会いたい人。

また会いたいな。

ポークランチョンミートを始めて7年目になりますが、そう思うお客さんが沢山います。

かなり前の話になりますが、彼らも素直にそう思えたお客さんでした。初めましてだったけれど、凄く楽しい時間を共有できました。帰ってからも素敵なメールをくださいました。

こういう出会いが宿業をやめられない理由です。というか、これしか理由はありません。この積み重ねでポークランチョンミートは育ってきました。

素敵なご夫婦には可愛い天使ちゃんが二人。

いつかまた、遊びに来てくださいね~。次回はサーフィンも是非、楽しんでください!!お待ちしておりま~~す!!

ところで、先日、蓑虫を見つけました。ミノ虫って懐かしくないですか~~??もう何十年も見ていない気がします。

さて、それでは、ポークランチョンミートのお食事のご案内です。

夕食はお一人様2200円(税込み)。すべてお任せ料理の事前予約制です。

(直前のご予約はプラス料金が加算されます。またはお受けできない場合もございます)

宿泊以外のお客様はお任せコースにて。(お一人様3850円税込み)予約制ですが、只今の期間はお休みしております。

サンセットを臨むテラス席にて素敵な時間をお過ごしください。

朝食はお一人様1100円(税込み)。

自家製パンの種類も豊富です。

ポークランチョンミートにお泊りの方は是非お食事のご予約も忘れずに!!

ポークランチョンミートに来たら・・・起きてすぐに見える宮古ブルーの海。ホップステップジャンプで行けるビーチ。目の前に広がる夕焼け空。飛行機雲。2階テラスのハンモック。海を眺める露天シャワー室。非日常を充分に味わって帰ってくださいね~~~。忘れられない思い出になるハズです!!

静佳日記 ********

私の人生にはあまり無駄がない。

そうでありたいと考え、常に意識して無駄のない生き方をしてきたように思う。

「つまらない」とか、「暇だなぁ~」とか、「なんかやることないかなあ~」などというセリフとは無縁に生きてきた。

そして、40代になってからだっただろうか。キャンプという遊びを覚え、初めて「無駄な時間」の貴重さ、贅沢さを知ったような気がする。

無駄と言うとちょっと意味が違うが、正確に表現すると「何もしない時間」だ。ただただ、ハンモックに揺られる。ただただ、夕陽を眺める。ただただ温泉に浸かる。

学校から始まり、遊びや仕事や子育て、家事に趣味・・・・と、全てにおいて全力投球してしまう性格の私は、あわただしく過ごしてきた。『万年時間が足りない病』にかかっていたと言ってもいいだろう。だからこそ、ふと、立ち止まった時に、何もしないという真逆の幸せに気付けたのだろう。

先日、娘に聞かれた。

「ママは宮古に来て後悔したことはないの?」

「全く無い!!」

即答だった。

ただ、どうして住みたいと思ったのかは、もう忘れてしまった。お客さんからも、よくよく問われる質問なのだが、正確に答えることができなくなってきている。

「なんでだっけ??」

気が付いたら決めていたような気もする。私は一度決めたことをゆるげない。

そうか。それが答えなのか。

「自分の思った通りに生きたい」

誰に気兼ねすることもなく、やりたいことをやりたい。自由な概念で、楽しい生活がしたい。キャンプ遊びを日常生活にしたい。そしてそれには「海」は必須項目だった。

そして今、相変らず時間は足りないが、「キャンプのような暮らし」はほぼできていると思う。いや、それ以上に楽しい。少し時間を作れば「あの」贅沢な時間もすぐに手に入る。

その一つが「目の前の桟橋」タイム。

少しご無沙汰だったので、先日、無理くり時間を作って出向いた。

山のように積み上げた「読みたい本」の中から2冊をチョイスして持参したが、あまりの空の綺麗さに、1ページもめくれず、ただただ空を眺めた。幾重にも織り重なった雲のすき間から、意表をついて飛び出してくるオレンジの光。そして、その光のイリュージョンは次にどう変わってゆくのか、毎回想像ができない。そのワクワク感が心を虜にしてしまうのだろう。日常の一コマにこの時間が存在していることへの歓びは、果てしなく大きい。

今日もここへ来て良かった。

必ずいつもそう思う。

また、明日も・・・・。

とんこつ醤油が宮古そばに恋をした。

私の夫は人生の大半を飲食の職に捧げてきました。普通のサラリーマンならもう定年の年数です。

そんなに働いてきたのに、彼はいつも言います。「自分は料理人ではない」と。その理由はただ一つ。「すごい料理人が世の中にはたくさんいる」「だから自分のことを料理人と呼ぶのはおこがましい」と。

