だあ~~~~~!!と思ってしまったのもそのせいです。

よく見るとPLしか合っていませんでしたが・・。

ポークランチョンミートは港内に位置するため、停泊している船や、出航していく船を毎日見ています。

世界一周中のヨットなんかも目の前の桟橋に数日停泊する時もあります。それで仲良くなった船長さんもいます。

朝日があたる琉球海運船も、

夜にライトアップしている姿も、

船は、見ているだけでも、勿論乗っても大好きです。飛行機同様、ロマンがありますから。船も飛行機も毎日見ることができるこの場所が大好きです。

勿論、ただただ空を眺めることも日課の一つです。

そんな景色を眺めながらのダイニングを是非ご利用下さい。お任せ料理は朝も夜もレパートリー豊富にご提供しています。

宿泊の方はモーニング&ディナーを事前のご予約にて。島内の方へはランチタイムで只今は『鶏白湯宮古そば』をご提供しています。また、4名名様から4日前までのご予約にてディナータイムのご予約も承っております。詳しくはホームページをご覧ください。

(ホームページもリニューアル致しました!!!!!!)

静佳日記 *********

前回の続き。娘の帰省 最終章

ドイツ村の『シンデレラ城』の最上階まで昇ると、それはそれはいい眺めだった。

下の階へ降りると、想像していたよりもかなり立派な資料館になっている。当時のドイツの家庭を再現した部屋や、

建築物としても見所があり、

川のほとりのお城の模型も面白かった。

何より、30分もある資料映像をたった二人きりの観客で全部見切ってしまったことには自分達でも驚いた。ドイツと宮古の関係をよく理解できたと思う。1階へ降りてエレベーターの扉があくと、はじめの受付嬢が老夫婦を案内したところだった。先ほどとは打って変わってすっとんきょうに明るく「あ~~こんにちは~~」と挨拶をしてきたのが娘のツボにハマったらしく、別れ際に例の如くの馬鹿笑い。

1階には宮古の昔の写真も展示してあり、夫から常々話に聞いていたことがリアルとなる。

私達にしてみれば、かなり楽しめたドイツ村。行ってみて良かった。

そして再び夜は家族パーティー。

夜の巨大スクリーンでの映画鑑賞や、観光以外の時間は全てハンモックで過ごすなど、娘にとっては夢のような休日だったに違いない。

離れているだけにやはり娘に対する心配は尽きないが、帰りの空港までの車中でつぶやいた彼女の一言で私達は少し安心した。

「たくさんの愛を感じられたから頑張れる」

そうだよね。だってここはPLM(Peace Love miyako 愛♡と平和の宮古島)だから!!

いつでも帰ってきてね。

お元気ですか~~!!??

宮古は海だけでなく、植物天国でもあります。

普通に街中でこんな立派な島バナナが生っていたり、

ポークランチョンミートの隣の公園も少ないですが樹が植えてあります。そして、そんな宮古に住むようになってから(植物を眺める心と時間の余裕ができたから?)私もすっかり宮古のねぇねぇ達のように植物に夢中です。すぐに染まる単純さは昔から。テラス周りに造った静佳の花壇『しずかだん』は年々種類が増え、手間もかかりますが、その分目と心を楽しませてくれます。

海と空もそうですが、植物たちも朝食時の憩いです。夫の手作りパンを食べながら会話も弾みます。

何年越しでやっと咲いた花はそれから一日たりとも花を咲かすことを欠かしません。

実が付いたらジャムを作ろうと植えたローゼルは花が咲き、間もなく収穫です。

『しずかだん』のこぼれ種で歩道のアスファルトの隙間からも日日草が・・。

そんな暮らしに目の前の景色は絶対王者の品格を備え、毎日心を癒してくれています。夏の朝食時には毎日のように弧を描く虹。宿泊の方のモーニングタイムを盛り上げます。

昼間の海と空はもう言わずと知れていますが、夕方の海と空のなんと美しいこと。これがすぐ目の前に見えるのだからもう、たまりませんよね。

こんな空を眺めながらのディナータイム。お酒もすすみます。

お食事の前に目の前の桟橋で空と海を眺める人も多くいます。

ご宿泊の方の夕食は全て事前の予約制、お任せメニューです。何が出るかはお楽しみ。(連泊の方は毎日メニューが変わります。個人の小さな宿だからこそ出来ることを心掛けています)

お食事の後はご希望であれば宴をご一緒しましょうね。お酒はオーダー制です。たくさん種類をご用意しております。

また、島内の方も4名様から4日前までのご予約にてお任せ料理(税込3850円/お一人様)をご提供させていただいております。送別会や女子会などの宴会はお一人様5500円(税込)にて飲み放題付きのコースもございます。また、お知り合いの方は簡単なおつまみ程度(お任せメニュー)でよければお酒中心でも飲みにいらして下さい。事前にお電話くださればOK。勿論、ダメな日もありますよ~。知り合いってどの程度か?って?それは、私達が、ああああ~~ってわかる人なら知り合いです。笑

この空間は私自身がとってもとってもとっても気に入っている空間です。ですから、勿論、私が一番この空間を利用します。

この時期は宿泊のお客さんが殆どいないので、独り占めの日が多いです。

あまりにも空が綺麗すぎて、まだ宵の口から日本酒のボトルに手を出す日もあります。パソコンの仕事をしながらね!!この時間がもう、最高過ぎて・・・・。

暖かくなる頃にはコロナも消え、皆さんが旅行にいらして下さることを願いつつ・・・。それまでは暇なのをいいことに自分の時間を謳歌したいと思います。

「来ないのなら、来るまで待とう、ホトトギス~」

静佳日記 *****************

娘の帰省 パート3。

もう一つ考えていた宮古島観光を決行する。名付けて『シンデレラ城へ行こう!!ツアー』。

夫はこっそり娘に言っていたらしい。

「ママはいつも勝手に名前を付けるんだよ。シンデレラ城じゃぁね~~し」

私にしてみればそれで通じるんだから問題ないじゃん!!

その『シンデレラ城』はドイツ村の中にある。クリスマスイルミネーションの準備が進んでいた。とても奇麗なので一度足を運ぶことをおすすめする。

まず初めに入ったのは「ベルリンの壁記念館」。勝手に名前を付けるという夫の説はここでも正解だ。

初めて見る壁の実物。

壊される前の写真も見た。

その先の、ドイツのそれを模倣して造られた建物は、すっかり廃墟になっていた。造った後の維持管理に興味がない宮古らしい。

こんなにも素敵な建物で、目の前はプライベートビーチときているんだから、ここを市営のテーマパークにしたらいいのになぁ。

何でもできる広さと美しさと自然を備えた絶好の場所で人気が出るだろうに・・・。宮古にはテーマパークがない。島の子供たちの為にも、是非。

と、こんな手付かずの「宝物」を見つけると、勝手にプロデュースしたくなる悪い癖が飛び出した。

「勿体ない」

近くの入江では大型SUPに十数人乗り込んでやけに楽しそうだった。ほらね!!こんな遊びだっていいじゃない!!テーマパーク事業推進課発足なるか。

海へ突き出た遊歩道を進むと「ハート岩」と称された岩がある。

「ああ、これね。ハートに見えなくはないけれど・・・」

そう言って引き返すと、途中で、またもやいい加減なことを言っていたことに気が付いた。本当のハート岩はこっち。

まあ、どっこいどっこいか。

そこから目的地の「シンデレラ城」へと向かった。

これがドイツの本物のお城。

いい仕事をしている。

やっているのかいないのか、やる気のなさが100万ポイントの入り口を昇り、受付で声をかけられた。(正直、職員がいるとは思っていなかった)

料金は忘れたが大した額ではなかったので、せっかくだからと全館見学できるコースを選ぶ。まずは一番上の階までエレバーターで昇った。

次回へと続く・・・・。

もう12月!!???

「お前は何か作戦をたてている時は無口になるからすぐにわかる」

と夫にも言われるくらい、私は考え事をすると夢中になる癖があります。それに反して考えていない時はひたすら喋っています。よく夫婦でそんなに話すことがあるね、と色々な人に言われますが、自分でも不思議です。私生活も仕事もずっと一緒にいるのに私たち夫婦はどちらが喋るかを競っているかのようです。

そしてその時の無口の原因は、「絡まるホースを何とかしたい」でした。何日かかけて頭の中で組み立てをし、ミセスメイクマン(私の別名)の大好きなメイクマン(ホームセンター)へと向かいました。

ジャジャジャジャーン!!