それでも彼はいつの時代も料理に関しては徹底的でした。一つのものにハマるとのめり込み方が半端ないんです。

ラーメンはその中のほんの一部です。今まで様々なラーメンを作ってきました。シンプルな志那そばから、韓国、台湾ラーメンに至るまで。

東京で営んでいた居酒屋ではたまにお勧めで提供するカレーラーメンとオロチョンラーメンが人気でした。

そして、今、彼は豚骨スープにのめりこんでいます。

何がどうしてそうなったのか、もう記憶にないですが、気が付いたらそうなっていました。

数々の試作を繰り返し、自分の味を見つけたようです。宮古そばとの相性も抜群!!その名も、

「とんこつ醤油が宮古そばに恋をした」

限定ランチにてお披露目いたします。3枚肉を使ったトロトロチャーシューもどうぞご賞味あれ。

と言うわけで、夜のお任せコースは暫くお休みしております。皆様にはご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。彼の熱意がまたそちらに向かったらきっと再開すると思います。今はそっと彼のとんこつへの愛を暖かく見守っていてください、ませ。

静佳日記 **********

暫くの間、朝のウオーキングができていない。

あの朝日を見に行ったのはいつのことだったろう。写真を見返しながらその時のことを思い出そうとしている。

その日は時間に余裕があった。いつものようにてっぺんを目指し、宿から10分ほど歩く。坂道がきつく感じられるようになったのは、年のせいだとは思いたくない。

ちょうどいいタイミングでお日様が昇ろうとしていた。

何度来てもこの景色はいい。いつも誰もいないので独り占めの空。太陽が頭を見せ始めた。赤ちゃんの誕生を連想させる瞬間。私は自分の出産を見たことはないが、夫は第一子の誕生の一部始終を目に焼きつけている。意外と男ってやつは気が弱いらしく、二人目の時は立ち合いを辞退した。

赤ちゃんがこの世界に頭を覗かせた時よりもはるかにゆっくりだが、その真ん丸なオレンジ色の憎い奴は、瞬く間に全貌をお披露目する。

そして、電波塔の上にちょこんと乗っかった。

静かにその様子を眺めていると、なぜだかパワーがみなぎってくるように思えるから不思議だ。よし、今日も一日を大切に過ごそう。

振り返って、宿の廻りの海を見下ろす。私のお城は小さすぎて見えない。

そこからの歩きは、どこもかしこもまるで絵画の様な景色を楽しむことができる。

幹の形が魅力的な樹を眺め(あ、この樹、あれだね)、

カンガルーの赤ちゃん!?に、ほっこりし、

静佳ビーチを眺めて帰る。

ただそれだけの繰り返しなのに、また行きたくなるのは何故だろう。この朝の儀式があるのとないのとでは一日がまるで違ってくる。

お土産に積んだ花を飾って、

夫の作ったパンを試食。

もう、十分じゃないの?

と思うけれど、もっともっと!!!が止まらない彼は、もっと美味しいパンを目指して毎日、粉と戦っている。お日様のパワーをもらっていない日陰人間が、どうしてこんなにもバイタリティーがあるのだろう?

よ~~~~し!!私も頑張るぞ!!!!

本当にお久ぶりです。

もうどれくらいぶりでしょうか?

ご無沙汰しております。いつもの皆さんはきっと色んな憶測をされていたことでしょう。この日から読み始めの方は、初めまして。

相変らず、余計なことで忙しく動き回っている夏です。今年は修理やメンテナンスが異常に多く、汗をかきまくりの日々でした。お陰様で私の職業の幅も広がったように思えます。

その間、義姉に貰った宮古の果物?は試してみることも出来ず・・・

作りもののようなクッキリ花を観賞したのも一回こっきり。

お隣のパイナガマビーチの砂をショベルカーで移動していたのを眺めたのはいつのことだった?

スーパーへの買い出しはかろうじてできた夏でした。(いつもは買い物すらいけない)そこで見つけた「うむくじてんぷら」。夫は宮古の方言ではないんじゃないか~と言っていましたが、どうやら芋のカスのてんぷらのことを沖縄ではそう呼ぶらしいです。宮古でなんというのかわかりませんが。(同じかもしれない)

またある時はびっくり表示!!

473円の商品が30%引きになると、な、な、な、なんと!!