少しでもかがむと腰が痛くなるので、ちょうど良い高さのものができました。毎日の植物達への水やりは結構重労働なんです。

ところが!!実際に置いてみると、こんな使い方もできる!!フィンを干すのにもちょうどいい!!

こんなことで毎日楽しくなっちゃう単純さが私の取柄です。

さて、持病の病院での検査が終わった後はお酒が美味しい!!(先生には内緒)グラスが大好きな私は、お酒を頂く時のグラス選びも楽しみます。ビールをブランデーグラスで・・・ちょっといい感じです。

テラスからの眺めも相変らず最高です。

そして・・・頂き物の片栗粉が最高過ぎて、唐揚げがうんまいっ!!!!!作ったのは夫だけれど・・・。

吉野家の牛丼が好きな彼は、「いっそ自分で作っちゃおう~~」と、牛丼弁当。

ランチにもミニ牛丼セットを増やしました。

そして、なんと!!彼はビックマックを食べたことがない!!先日、初体験をしに行ってきました。

これもまた自分で作っちゃうんでしょうね、きっと・・・と思っていたらもっとビックなバーガーを作っちゃいました~~~!!パンが作れるって万能ですね。

お隣のビーチで摘んできた花。

静佳日記 ********

娘の帰省パート2。

とにかく放っておいたら一日中テラスのハンモックで昼寝をするであろう娘をなんとか連れだそうと考えた作戦の第2弾は温泉。

宮古にも立派な温泉施設が二つもある。最近サウナにハマっているという彼女からの提案でもあった。

途中で宮古馬に出会う。小ぶりな体つきだからか何故か可愛い宮古馬は、絶滅危惧種らしい。

温泉に入る前にお土産物屋で雑貨を物色。旅に来たのではない私が、可愛くて一目惚れしたお土産のガラス細工を買い、ポークランチョンミートのディスプレーに。

そして、リースに丁度良いと思って海で拾ってきたお花。紫の小さな花が愛らしい。

早速丸めて簡単リース!!

そんな道草をしながらゆっくり向かった温泉はここ。

水着着用の混浴露天はとにかく気持ちがよく、温水プールでも泳いだ。

プカプカと浮いてみたり、

はしゃいでみたり、

ジャグジーでパレオが膨らみ、童謡の『カエルの親子』を演じて馬鹿笑いする母娘。二人でいると大抵、馬鹿になる。

かなり長い時間、ゆっくりと温泉を楽しんだ。

そして夜はお楽しみの家族パーティー。このために仕事はいつも休みにする。

朝食はいつの間にかパン職人になったパパの長~~~~いサンドイッチ。勿論パンも手作り。

この頃にはもうすでに娘の心の疲れは去りつつあったので、お言葉に甘えて家族全員カットをしてもらう。実は甘~~い夫は「仕事を思い出すから可哀そう・・・」と遠慮したのだが、母親は厳しい。「どうせ私達は切ってもらうからあなたも切ってもらいなさいよ!!」

屋外に設けた臨時サロン「M」。宮古のMと娘のイニシャルをかけて。なんて気持ちのいいサロンなんだ!!!外でっていうだけで本当に気持ちがいい。

会うたびに技術が向上していく娘の技(わざ)に感服。6年も頑張った下積みは無駄ではないのだ。『努力は必ず報われる』・・・いつも娘に伝えてきたこと。

そして私達夫婦は将来「海の見える美容室 M」をここで開業して欲しいという夢を見続けている。

次回へ続く・・・・・。

お久しぶりです。

宮古島に住み始めて一番最初にハマったのはリサイクルショップ。その頃の勢いには劣りますが、今でも時々覗きに行っています。

こんな棚が400円くらいで売っていたり(おそらくレコード収納用)、

この「タナ」は300円。

古き良き昭和の懐かしいグッズが手に入ります。

リサイクルショップだけではなく、海へ遊びに行っても懐かしいものと出会えます。

今は亡き、昔のプルトップ。海で拾って夫が大事に車に飾っています。

そんな夫はいつもふざけているデタラメな男です。

先日は映画の画面をストップして何やら張り付けていました。

「世界一悪名高いギャングが」の字幕をこんな風に変換・・・

そんな彼も、仕事になると超が付くくらい真面目になります。永いこと料理の仕事をしてきましたが、今が一番一生懸命なのではないかと思われるくらい、朝から晩まで厨房に立っています。特に忙しいわけではありません。より美味しいものを、より感動してもらえるものを・・・と日々研究し続けているのです。「自分で納得できるものを作りたい」それは東京時代から変わらず彼の信念です。