526円になっちゃう、宮古の摩訶不思議。

そんなある時、スーパーで「すいませ~ん」と男の人に声をかけられたんです。この年でナンパでもあるめ~~し・・・・・またいつものように店員さんと間違えられたんだな(いつもエプロンをしているので)と振り返ると、その男の人は何やら指さして話かけてくるんです。もう~~違うってばよ~。店員さんじゃないってば!!と思っていると、その男の人のセリフがより一層大きくなり、はっきりと聞こえてきました。

「あの~背中が見えているよ~~」

え?自分の背中を見てびっくり仰天。シャツがめくれあがって背中があらわに・・・・。

なんという恥さらしな。でも、一人で笑っちゃう自分がいました。

それでは、ポークランチョンミートのお食事のご案内です。

サンセットを眺めながらがいい時間帯。夕食の時間はこちらで決めさせていただいております。その日によって顔が違う空をお楽しみください。

朝食は7時と8時の2部制です。

お天気が悪い日は半テラスにてどうぞ。

静佳日記 ************

島の中で最も慣れ親しんでいる海・・・パイナガマビーチ。

時間が少しでもあればお風呂代わりに飛び込む。このビーチにはどれだけ救われたかわからない。どんなに忙しい夏でも、ここに飛び込む時間さえあれば幸せになれる。目の前の桟橋と肩を並べて私にはなくてはならない場所だ。

先日、珍しく夕方に入ってみた。

海の中から見るサンセットは特別な感じがする。露天風呂に浸かりながらのそれと一緒。山梨の「あっちの湯 こっちの湯」は思い出に残るいい温泉だった。山の上の温泉へ夜中に着き、4時位から露天に浸かって、100万ドルの夜景から朝日までのめくりめくドラマをお湯の中でじーーーーーっと鑑賞する。その時は朝日だったが。

今は夕日。しかも露天風呂はだだっ広いときている。

なんという贅沢。

ふと、考えた。

海の中からこの夕日はどんな風に見えるのだろう、と。

そう思ったら即実行。潜って下から海面を仰いでみる。

それは、素敵な光だった。

面白くなって、何度も何度も潜ってみた。

あれ?ここはどこ?

な世界観が、この世にいることを忘れてしまうくらいだった。天使になって上へ上へと昇っていけそうな気さえする。

いや、昇っちゃダメだね。

時間帯が違うだけでこんなにも楽しみ方は変わる。自分でもホームページに書いてはいるのだが、改めて実感した。宮古島の

「楽しみ方は無限大」。

熱帯低気圧へ。

台風がいくつも発生し、少し心配しましたが、宮古島は何事もなく終わりました。まず、スーパーに牛乳があるだけで安心度が違います。

前回の台風の時は、朝一で24時間営業のスーパーに「もやし」を買いに行ったら、レジが長蛇の列だったんです。こんなに朝のスーパーに人が集まるのを初めて見ました。勿論、「もやし」はなく(大抵のものはない)、少しだけ物色をして列に並びましたが、30分、1時間、待たされそうだったので諦めました。

そういう時を経験しているからこそ、人は逞しくなるんですよね~~。どんなことでも「最低」を経験していると、ちょっとやそっとの難点は流せるようになるんです。逆に、これくらいで良かったと・・・。人生で一番必要なことは「経験」だと思っています。

さて、スーパーで見つけたカワイ子ちゃん。その名も『サマーエンジェル』!!

農家さん、いい名前を付けましたね~~。

宮古でトップのスーパー「サンエー」では、自社ブランドに「くらしモア」という商品があります。そして「くらしモア」には歌も作られているんです。きっと暮らしをもっと(More)良くするという意味のネーミングだと思うのですが、その歌がもっと!!と相反していて面白い。

「♪ラックラク♪暮らし~~♪」から始まるサビの部分。そこまではテンポがいいのだけれど次の「モアー」の部分で急に温泉に浸かった時のため息のようになる。

「♪ラックラク暮らしッ♫もあぁぁぁぁぁ~~~~⤵」

この全身脱力感のフレーズがおかしくておかしくて、いつもこの曲がかかると一緒に歌って夫と大笑いをしています。スーパーの中なのに。サンエーで変な夫婦を見かけたら、それは私達です。

それでは、ポークランチョンミートの「海と空を眺めるダイニング」のお料理のご紹介です。

宿泊者様の朝食と夕食は宿泊予約時にお申し込み下さい。直前の予約はそれぞれ200円増し、あるいはお受けできない場合もございます。

お弁当の問い合わせを結構頂きますが、夏の間はお弁当は作っておりません。時期が来ましたら、またInstagram等でお知らせしますので、宜しくお願い致します。

静佳日記 ********

大好きなもの。大好きなごはん。大好きな場所。

私は大好きが多すぎるとよく言われるが、大好きなのでしょうがない。

その大好きな場所の一つに、目の前の桟橋がある。もう、この日記内で何百回登場したかわからないが、大好きだから当たり前のことだろう。海の上に座っている感覚で、パノラマの空が味わえるこの場所は私にとっての聖地。

先日、夜のテイクアウトを注文してくれたお客さんがこの「聖地」で食べていたのを見て、「すごくいいアイディアだ!!」と思った。ここならコロナ禍でも安全、安心、しかも気持ちがいい。ナイスチョイス!!