ランチで提供している「鶏白湯宮古そば」も彼の中で納得いくものができました。(まだまだ進化が続いているんですけどね~~)毎日、試作し続けていた自家製パンも、今ではかなりレパートリーも増えました。時々、ランチタイムに販売もできるようになりましたので、Instagramにて焼き上がりはチェックしてくださいね。plm385で検索をして頂くとポークランチョンミートのInstagramが見れますよ~~。お泊りのお客様は朝食も是非ご予約下さいませ。

海を眺めながら、テラスで頂く朝食は格別です!!寒い日は半屋内ですが、ガラス張りなので眺めは一緒です!!

先日、かわいいタイマーを発見!!

「仲良しタイマー」

静佳日記 ***************

全回のカヤックツアーの続き。

夢の中をさまようように次から次へと自然の住宅展示場を案内される。

海の色はすべてが違って見えた。

絶対に一人では入らないと思われる神秘なヴェールに包まれた洞窟。

中には鍾乳石が作られており、触った感触のツルツル感に驚かされた。

光が入るところはまさに「青の洞窟」そのもの。

大きな岩が削られて不安定な形になっているのは、打ち寄せる波の仕業だ。

その波もその日は穏やかだった。

休憩した場所では、教えられた名前を忘れてしまったが奇妙なヒトデと戯れた。まるでエイリアンそのもの。

そして、このグリーンはアーサー。春には光が差し込んで驚くほど美しく光るそうだ。

あっという間に時間が過ぎていた。

もう、すっかりカヤックの虜になった私は、これからの計画が楽しみになってきている。

宮古の素晴しさを味わえます。

ポークランチョンミートから眺める景色は、特に「おすすめ」です。

朝焼けの淡いピンク色が広がる朝や、宮古ブルーが輝く昼間もいいですが、サンセットのオレンジが美しく映える空と海を眺める時間帯もおすすめです。

普段は宿泊の方のみにディナーを提供しておりますが、そんな景色を眺めながらの「女子会」もいいなと思いまして・・・。お一人様5500円(飲み放題付き・税込み)にてお任せ料理でのご予約も承りますので、是非、ご相談下さい。4名様からとなります。(冬季限定・ほぼほぼ貸し切りになると思います)

お料理は全てお任せ。その時々で何が出るかはお楽しみ。大皿での取り分けのお料理だったり、寒い日はお鍋なんかもいいですね。今までのお料理の写真はInstagram をご覧になってください。(#plm385)

以上、お知らせでした~~~!!

さて、アイスボンボンが売っていたので、子供に戻って買ってみました。

今食べると、さほど美味しいものではないんですね。(笑)

そして、「しずかだん」の植物たちがグングン成長するので、花瓶にも盛沢山になっています。

調子に乗って、色々な植物を新たに植え付けています。庭はないので庭いじりではなく「しずかだん」いじりにかなりの時間を費やしているこの頃です。

一日中いられる場所に、本屋、ホームセンターに続き、グリーンセンターが加わりました。

静佳日記 *********

大都会で人に疲れた娘が遅い夏休みで里帰り。

彼女が普段、目にしないもの、触れ合わないもの、無駄な時間(実はこれが一番充実する)、を体験させてあげようと決めていた。都会での頑張りが「日常」ならば私が今、日常になっているこの世界は全てが彼女にとって「非日常」。

知り合いのカヤックツアーに申し込んだ。カヤックに乗せたかったわけではない。究極の「好きなことが仕事」を見せたかった。彼女が「これが仕事なの?」と思ってくれれば大成功。

出発は馴染みのある場所だった。ところが、ひとたび漕ぎ出せば、いつもと違う景色が待っていた。

これがカヤックの魅力なのだと、わずか数分で実感。カヤックが久し振りだったので、その感覚を忘れていた。

もうこの時すでにカヤックを購入することを心の中で決めていた。

そして、しばし冒険の旅を楽しむ。

穴の中に突入もする。

洞窟かと思いきや、天窓があったり、

子部屋があったり、

さながら「住宅展示場」の中を見学させてもらった。

そういえば、その後も沢山の「住宅展示場」を覗かせてもらったが、どこも個性的な窓と、

光が差し込む天窓が素晴らしかった。

次回へと続く・・・・・。