私はここへ大抵本を読みに行く。自分一人だけのこの空間では海の中と同じくらい幸せなひと時を過ごせる。

少し前にふと思った。

「雲の本を持って行こう」

と。

雲が大好き(また、大好き・・)な私は、「雲のカタログ」なるものを持っている。だが、小さい頃に勉強をし過ぎて、お勉強が大嫌いになってしまった私は、カタログの解説を読むのもおっくうで、写真をペラペラとめくるだけにとどまっていた。こういう場所なら読めるかも!?

というわけで、本をかかえて夕方の桟橋へ。

この思い付きは驚くほどに大正解だった。雲の解説を読みながら頭上を見上げるとその雲がある。

パノラマの空は、振り返るとビーチの上の雲。

真後ろにはポークランチョンミート。その後ろの高層マンションは最近できたばかり。観光産業が進むと同時に建築ラッシュが続き、島の様子もドンドン変わっていくが、この聖地だけは変わらない。振り返らなければ余計なものは目に入らないですむ。

雲の何たるやを勉強しているうちに、空が朱く染まってくる。

どんなに綿密な、どんなにリアルな情報を持ってきても、この目の前に広がる空を実際に見て、体感することには到底かなわない。景色に限らず、私は実体験に勝るものはないと思っている。それは五感で感じるということだけではない、何か、心に届くものがあるからだ。

雲の解説は、案の定、半分くらいしか頭に入らなかったが、とても楽しい時間だった。また、やってみよう。

穏やかに暮らしたい。

「○○君に紹介されて来たんです。」

最後になってそう教えてくれた女子旅の綺麗子ちゃん達。その○○君に覚えがなく、彼女たちから聞いた情報をもとに調査を開始。一人に辿り着きました。当時カップルで泊まったその○○君は彼女の名前で予約が入っていたので名前に覚えがなかったのです。やたら人懐っこかった○○君。紹介してくれてありがとう。

そして、彼女たちもまたひどい天気だったけれど、きっとまた宮古のリベンジを果たしてくださいね~~。

さて、ポークランチョンミートでは、宿泊時のご予約にて夕食2200円、朝食1000円にてご提供をしております。直前のご予約では夕食2400円、朝食1200円になります。また、直前ではお受けできない場合も多々ございます。どうぞ宿泊予約時にお食事のお申し込みはおすませください。テラスのカウンター席での食事タイムは、それはそれはお勧めです。というか、食事を申し込まないで、ポークランチョンミートの良さは半分も味わえないといっても過言ではないでしょう。なんたって、このロケーションですから!!

お食事は全てお任せのメニューです。連泊の方は毎日メニューを変えています。

スパークリングワインもリーズナブルな料金にてご用意があります。
別料金の伊勢海老はいつもはできません。
ジャンボロールキャベツ

飲食の仕事を約40年、浮気もせずに(女の浮気は別!!)ずっと続けてきたPLM料理長の夫が、人生の経験をすべて詰め込んだ様々なジャンルの料理をご提供いたします。どうぞ、お楽しみに!!

静佳日記********

朝のウオーキング。

寝起きにお日様の光を浴びるのは、健康にとても良いことなのだそう。

朝のうち、宮古ブルーが自慢のパイナガマの海も樹々の緑が映ってグリーンになる日もある。これは空次第。空と海はお互いにバランスを取りながら共存している。それを眺める楽しさを知っている私は幸せだ。

植物を眺める楽しさは宮古に来て何倍にも膨らんだ。島全体が植物園のようで楽しい。

葉っぱ一つとっても芸術品。

花の種類も豊富で、一年中咲きほこる。

薬草は義姉に教わることが多い。(覚えないけど)彼女は薬草ツアーなるものを遂行している。少しでも興味がある人は絶対に行くべき。風変わりな彼女と出会うだけでも価値がある。

食べられる実や花がそこら中に自生しているのも島のいいところ。見つけたら摘む。

いつも感心していたお花に囲まれたお家(店)。これだけ手入れをするのはさぞかし大変だろう。残念なことに前回の台風で半減したようだ。

素敵なたたずまいの古民家は食器なんかも売っているらしく、昼間に覗きに行きたいけれど、

いつも「母屋にいます。声をかけてください」との札がかかっている。

買わないかもしれないのにわざわざ呼び出すのは気が引けるので、未だに入ることができず、幻のお店。

ポロンとした花が可愛くて、お土産に摘んできた。

翌日、咲いたところを見てびっくり。まあるいリンゴをカットしたように立体的な花びらが珍しい。

朝食はやっぱりテラスにて。朝の島の様子を夫に報告も忘れない。